催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

インナーチャイルドの策略からの卒業

インナーチャイルドの策略からの卒業




 

誘導瞑想の中で、

私は叔母の家のサッシのところから出て、母を追いかけようとして

足をケガして泣き叫んでいました。

 

 

叔母は心配しています。

 

 

 

足が痛くて痛くて、泣いている私。

 

 

 

でもね。

それ、

 

 

 

私の計画通り

 

 

 

子どもはずるいんです。

 

 

 

 

私がケガ(失敗)をして泣き叫べば、心配をかければ

お母さん(チャンス)が戻ってきて(掴める)くれる

 

 

 

 

変でしょ

 

 

ケガをして心配をかけたら、お母さんは戻ってきた

 

 

でも、

 

大人になって失敗して痛い気持ちを感じても、チャンスは戻ってこない

 

 

似ているようで、全然違う

 

 

全然違うのに、深層心理では無意識に

パターンだけ残っていて、成功(お母さん)を引き寄せようとしている

 

 

 

大人の認識で考えれば、お母さんは夕方には

叔母の家に私を迎えに来てくれるから、

それまで安心してお絵かきでもして、自分の絵の才能を伸ばすとかしていれば、目の前のことに集中していれば、

「ああ楽しかった」という気持ちで、満足感にあふれて家に帰れるのに。

 

 

焦ってチャンスを引き寄せようとしなくても、

目の前のことに集中して自分の能力を高める努力をすれば、

スキルが上がって、周りからも認められて

より大きなチャンスを掴めるようになる。

 

 

ケガをしたらお母さんが心配してくれる。

気にかけてくれる。

なんて子どもの頭で考えた間違った思考パターン。

 

 

わざわざ人に心配をかけて、痛い思いをして、自分に注意を引こうとするよりも

その時間を自分が魅力的に、輝く自分になっていく時間としてつかい、人に注目してもらうほうがずっと健全。

 

 

自分を傷つけて痛い思いをして心配させるパターンはもういらない。

ただ目の前のことに集中すること。

 

 

それがチャンスを掴むことになる。

 

 

 

はぁ・・・・・

そんな手を使って注意を引こうとするなんて、ずるい。

はた迷惑じゃん、そんなの。。。。

 

 

自分を傷つけて、痛い思いをするメリットなんてどこにもない。

 

 

 

子どもって、自己中心的で、

すぐに結果を得ることができて、自分が良ければいいから、手段は選ばないみたい。

たとえ、それが人に迷惑をかけようとも。。。。

 

 

それは、間違いなんだよ。もうやめようね。

そんなことをしなくても、お母さんは迎えに来てくれるんだよ。

 

 

 

一刻も早く、母親に会える方法を子どもながらに考えた方法だったのかもしれないけど。

そのパターン、大人になった私にとって、トラブルにしかならないの。

 

 

だから、、、、、

もういらない。

 

周りに迷惑をかけてごめんなさい。
自分を傷つけてごめんなさい。


私は、安心して今を楽しみます!!!!

 

 

このパターンを解消したら、

私はどう変わっていくのかな。

 

 

これからが楽しみです。

 

 

と思っていたら、体重が3キロ減りました。
あれ?

 

この1年で一番軽くなりました。
深層心理の修正以外に何もやっていないんだけど・・・

 

あれ?

不思議。

 

カウンセリングサロンふわりの「催眠療法」や「カウンセリング」で、私が体験したような深層心理の問題を解決することができます。
一度、試してみませんか?

« »