催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

カウンセリング

くそ真面目に人生を変えたい

フラクタル心理学を学んでから、カウンセリングサロンふわり のカウンセリング手法が、ちょっと

いや、

かなり変わりました。

インナーチャイルドの癒しを超え、根本的に人生を変える育て直しに着目するようになったからです。

例えば、雨の日に小さな穴の空いた靴を履いて歩いていたら、その穴から水が入ってきて靴の中が濡れてしまいます。

家に帰ってから靴を乾かせば、またその靴を履くことはできるでしょう。穴が小さければ晴れている間は、気になりません。穴が空いていることもごまかせますしね。

だけど履き続けていると穴は大きくなってきます。無視していると、もっと被害が大きくなるはず。

穴を塞ぐか別の靴を履かない限り、雨が降ったら、また同じことの繰り返しです。

なぜなら原因は解消していないから。

ここでいう『穴』とは、濡れる原因です。

私たちが何度も同じトラブルや似たようなパターンを繰り返している時、『穴』が野放しになっているということ。

インナーチャイルドの癒しが、その場しのぎの癒しになっているケースは要注意です。

その癒しとは、

ただ寄り添うだけ

気持ちをわかってあげる

なだめてあげる

夢を叶えてあげる

などなど。

クライアントさんの状況に合わせて、対応内容は変えていますが、本当に自分の人生を根本的に変えたいと望まれているときは、癒し以上の荒療治が必要になります。

私は真剣に、くそ真面目に、お客様が本来の輝きを放つ人生になるようにお手伝いすることを決意しています。

だから

癒しだけのカウンセリングやセラピー、占いは、できなくなってしまいました。

靴に穴が空いていれば、空いている穴をまず見てもらいます。

修理ができれば修理する方法を伝えるし、新しい靴をお勧めした方がいいこともあります。

 

行き先が明確に定まっていれば、その行き先にあった靴へ履き替えるようにアドバイスすることもあります。

 

人生という名の道をその時々にあった靴をチョイスしながら楽々歩いて行きませんか?

いつでもお待ちしています。

 

インナーチャイルドと犠牲者の思想

あなたの兄弟順位は何番目ですか?

私は三人兄弟の1番目。第一子です。

なぜ、いきなり兄弟順位のことを聞いたのかの種明かしは、最後に書きますね。

さて、インナーチャイルドと犠牲者の思想って、すごく似てるんです。

犠牲を感じてる時って、

◯◯してもらえない、とか

私はこんなに◯◯してるのに、とか

なぜわたしだけこんな目に!、とか

してもらえない不満がたまっているとき。

自分は我慢して誰かを優先させて、自分は後回しというのも、諦めが積もり積もって、

「犠牲になった」という思想になりがち。

この思想の動き。

あなたの兄弟順位の影響も受けているって知っていましたか?

兄弟って、

一人っ子、二人兄弟、三人兄弟、それ以上などの組み合わせがありますよね。

私は第一子で、3つ離れた弟と4つ離れた弟がいます。

男女の関係なく(現代では)、夫婦にとって、そして親族にとって(初孫だったら特に)待望の第一子です。

第一子は次の兄弟が生まれるでの間、王様、女王様として君臨しちゃうのです。

自分が思うようにならない時には泣くだけで召使いたち(母親や大人)が飛んできて世話を焼いてくれます。

蝶よ花よと面倒を見てくれるわけです。そして、その子供の頃の体験は王様、女王様の体験として、第一子の脳にしっかり刻まれます。

第二子(中間子)、第三子(末っ子)も出産からしばらくの間、王様、女王様になれますが、第一子に比べると、そこまで特別ではありません。

親も祖父母も2人目となると、いろいろ気持ちの余裕がありますし、慣れてきますから。

二人目ともなれば、泣いても直ぐに飛んでこないケースも増えてくるでしょう。

私の場合、3年間女王様として君臨した後、その地位を弟たちによって剥奪されました。

私の弟たちは年子だから余計私は母親を独占することは無理になっちゃったんです。そして、三番目の弟は生まれつき心臓が悪く、母親はずっと弟につきっきりで、家にはほとんどいませんでした。

