母娘問題解消カウンセリング ふわり 札幌~毒親の悩み解消~

毒親に苦しむアダルトチルドレン、インナーチャイルドを癒して生きやすくする札幌のカウンセリングサロン

地下鉄琴似駅2番出口から徒歩5分

TEL.090-6875-5281

自分勝手なインナーチャイルド

自分勝手なインナーチャイルド


前のブログ「インナーチャイルド」で、

インナーチャイルドの代表的な思考を書き忘れちゃったので、追記しますね。

それは…



・母親は、私が何も言わなくても、私の気持ちを察するべきだと思っている

・母親は、いつでも私の話を聞くべきだと思っている

という思考。

お客様のカウンセリングをしていて、相談内容としてありがちなテーマです。

他にも、よく聞くフレーズとして、

 

母親は私に対して冷たかったけど、祖母はとても優しい人だった、というものもあります。

 

あと、母親は大人気ないけど、夫の両親は大人で尊敬できる。

これはね、
自分を甘やかせてくれる人はいい人で、
自分に対して厳しかったり、怒ったりする人を悪人と認識する子どもの狭い視野での判断によって決められるから。

 

子どもの頃の出来事を、大人の視点で見直してみると、見方が変わりますよ。

だけど、カウンセリングの際に「大人の視点で見てね」とお伝えしていても、普段から「子どもの視点で」物事を見ている方は、なかなか大人の視点になれないことが多いのが実情で、

「お母さんはいつも感情的で、何の理由もないのに自分の気持ち次第で怒ってばかりいた」

と、おっしゃる方もいらっしゃいます。

それは本当でしょうか?

 

大人の気持ちがわかる今、子どもの時にお母さんに怒られたときの状況を冷静に想像してほしいのです。

あなたが子どもの時のお母さんは、

 

◎嫁姑問題に悩んでいませんでしたか?

◎弟妹が生まれて忙しかったのでは?

◎仕事との両立で疲れていませんでしたか?

◎お母さんはお父さんとケンカしていませんでしたか?

◎あなたは素直に親の言うことを聞いていましたか?

◎あなたが何かわがままを言っていませんでしたか?

◎あなたは親を困らせていませんでしたか?

子どもの時の記憶は、とても断片的です。
それどころか、自分が都合がいいように記憶を書き換えていることだってあります。

私の例では、「父親が短気で母に暴力を振るう」という印象が強かったです。

ですが、大人になってから、父に話を聞くと、母が習い事に夢中になり、子育てが疎かになったことがあったらしく、それで夫婦喧嘩になったらしいのです。

 

父親の話は聞かないで、母親の話だけを聞いていると、父親を悪者にしていることだって、ありえます。

うちの父は、とても子煩悩。
私たち兄弟は、赤ちゃんの頃から父親がお風呂に入れてくれました。

 

母親は、お風呂場の外で体を拭く係だったと、最近、母親から直接話を聞きました。

そういえば、お風呂で一緒に遊んだのはいつも父でした。
遊びに連れて行ってくれたのも父でした。

短気で怒っている父ばかりを思い出していましたが、それ以上に、我が子と一緒に遊んでいました。なのに、忘れています。

なぜ、忘れるのか?
それは、私にとって、あまりにも当たり前のことで、記憶に残るような特別なことではなかったから。

そう思うと、インナーチャイルドのトラウマって、かなり一方的な記憶かもしれませんね(>_<)

 

自分のインナーチャイルドのことを知りたかったら、カウンセリングサロンふわりにご相談ください。

あの手この手で、子どもの頃の勘違いを探すお手伝いをします。

トップページ

« »