母娘問題解消カウンセリング ふわり 札幌~毒親の悩み解消~

毒親に苦しむアダルトチルドレン、インナーチャイルドを癒して生きやすくする札幌のカウンセリングサロン

地下鉄琴似駅2番出口から徒歩5分

TEL.090-6875-5281

末っ子のあなたの毒母度

末っ子のあなたの毒母度


前のブログで、第一子(長女、長男)の毒母度について、紹介しましたが、

今日は、末っ子の毒母度について書いてみます。



兄弟順位が二番目以降で、下に弟や妹がいない場合が末子です。

 

生まれた時には、すでにお姉ちゃん、お兄ちゃんがいますので、第一子をよーく観察して、親に怒られないように、したたかに振る舞います。

 

第一子や上の兄弟姉妹が何かと世話をみてくれる(親のいいつけ)ため、「甘えれば周りがやってくれる。指示してくれればやりまーす(言われなければやらない)」と、自分から動かず依存心が強いのが末子。
責任感も、ちょっと希薄かな。

 

兄弟数が多いほど、親からは手をかけてもらえないのですが、一番年下という弱さを利用して、「誰かに助けてもらえる。教えてもらえる」ということが当たり前の感覚になりやすい。

 

その調子で大人になってからも、親や兄姉を頼りにするようなところがあります。

 

この場合、親が兄弟で一番手がかかる末子の世話を焼いてしまうと、大人の姿をした子ども(デビル末子)は、いつまでも親のすねをガジガジとかじることに。

 

社会に出てから、何らかの壁を乗り越えられないときは、

「誰も助けてくれない。教えてくれない。だから周りが悪い」と責任逃れの言葉を口にする可能性大!

 

助けてもらって当たり前という感覚を持っているため、反省もあまりしない傾向もあり、

毒母というより、周りを毒大人扱いしそうなのが、末子です。

 

末子の人が、何らかの問題を抱えているとしたら、まず自分の子ども心を認識した上で、自分の依存心を減らし自立心を育てていくことで、問題解消を目指していくことになります。

 

その時に、自分の心にかけてほしい言葉は「すごい!」と褒めて自信を持たせること。

周りに頼ることが多かったから、実体験が少ないんですね。

 

末子の子ども心は、達成した時のご褒美をチラつかせながら褒めて、大人心&自立心を育てることになります。

方法については、カウンセリングサロンふわりでアドバイスさせていただきます。
お気軽にご相談くださいませ。

« »