私は完全に召使いを失ってしまったと思ったようです。

その犠牲者意識は相当なものでした。

フラクタル心理学を学んでから、その恨みの量がかなりあったのだと思い知りました。

この犠牲者の思想は、かなり根深いんです。さらに言うなら、ほとんどの第一子はこれを持っているはずです。

そして、それが大人になってから、いろいろな思い違いを生み出すのです。

『毒母』もその1つ。

実は、毒を持っているのは母ではなく自分なんです。

自分の都合のいい記憶(勘違い)による恨みという『毒』をね。

カウンセリングサロンふわり では、その自分の『毒』を解毒するお手伝いをしています。

自分の人生から『毒』をなくしたい方、お気軽に相談くださいませ。

都合がいい「愛」の解釈


 

マスターコースの入門では、

フラクタル心理学の理論で、インナーチャイルドの定義を学びました。


たぶん、スピリチュアル的および一般的な心理学で定義されているインナーチャイルドの定義と、フラクタル心理学での定義はちょっと趣が違うと思います。

趣が違うというのは、インナーチャイルドに対して、フラクタル心理学では、とても現実的な解釈をしていると私が感じているからです。

 

なぜかというと、私、スピリチュアル的な考えには、タイミングが悪かったとか、運命だったとか、自分ではどうにもできないというものがあるように感じるけど、

 

フラクタル心理学では、今起こっていることの中心にいるのは
「自分」だけであり、そこには他の誰もいないから。

 

自分で出来事を起こし、創り出した現実は、自分で変えていくことができるんです。


 

わたし的には、そこがとてもしっくりくるのね。

 

「愛」についての解釈も、
「無償の愛」「真実の愛」「本当の愛」など
いろんな表現をするけれど、

 

「愛」という言葉やカタチで、
自分にとって都合がいい「愛」の解釈を
していることだってありそう。


 

「愛って何?」

 

という問いを何度も自分に聞いてみると、
なんともかなり都合がいい「愛」の定義を作って
美化していたことに気が付き、

 

シマッタ!

シマッタ!

シマッタ!

 

と思うことの連続。

 

 

自分の過去を振り返ると
いい加減で、傲慢で、なんとも隠れたくなるような
自分勝手な「愛の解釈」の連続なんだもの。

 

 

ここ、かなり大事です。

 

 

何かを与えること、もらうことを「愛」と勘違いしていなかった?

優しく包み込むことだけを「愛」と思っていなかった?

すべてに寛容であることが「愛」だと感じていなかった?

優しい女神のような笑顔が「愛」のような気になっていなかった?

 

 

愛してくれるんだったら○○してくれて
当たり前でしょ!!!

 

 

いや、いや、いや、いや、

 

 

それ、

自分に都合がいい「愛」になってるよ。

 

 

与えない「愛」だってあるんです。

厳しく怒ることが「愛」がゆえのことだってあるし、

般若のような怖さが「最上の愛」だってことも。

 

 

ほら、

一般的な言葉だってあるじゃない。

 

 

「心を鬼にして」ってやつ。

 

 

前者の「愛」だけが「愛」だと思っていたら、
いろんなことを誤解している可能性があると思わない?

 

 

フラクタル心理学のマスターコース入門だけ受講しても、
甘えん坊で、
傲慢で、
したたかで、
自分の都合がいいように「愛」を操る

裏表がある狡猾なインナーチャイルドに気づくんです。

 

 

それに気が付くと、

 

アイタ、タ、タ、タ、タ、タ

 

って、心が恥ずかしさと罪悪感で
ズキズキ痛くなっちゃうけど、

 

気づけば改善することができるの。

 

大人への階段を上り始めると、
いろいろなことが変わり始めるので
心が修正され始めていることを実感できると思います。

 

 

たとえば「母を訪ねて三千里」のマルコ少年。
愛しい愛しいお母さんを探して旅に出るけど、
情報を頼りにお母さんがいる町に到着すると、

すでの母はどこかへ移動していて、
マルコ少年は寂しさと悔しさで涙…

テレビでアニメ番組をみていた私は涙してました。
「あぁ、マルコったら、かわいそう」

 

ち、ちがーーーう。
母に会えなくて可哀そうな子どもの自分を演出して
(無意識に)
大人の同情を買いながら、何カ国も一人で
いろんな体験をしながら旅をしたかったという
深層心理が母を転々と移動させてしまったとしたら、
本当の極悪人はマルコでは、、、、

 

自分を中心において、メリットを得ているとしたらという
観点で物事を捉えるようにすると
見ている景色が同じでも、その解釈が変わります。

 

マルコは、本当にお母さんに会いたかったのかな?
「それ、本心?」って聞きたいくらい。
アニメだから聞けないけど(笑)


 

さて、私がフラクタル心理学を学び始めてから
「カウンセリングサロン ふわり」をご利用いただいたお客様から
その後の変化を聞くと、

大変な状況にありながらも
現実を直視し対応できるようになった

との結果報告を聞いています。

 

