母娘問題解消カウンセリング ふわり 札幌~毒親の悩み解消~

毒親に苦しむアダルトチルドレン、インナーチャイルドを癒して生きやすくする札幌のカウンセリングサロン

地下鉄琴似駅2番出口から徒歩5分

TEL.090-6875-5281

父と子の関係は会社の社長と社員関係に反映される

父と子の関係は会社の社長と社員関係に反映される


私はこれまでに勤務先の社長とケンカした経験がいくつかあります。

これも、自分の心の問題が起因しています。



社長から直接「生意気だ!」と言われたことがありますし、

その場で「クビだ!辞表書いてこい!」と言われて辞めたこともあります。

これは社員の立場からの話ですが、経営者側から見ると、言うことを聞かない部下がいるということになりますね。

 

会社の人間関係に親子関係が鏡のように映っているという事例なんですよ。

 

私の例で言えば、私がケンカした会社の場合、

会長(父)と社長(息子)の仲が悪く、

会長は仕事ができない社長をバカにして、息子の仕事にダメ出しばかりしてい信頼していませんでした。

 

その会社の社員の定着率はとても低くて、入社しても一週間以内に辞める社員がほとんど。

 

理由は、社員に対しての言動が、息子(社長)に対する父(会長)の行いと同じだったからです。社長もわかってはいても、反発はしていませんでしたね。

 

私は、理不尽と思えるワガママな会長の行動をバカにして、反発していたというわけ。

 

会長の逆の立場としての投影が起こっていました。

さらにいうなら、私自身の心の中にも、短気でケンカっ早い父親に対して、バカにする気持ちがありました。

その思考が、職場関係にも出ていたんですね。

 

今にして思えば、会長にも父親に対しても、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

たしかに会長はワンマンだったかもしれない、でも、毎月給料をもらい、目もかけてもらっていました。
私には感謝が足りなかったし、長年経営してきたその手腕を認めることもしていませんでした。

 

社員に毎月給与を払うことがどんなに大変なことか、当時の私は知りませんでした。

 

カウンセリングサロンふわりでは、こういった人間関係のご相談にも対応しています。

こういう心の仕組みを、歯科クリニックの経営を例に説明した動画を紹介しますね。

 

前半)約34分


後半)約19分

« »