札幌の催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間関係・うつなど、人生が思うようにならないのは母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

2回離婚した理由

2回離婚した理由




私は、26歳で1回目の離婚を、40歳で2回目の離婚をしました。

 

両方とも私から申し出た離婚です。

1回目は、子どもが出来なかった苦しさを自分で勝手に深めてしまった結果。

でも、この1年、新たなカウンセリング理論を学んだことで、クリアしたと思ってました。

でも、クリアにはまだまだ足りなかったことが、今回受講していたカウンセラー養成講座の中で判明しました(@_@)

 

 

2回目の離婚は、離婚当時の理由としては「私は本当に幸せになりたい!」と思って、自分で決めた離婚でした。

 

再婚してから喘息を発症、

数年経ってから、元夫が在宅勤務になり私との生活時間が逆転、

その後、知らないうちに夫の単身赴任が決まり、別居生活へ突入、

夫の住宅ローンの支払いが滞るように、、、

同居している時から滞りがちでした。

 

一大決心してやり直そうと思い、札幌の家を人に貸して、私も東京へ転勤することを決め、夫と同居する提案するも断られ大ショック。

 

離婚後も、元夫のとばっちりと思うような大きな出来事も起こり、わたしの人生って何なんだ!と思ってきたところがありました。

 

一見すると、1回目の離婚と2回目の離婚原因は違うように見えるのですが、今回、カウンセラー養成講座を受けたことで、原因が同じだったことを思い知ったのです。

 

おまけに、子どもが出来ない理由も同じでした。

 

さらに言うなら、喘息になった理由も同じでした。

 

さらにさらに言うなら、2人目の夫を引き寄せた理由も同じでした。

 

因果応報は、過去から未来へと流れます。

親から子へと流れます。

自分から夫へと流れます。

自分から社会環境や対人関係へと流れます。

 

そんなカラクリの見極め方を学びました。

カラクリが見えるから、解決方法も見えるのです。

 

夫と姑も、子どもが出来ない自分の体も、私を育てた母親も、病気も、私が置かれた環境も

 

周りのせいではなかった。

 

味方になってくれない、わかってもらえないと思っていた夫の表れは、自分自身の心の表れでした。

 

どんどんひどくなっていた喘息症状も同じでした。

 

こうやって、過去を紐解いていくと、自分の心の醜い部分が明らかになっていく(@_@)

 

醜いこと、自分に都合が悪いこと、隠したくなるよね。

だから、問題を解決しづらくなる。

 

だって、認めたくないよね。

自分が正しいと思っているのだから。

そこがね、今現在の自分の脳の動き方になっているのです。

 

本人の自覚はないけど自分を正当化して事実を歪曲して周りを味方につけようとしたり、

事実に背を向けて相手を悪者にして無視したりね。

 

そこ!だよ。

一番見るところは!

 

 

そこを見れば、自分の人生、逆転できるよ。

 

でも、自分ではなかなかわからないし、変え方もわからない。

 

わからないのは当然です。

だからこそ、プロの力を助けを借りてください。

 

私、フラクタル心理学講師になりました。逆転の方法が分かったから、知り得たノウハウをちゃんと人に伝えていきます。

 

これからもよろしくお願いします。

« »