催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

デパガ経験が教えてくれた

デパガ経験が教えてくれた


「忙しそうだから声をかけづらくて」

私にとって、これまでこのフレーズはよく聞く言葉でした。
20代の頃から言われ続けてきたフレーズなので。

「えーっ、忙しくないし。いつでも声かけてもらって構わないのになあ」

と、返答する私。なぜそういわれるのか長年の謎だったけど、
「解けた!」のです。



このフレーズは仕事中に言われることが多いような気がします。
普段、道を歩いているときはどちらかというと
知らない人から道を聞かれることが多かったりするし・・・
外国人からでさえも声をかけられる。

この違いはなんだろう?

それが今年の正月に好奇心で1日だけ経験してみた
大手有名デパートのバイトで判明しました。(たぶん)

バイト前に1日間接客研修があったんです。
そのときの研修担当の先生の言葉。。。

「むずかしい顔をしているつもりではなくても
普段の表情で口角が下がっている人は
意識して口角をあげるようにしてみましょう。
お客様はにこやかな表情の人に声をかけやすいですよね」

確かに。
たぶん、私は仕事以外のときはにこやかな表情をして、
仕事のときは厳しい表情をしていたのでしょうねぇ。

ときどき鏡でチェックしなければ。

これは普段の自分の生活の中でも応用できます。
なんだか物事がうまくいかないなあ、とか
気分が乗らないなあというとき
鏡で自分の表情をチェックしてみて(^^)

そして、口角が下がっていたら、両手の人差し指で
自分の唇の横の皮膚を上にあげてみましょう。

気分が暗いときでも、無理やりにでも口角を上げた
自分の顔を見ると、なんだかクスッと笑えるから(^^)

自分の普段の表情の中で口角が上がっている時間が
多ければ多いほど、
そのうちに笑っているような表情が普段の表情へと
変わってきます。

ほんとですよ。ぜひ試してみて!

« »