催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

最低の親!顔も見たくない

最低の親!顔も見たくない


母親への否定的な感情をどうにかしたい

つい最近、新聞の記事で毒親・毒母に対する本の出版が
増えているというニュースを目にしました。

ああやっと、母親に対して「No」と声をあげる自由が
でてきたのかと思いました。

この「No」とは直接母親に対して「No」というのではありません。

この「No」は自分自身に対して「母が嫌い」と
言ってももいいんだということです。

母が嫌いと言うと、

周囲からは、

・親に感謝の気持ちも持たないなんて酷い子どもだ
・親の苦労も知らないで

と声をかけられるか、陰口を叩かれます。


そして、その言葉は自分でもそう思っているので

心にグサグサと
ナイフを突き立てる様に刺さっています。

・育ててもらって感謝しなければいけないのはわかってる。
それができない私は人として失格だ

・顔をみるのさえ重荷になる。
親に感謝できないなんて心の病気なのではないだろうか

・自分の子どもに同じ思いをさせたくない。
この辛い気持ちは私で終わりにしたい。


親の顔を見たくない、最低の親だ、なぜこの親に!

育ててもらったことに感謝して親孝行がしたいと
思っているのに、できないから辛いのです。

どうにかしたいと思っているのです。

親と良好な関係性が築けていると思っていても、
そこに依存というドロドロの関係性が
隠れていることもあります。

自分が親となり子育てをしているうちに
関係性が悪くなっていくこともあります。

そのドロドロに気が付くと、
途端に毒親になったりもするのです。

つかず離れず適度な距離感でお互い尊重しあいながら
関係性が気付ければ最高なんですけどね。



どんなケースでも、そこへ向かうための第一歩は簡単です。

母に怒りをぶつけることでも、
気持ちを隠して親を尊敬しようと努力することではありません。

出発点は自分です。
自分に気持ちを戻すことです。

認められない自分が今ここにいるから、
親を恨んだり憎んだりするんだもの。

自分を褒めること。
自分を見ること。
自分が幸せになること。

カウンセリングサロン「ふわり」は、その方法を伝えています。

親へ感謝する気持ちは、自分の幸せの先にあります。

カウンセリングサロンふわり http://www.yururun.com

« »