催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

私は母から監視されている

私は母から監視されている


こんにちは。催眠療法カウンセリングサロン「ふわり」の古賀です。
昨日の続きです。(連載物です)
私は母に監視されているように感じていました。

 

毎日、どこに行くのか、

何をしているのか

外食すると、何を食べたのか聞かれ…
勘弁してよ!

私がどこで何しようといいじゃん 母親からすると、監視している意識はないんですよ。
監視されていると感じているのは、私(娘)だけの気持ち。
母から逃れるために、母と距離を置くという方法もありますが、それをしても苦しさや罪悪感は残ります。
そのことを私は知っていました。
8年前に親と同居するまで、私は北海道に住んでいて母とは遠く離れていました。

距離だけでなく、連絡を取るのも絶っていました。

 
実家の弟からは、よく怒られました。

でも、母と話しをするとイライラするし、不安な気持ちが湧いてきて情緒不安定になるので電話したくありませんでした。
遠く離れ、連絡をしなくても、母に対する苦しさや罪悪感が消えることはありませんでした。
今回の同居をきっかけに、母との親子関係の苦しさを解消したいと思っていました。

 

母娘が仲がいいのを見ると、うらやましかったですよ。

 
同居し始めたころは、いろいろやりました。

自分を変えるノウハウをいろいろ知っていますから(苦笑)

 
夢の宝地図を一緒に作ったり、 自己啓発系の映画や講演会を一緒に聞きに行ったり、 参加費を私が払って自分を変えるセミナーに母に参加してもらったり。
んーと、結論からいうと、ほとんど効果はありませんでした。
あと、私がやるワークとして、心から親に感謝するワークとか。

ありがとうとか、愛してますとか、言い続けるとか。
頭でわかっていても、心の奥底では母を否定しているから、自分に嘘をついているようなものでした。
効果がないわけではないけれど、劇的に変わるまではいかなくて。
一番効果があったのは 「母に変わってほしい」という気持ちを私が捨てたこと。
私が母を変えるとか、母が何かを気づいてほしいとか、それは母が決めること。
母が変わるとしたら、それは母のタイミングであって、私が決めることではありません。
母には母の歴史があり、経験があり、いろんな体験を経て今の母になっています。

母が変わらなかった理由は
「私が母に変わってほしい」と思っていたから。

考えてみてください。
「変わってほしい」ということは「変わらない母はダメ」と否定していることです。

自分の身に置き換えてみて、頭っから否定している人が言っていることを信じられますか?
言葉は交わさなくても、相手には伝わっちゃうの。
それにそもそも母は変わりたいとは思っていなかったし(苦笑)
「母には母の歴史があり、経験があり、いろんな体験を経て今の母になっています」
がポイントなんですよ。

母は自分の身を守るために、今の母になったんです。

「母は変わらなくてもいい」

「母にいい娘だと思われなくてもいい」

これが、母と私の関係性が変わる第一歩でした。

「母は変わらなくてもいい」と思ったら、私が変わったんです。
そして、私が母を見る目も変わりました。
母を変えるより、ずっとです。
私が母へ怒りや罪悪感を感じないようになるためにやったこと。

まだまだ続きます。

追記:

今は私が北海道に引っ越したので、同居は解消しましたが、母からよくメールが来ます。

「今何している?」と。

でも、もう監視されているとも、イライラすることもないですねぇ。

メールで返事するよりも電話で近況を伝えたくて、今は自分から連絡しています。

ブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!
ブログを書く励みになるので、バナーをぽちっと1回クリックお願いします。

カウンセリング ブログランキングへ

にほんブログ村

« »