それも、、、、
1
1時間のカウンセリングだけで。

 

お母さんに会いたいのに、なかなか
会えないという現実を作ったマルコになるか、


会いたいと思ったときに 、すぐに会える
マルコ(現実をサッサと変える)になるかは、


 

あなた次第ですよ~

 

どんな感じのカウンセリングなのかな?と
興味があれば、「カウンセリングサロンふわり」の
セッションの中でも体験していただけます。

行動する意欲のきっかけ

ハートクリスタル

カウンセリングスペースとセラピールーム、
寝室、その他、引き出しの中まで断捨離をしたせいなのか、

ブログを書く意欲が湧いてきました。

 

ここのところ、職業・商業ライターがメインで
カウンセリングや星の錬金術関連のブログやSNSの記事を
執筆するエネルギーがカツカツでした。

 

掃除したら書けるようになるとは。

 

ちなみに、今回やったのは断捨離だけではなく、
必要なものをちゃんと日の目にあてて使うということもしました。

 

家具の隙間に収納していたテーブルを出して、
断捨離した場所へ置いてみたり、

出しっぱなしにしていたマッサージベッドを
使わないときには片付け、
お客様の予約が入ったときにすぐに組み立てやすい場所に置いてみたり、

 

そして古い書類は処分しました。

 

仕事とプライベートが、混在していた私の生活スペースが、
仕事の場所、プライベートの場所とにきちんと分かれました。

 

サロンが使いやすくなったのはもちろんですが、
それよりも何よりも私の気分が一新されてねえ。

とても清々しいのです(^^)

 

断捨離をやることになった一番のきっかけは、
フラクタル心理学のマスターコース中級の修了です。

 

マスターコースの入門から中級まで

私がどんなことを学んできたのかを紹介しますね。

 

つづく

サロンを大幅リニューアルしました



サロンのカウンセリングルームと、
催眠療法&サウンドヒーリング ルームを大幅に模様替えしました。

風通しもエネルギーの流れも格段に良くなりました。

リニューアル後、北海道内からいらしたお客様も気持ちよくセッションを受けていただいたよう(^^)

問題点と原因、解消方法までスッキリ整理できて、満足いただくことができたみたい。

良かったあ。

 

★白い椅子がお客様の指定席です。
白い椅子の正面には、ガラスのホワイトボードがあり、
心の仕組みや動きを図解して説明していきます。

 

使用施術/
催眠療法(ヒプノセラピー)、
心理カウンセリング(フラクタル心理学)、
星の錬金術

1.『カウンセリング』で現状把握
2.『催眠療法』で深層心理を自覚
3.2を踏まえ『カウンセリング』で現状を変化させるアドバイス
4.時間があればおまけ『星の錬金術』
今の状況が宿命なら、改善する方法を統計学から推測

http://www.yururun.com

 

あまくさにっ、き・け!



耳から離れません・・・

 

♪~

あなたとわたしの時間

わたしとあなたの進化論

悩みごとなら、あまくさ

あまくさに、き・け♪~
ドラマ「フランケンシュタインの恋」の劇中歌です(^^)

このドラマ、けっこう好きでした。

 

 

今年に入ってからフラクタル心理学のマスターコースを 受講しています。

 

私がフラクタル心理学を学び始めた理由はただ一つ。

私が今まで学んだカウンセリング技術の中で、 最もクライアントさんの即効性があったからです。

 

つまり、確実に役に立つツールなんです。

 

フラクタル心理学の特徴は、

深層心理に潜む思い込み(インナーチャイルド)の 読み取り方にあります。

 

よくあるインナーチャイルドへの対処方法とは違います。

 

それも、母親との関係性の読み取り方については、 ピカイチだと私は思っています。

 

クライアントさんとの対面カウンセリングの中で フラクタル心理学の考え方に基づいて分析し アドバイスするとクライアントさん自身が

思い当たることがありすぎというような状況です。

 

結果として、カウンセリングの回数が減り、 新たな一歩を歩みやすくなっています。

 

私は、ヒプノセラピーでインナーチャイルドや 過去世未来世の誘導瞑想も長年やってきました。 こちらについてもフラクタル心理学のおかげで イメージの分析方法が変わりました。

 

過去世のできごとが今の自分に影響しているかもしれない。 けれど、それ。

本当に過去世の影響なの?

