催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

娘の主張は自分のため

娘の主張は自分のため


こんにちは、毒母デトックスカウンセラーの古賀です。

これまでのブログで「母親に対して自分の気持ち、自分の主張をしっかり言いましょう」と書いてあるのは、母親に伝えるためではありません。

言ってわかるような母親であれば、悩んだり傷ついたりすることはないでしょう?

どんなに伝えても受け取ってもらえなかったり、批判されたり、冷たい態度を取られるから傷ついてしまうのだから。

何度伝えても、あの手この手でやってみても、母の耳はザル。

右のザルから入って、左のザルへ抜けていきます。

心のザルに入っても、ザルだからスルリと外へこぼれていきます。

 

母に受け入れてもらえていないと娘が感じている悲しさや憤り、やるさなさ、寂しさが、ヘドロのように水に溶けることなく体の中に重なっていくのです。

「母親に対して自分の気持ち、自分の主張をしっかり言いましょう」

というのは、自分自身に対してかけている言葉。

娘から母親に対する言葉は、ポロポロこぼれるのに、

母親から娘に対する言葉は、しっかりと心に届いて傷ついている。

傷つく言葉よりも、自分の力になる自分の言葉自分で受け取ってほしいのね。
母親にわかってもらうための主張じゃないの。

赤ちゃんの頃のあなたにとって、母親は絶大な権力者でした。

母親からお乳をもらえない
母親から食べ物をもらえない
母親が下着を変えてくれない
母親が下の世話をしてくれない
母親が体を洗ってくれない

そうなると、子どもは困るわけです。

母という絶大な権力者に世話をしてもらっているという弱み
母親は絶大な権力者だったという強み

 

小さなあなたにとって母に頼ることが唯一の生きる術。

お互いに自立していい年齢になっても、それが残ってるから軋轢になる。

だから、自分に宣言する必要があって・・・ね。
そのための宣言なのです。
だってあなたはもう大人なんだもの。
喋れるんですもの。
歩けるんですもの。
自分で自分のことができるんですもの。

大丈夫、あなたはできる!

 

カウンセリングサロン「ふわり」へのご相談は

www.yururun.comのトップページの右側カレンダーからご予約できます(^^)

« »