催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

緊張を克服する5つのポイント

緊張を克服する5つのポイント


昨日読んだ本のの中に
緊張を克服する方法について参考になることが
書かれてあったので紹介します。

——————————————————-
「新幹線お掃除の天使たち 著)遠藤功<あさ出版>」より
一部抜粋


私たちはミーティングで
『スマイル・』テッセイ』という心構えが
書かれたテキストを読み上げることにしています。
(略)

その日は、初めて彼もその『スマイル・テッセイ』を
読むことになっていました。
ところが自分が読む番になると「おなかが痛い」と
言っていなくなってしまったのです。
(略)

ところが、次に彼が読む当番の日も、彼は額に少し汗を
にじませて言うのです。
「すみません、ちょっとおなかが痛くなっちゃって…」
私は、はっとしました。
以前にも同じような人がいたからです。

その男性は30代後半のKさん。
あがり症で、人前で発言したり本を読むことができず、
苦労した男性でした。

「Kさん、ちょっとお話しがあるんです」
(略)

Kさんは快く彼への指導を引き受けてくれました。
(略)

そして、あがり症の彼にはこう言いました。
「自信を持てるようになってからでいいから。
読んでくださいね。
あなたが読んでくれるのを聴きたいから」

(略)
彼は立ち上がり、ふーっと深呼吸しました。
そして、Kさんの顔をちらっと見て、
テキストを目の前にかざしました。
そんなに大きな声ではありませんでした。
つっかえ、つっかえでした。
でも彼は今、一人で立派に、
『スマイル・テッセイ』を読み上げたのです。
その途端、大きな拍手が起こりました。

(略)
ミーティングが終わって、私はKさんにこっそり聞きました。
「どうやって彼に自信を持たせてくれたんですか?」

「みんな、仲間だから。みんな本当はあがってるんだよ、って」

彼はそれから、自分から進んで人に声をかけられる人になりました。
——————————————————-

この文章の中には、緊張を克服する5つのポイントが
しっかり入っています。

1.見守る=> あなたが読んでくれるのを聴きたいから。強制しない
2.共感・安心 => Kさんの存在・みんな本当はあがってるんだよ
3.緩和 => 深呼吸
4.成功体験 => 大きな拍手による承認
5.自信 => 成功体験の繰り返し

緊張を克服する方法は、他にもいろいろありますが
はっきり言えることは、誰でも緊張するということです。

緊張には、心地いい緊張もあるし、過度の緊張もあるけれど
一生のうち一度も緊張をしたことがない
という人はいないでしょう。

日常の緊張とうまく付き合っていけるようになると
人生がちょっと楽になりますよ。

「サロンふわり・札幌」にも緊張をほぐしに遊びに来てくださーい。

静岡茶、玄米茶、オーガニック紅茶、
ジャスミンティー、森彦のコーヒー で
ホットなおもてなしをしますよ~。

催眠・カウンセリングサロン「ふわり」札幌
http://www.yururun.com



【参考】自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

« »