 

現実的に確認することはできません。

同じように、子どもの頃の出来事についても、記憶違いもありますから、本当のことかどうかはわかりません。

 

ここでのポイントは、ヒプノセラピーで思い出したことが 本当かどうかではなく、自分の心の中で

「そのイメージに似たようなことを心の底で思い込んでいる」ということです。

 

事実はソコなんです。

 

あなたの事実はあなただけが知っています。

だけど、ゆがんだ事実が、現実社会で影響を与えているなら その思い込みという事実を修正すれば、 現実がどんどん変わっていきます。

 

私は、フラクタル心理学のマスターコースを学んでいく中で

自分の心のがっかりするような思い込みを発見し、

情けない気持ちになっていました。

 

発見したのは、

 

○自分の都合が悪いことを人のせいにする私

○母が大好きなのに、私の方を見てくれないから

徹底的に母へ意地悪して仕返ししていた私

○病気を起こして責任逃れしていた私

○何かにつけ、自分を正当化してしまう悪い癖

 

離婚だって、病気だって、自己破産だって、 仕事がなくなったのだって、 不幸な私を見せつければ、

「娘の幸せを願っている母への仕返しとなる」

 

ええええっ。
そんなに体を張って仕返ししなくてもぉ~。

 

 

子供の幸せを願わない親はいません。。。。
その前提で、フラクタル心理学の考え方が成り立っています。

 

私がこれからの人生をもっと楽に楽しく過ごすためには、 これまで私が親にしてきた不毛な仕返しを 感謝に換えていくことに気が付きました。

 

そして、その方法も深く、深く学んでいます。 私が使うだけではなく、うちのサロンにいらしていただく クライアントさんに還元していきます。

 

このあたりの考え方は、深く学ばないとなかなか理解できませんが、 カウンセリングで、クライアントさんにわかりやすい言葉に 置き換えて説明するので、ご安心くださいね。

 

今、何が起こっているのかの話しをお聞きすれば、 クライアントさんの行動・思考パターンにあわせてアドバイスできますので。。

 

♪~

あなたとわたしの時間

わたしとあなたの進化論

悩みごとなら、ふわりサロン

ふわりサロンに、き・け♪~

母親からの呪縛を解いたその後もサポート



先週から3ヶ月間、私のヒプノセラピーの師である西谷真美さんから、ビジネスマインドパワーアップ講座を受けることになりました。

ライター業、カウンセラー業、占い師業の3本の柱ができて順調に売り上げが伸びてきたのですが身体はひとつ。

今後効率的に成長するためには改善が必要と思っていたところに、真美さんから声をかけていただきました。

私が真美さんと知り合った時、真美さんは妊娠中でした。そして出産育児の間の収入を確保するため、ヒプノセラピスト養成講座を初めて開いたというタイミングでした。

出産後はベビーカーマッサージのスキルを身につけ、子育てに関する学びを深め、活動を全国へ広げました。

そして株式会社化し、一戸建ても手に入れ、今は事業をシステム化し、自分の時間を十分に確保しながらさらに事業拡大しようとしています。

そのノウハウを一人一人にあった形でコンサルしてくれるのです。

先週第1回目があり、目から鱗のアドバイスを受けました。
なんと授業料は無料です。

どうやって宣伝するか、どうやってPRするとか以前の売れる戦略をみっちり講習。

今持っている自分の力を有効活用することで、利益に繋げることが十分可能であることを教えてもらいました。

頼もしい(^^)

カウンセリングも、星の錬金術も、ライティングも、私だから出来る、私だから教えられるコースを作りますよ〜。

どれか一つではなく、全てをチャンプルして、自分の力で人生を変えていくコースです。

私が願っているのは、自分で人生を変えられると信じられる人を増やすこと。

少しずつ公開していきます。

母からの呪縛を解いた後に、インナーチャイルドを教育して、自分で人生を切り開くために必要なこと。
癒すだけじゃ足りないの、、、。

私が経験してきたことを、わかりやすく見える化することから着手します。(^^)

へへへへ。
実は、それが宿題なの。

インナーチャイルドの策略からの卒業



 

誘導瞑想の中で、

私は叔母の家のサッシのところから出て、母を追いかけようとして

足をケガして泣き叫んでいました。

 

 

叔母は心配しています。

 

 

 

足が痛くて痛くて、泣いている私。

 

 

 

でもね。

それ、

 

 

 

私の計画通り

 

 

 

子どもはずるいんです。

 

 

 

 

私がケガ(失敗)をして泣き叫べば、心配をかければ

お母さん(チャンス)が戻ってきて(掴める)くれる

 

