催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

風邪で変態

風邪で変態


今日2月3日は節分、2月4日は立春。
暦の上では冬から春への季節の変わり目ですね。

とはいえ、ここ札幌は冬本番。
2月5日からは「雪まつり」が始ります。

急な寒さや季節の変わり目など、急な環境変化に 体がついていけず、
風邪を引かれる方もいらっしゃるでしょう。

「風邪は万病の元」といいますが
私は「風邪は調整の始まり」だと思っています。

のどの腫れ、痛み、痰、咳、鼻水、 くしゃみ、発熱

これらはすべて免疫力が働いているからこその反応。

免疫力によって体の中に入り込んだり、
体の中で蓄積してしまった毒素を 体の外に出そうとする反応です。

薬を使って症状を緩和することはできますが、
これらの症状をスムーズに外に出すことで 症状を悪化させず、
楽に体調を回復でき、自然治癒力が増すと思っています。

私の場合、風邪がスムーズに回復したときは
なぜか体が以前より元気になっていることが多いのですよ。

風邪をひいていても、無理して動いたり、
薬で急激に回復させるとぶり返したりします。

痰、咳、鼻水、発熱
これらの体の外に毒素を出す症状に 抵抗しないで
そのまま出し尽くすほうがいいと思っています。

途中で薬などで症状を止めると、
もともと人が持っている 自然治癒力が
発揮する機会を失い、免疫力ががっかりしちゃって
「僕なんて必要ないんだ・・・」とすねちゃうのかな。

でも、あまりにも症状が酷い時は薬も上手に 使ってくださいね。

「薬は使ってはいけない」というわけではありません。

私の場合、持病があって風邪薬を服用できないので
できるだけ楽に回復できるように
次のようなことをしています。

・熱が出たときは体を温める。
・鼻水を出し切る。
・あまりにひどいときは鼻うがいする。
・水分を十分に補給する。
・みかんまたはオレンジスースを飲む。
ビタミンCの補給です。
・食欲がないときは無理に食べない。
・下半身を温めてフカフカの靴下をはいて寝る。
・体中の毒素が外に出ていくことをイメージする。
・頑張っている細胞たちに感謝して「ありがとう」と言葉にする

長崎から札幌に来た年の秋、
10月くらいから寒くて寒くて たまりませんでした。

これから冬を迎えるのにどうしよう(恐)

寒さに震えていたら11月に風邪を引いてしまいました。
2週間くらい体調不良が続いて
回復したときには寒さに強くなっていました。

今、2月ですが日中はストーブをつけていません。
なんででしょうねぇ(笑) この差は!

私的には変態(形を変える)したと思ってます。
風邪万歳!

お客様がいらっしゃっるときは、ちゃんとストーブつけます。
カウンセリングサロン「ふわり」へどうぞ!

« »