催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

緊張して人前で喋ることができません

緊張して人前で喋ることができません


「緊張して人前で喋ることできなくて困っています」

そういって電話問合せしていらっしゃるお客様がいます。

「人前で喋れない状態を治したくて…」
「カウンセリングを受ければすぐ治りますか?」
「どれくらいで治りますか?」

電話だと緊張しないみたいなんですよね。
ちゃんと喋ることができています。

なぜだと思いますか?

緊張のメカニズムは、なんらかのきっかけで
ホルモンや自律神経をコントロールする力が
一時的に刺激されて、闘争本能が働き

身体が

「これから体を動かすことになるからエネルギーを作らなきゃ!
エネルギーをどんどん筋肉に送り込めぇ!!!」

という反応が表れることなんです。

きっかけとは、
視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚など体外から入ってきます。

もっと具体的に言うと、それは人の声だったり、電話の音、
急に暗い場所へ入り込んだり、人の表情を見て不快に感じたり、
見えている周囲の環境だったり、熱、冷たさ、辛さ、etc

いろいろあります。

それらの情報は体の各器官だけでなく、自分がこれまでに
経験したあらゆる情報、特に失敗した情報につながり
過去の緊張した経験も一緒に思い出させてくれます。

外からの情報が体の内側にある情報を引っ張り出し
緊張を増長します。

 

さて、話しを戻しましょう。

なぜ「人と話すときに緊張する」といいながら
電話で初対面の私に問い合わせをするときに
緊張していないのか?

当たり前のことですが・・・
その人にとって、
電話で話すことは怖くないことだから。

「人と話すときに緊張する」

この言葉だけを聴くと、
いつでも緊張していそうに聞こえますが
実はそうではないのですよね。

私はカウンセリング時に

●あなたはどこで、

●どんな環境において、

●どんな状況のときに、

●どのような症状が出て

自分が緊張していることを

●身体のどこで

●どのように

●感じていますか?

そして、それを感じているとき

●どんなことが起きると想像していますか?

・・・・とお客様と細かく探っていきます。

 

ふわりサロンで施術している催眠療法(ヒプノセラピー)で
深層心理に働きかけて、緊張を和らげる施術をすることも
できますが、

カウンセリングの段階で自己観察していただいて
日常で少しずつ実験していって自信を付けることにより
自分で変えていくこともできます。

自分で実験して自信を付けていく方が、応用が
利くようになるのでお勧めなんですよ~。

最初に書きましたが、緊張は身体の闘争機能ですから
心地よい緊張がある方が、身体が臨機応変に対応できて
頭も働きます。そして気分も乗ってきます。

緊張を悪者にせず、味方に付けると、
緊張が怖くなくなります。

どうやったら味方にできるか?
それはね、自分をほめることです。

「きっとうまくいく」「大丈夫」「かっこいい」「かわいい」

緊張している自分に対して、いっぱい褒めまくってくださいませ。
気持ち良くて、癖になりますよ(笑)

私は、一方的に何かを治すという形でお客様と 関わるよりも、
お客様が自分で自分の力に気が付いて
安心して人生を送るようになれる手伝いがしたいと 思っています。

お客様の気持ちに寄り添って、お付き合いさせてくださいね。
ふわりサロンに立ち寄ってくださいませ(^^)

【参考】
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

« »