催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

想像以上に母娘は繋がっている

想像以上に母娘は繋がっている


母「りかさん!起きなさい!」

私「はいっ!」

つい数日前、はっきりと母が私を起こす声で目覚めました。

私は札幌に住んでいて、

母は長崎に住んでいます。

声が聞こえる分けないのですが、はっきり明確に聞こえました。

今回が初めてではなく、今までに何回か同じことがありました。

私は長い間、母を憎んでいました。

心の勉強を始めてから、一時期、学習塾のアシスタントをしていたことがありました。

その時の学習塾の本部が全国的に行なっているセミナーで、母親の気持ちが子どもに与える影響について学び、

そして発達障害児の場合にも、母親の気持ちや関わりが子どもの脳に与える事例についても教えてもらったことがあります。

他にも、母親会議などに参加した時や、京都のベテランカウンセラーの先生のもとで学んでいた時も、問題がある子どものカウンセリングよりも、母親のカウンセリングがとても重要であることを学びました。

それだけ母娘(子)の結びつきは強いということ、カウンセリングや親子関係の心理学で当たり前のことでも、あまり世間で認知されていないみたいです。

いくつになっても、繋がっているんです。

特に小学生ぐらいまでは、もっと強く結びついています。

スピリチュアルとか不思議ちゃん方面の話ではないのですけどね。

そして、それは何の問題もなく育ったと思われる全ての人にも共通しています。

人間関係がうまくいかない。

彼氏ができない。

結婚しても離婚してしまう。

子どもが欲しくてもなかなかできない。

仕事がうまくいかない。

ありとあらゆることが、親子関係や小さな時の体験がもとになり、精一杯の知識の中で、脳の中の基本パターンとして思い込んで、大人になってもそれを繰り返しているとしたら、どう思いますか?

過去の母親との関係性が、大人になっても続いているんです。

母親の生死に関係なく、脳に刻まれています。

幼稚園に行き始めた頃、お母さんの姿が見えず、大泣きしていた自分を覚えています。

あまりにも大泣きしすぎて迷惑だと、ワンマンバスから降ろされたこともあるそうです。

それだけ、私はお母さんと離れたくなかったみたい。

お母さんが大好きだったんですね。私。

だから、、、

私を相手にしてくれなくなった母(年子の弟ができた)を憎んだ。

そういえば、

私と弟の間にもう一人兄弟がいたはずなのですが中絶したのだそうです。

その分、私は母を独占できたみたいです。

弟ができたのは、私が3歳のときですが、母が妊娠している時も私は母を手こずらせたようです(先日、母から直接聞きました)。

大きなお腹で一週間に一度の食料品の買い出しへ行く時、私が泣いて歩かないので、怒鳴り散らして私を引きずって帰ったとのこと。

たぶん子どもの私は、わけもわからず怒られて、母を憎んだのでしょう。

その後、大人になるまで私はほとんど母に相談することなく物事を決めてきました。

母が大嫌いで、弟にも意地悪をしました。

どうせ、お母さんは私のことなんか気にかけてもくれない。

お母さんは自分のことばっかり優先して、私はダメなんだという怒りがいつも湧いていましたから。

高校を卒業したら、すぐに家を出ました。

そんな半生を歩んできた私だから、はっきり言えます。

現在お母さんを憎んでいる人ほど、お母さんが大好きなはず。ほぼ間違いないはず。

これは逆も言えます。

お父さんが大嫌いな人ほど、お父さんが大好きです。

それを認めた日から、人生が変わります。

私は、その基本をベースにカウンセリングしています。

素直になろうね。

トップページ

« »