 

 

 

変でしょ

 

 

ケガをして心配をかけたら、お母さんは戻ってきた

 

 

でも、

 

大人になって失敗して痛い気持ちを感じても、チャンスは戻ってこない

 

 

似ているようで、全然違う

 

 

全然違うのに、深層心理では無意識に

パターンだけ残っていて、成功(お母さん)を引き寄せようとしている

 

 

 

大人の認識で考えれば、お母さんは夕方には

叔母の家に私を迎えに来てくれるから、

それまで安心してお絵かきでもして、自分の絵の才能を伸ばすとかしていれば、目の前のことに集中していれば、

「ああ楽しかった」という気持ちで、満足感にあふれて家に帰れるのに。

 

 

焦ってチャンスを引き寄せようとしなくても、

目の前のことに集中して自分の能力を高める努力をすれば、

スキルが上がって、周りからも認められて

より大きなチャンスを掴めるようになる。

 

 

ケガをしたらお母さんが心配してくれる。

気にかけてくれる。

なんて子どもの頭で考えた間違った思考パターン。

 

 

わざわざ人に心配をかけて、痛い思いをして、自分に注意を引こうとするよりも

その時間を自分が魅力的に、輝く自分になっていく時間としてつかい、人に注目してもらうほうがずっと健全。

 

 

自分を傷つけて痛い思いをして心配させるパターンはもういらない。

ただ目の前のことに集中すること。

 

 

それがチャンスを掴むことになる。

 

 

 

はぁ・・・・・

そんな手を使って注意を引こうとするなんて、ずるい。

はた迷惑じゃん、そんなの。。。。

 

 

自分を傷つけて、痛い思いをするメリットなんてどこにもない。

 

 

 

子どもって、自己中心的で、

すぐに結果を得ることができて、自分が良ければいいから、手段は選ばないみたい。

たとえ、それが人に迷惑をかけようとも。。。。

 

 

それは、間違いなんだよ。もうやめようね。

そんなことをしなくても、お母さんは迎えに来てくれるんだよ。

 

 

 

一刻も早く、母親に会える方法を子どもながらに考えた方法だったのかもしれないけど。

そのパターン、大人になった私にとって、トラブルにしかならないの。

 

 

だから、、、、、

もういらない。

 

周りに迷惑をかけてごめんなさい。
自分を傷つけてごめんなさい。


私は、安心して今を楽しみます!!!!

 

 

このパターンを解消したら、

私はどう変わっていくのかな。

 

 

これからが楽しみです。

 

 

と思っていたら、体重が3キロ減りました。
あれ?

 

この1年で一番軽くなりました。
深層心理の修正以外に何もやっていないんだけど・・・

 

あれ?

不思議。

 

カウンセリングサロンふわりの「催眠療法」や「カウンセリング」で、私が体験したような深層心理の問題を解決することができます。
一度、試してみませんか?

チャンスを掴めなかった理由



誘導瞑想に入る前に、3つの準備をしました。

1つ目は、現在の問題点を明確にすること。

2つ目は、問題が起こったときに感じた感情を書き出すこと

3つ目は、初級コースのテキスト従って、自分の被害者意識がどんな意識になっていたかを見つけること。

 

私の場合

1つ目は、失敗してチャンスをつかめないこと

2つ目は、喪失感、がっかり

3つ目は、認めてもらえない

 

でした。

 

 

先生の誘導で

 

テーマを頭に思い浮かべ
喪失感とがっかりした感情を心の中で感じながら
浮かんできたのは・・・・

 

 

3歳ぐらいのときの私。叔母の家です。

 

 

 

共働きだった両親は、私を叔母の家に預けていました。

 

 

 

私は、私を置き去りにした母に、とても怒っていました。

自分の上着を脱いで、玄関に投げ捨てています。

 

 

泣き叫ぶわけではなく、黙って怒っていました。

でも、相当な怒りです。

服を丸めて、投げつけているのですから。

 

 

このシーンは今までにも何回も見てきた光景です。
(親から聞いたことがあります。

 「上着を玄関に丸めて投げ捨てて、何してたんだろうね?

 意味分からない(笑)」と、教えてくれました)

 

 

私は「ああ、またこのシーンか」と思いました。

 

 

が、そこから先が違ったのです。

 

 

私は、玄関ではないところから、外に出て
母親を追いかけようとして転んで、足をケガしていました。

とても痛くて泣き叫んでいました。

 

 

叔母はとても心配しています。

 

 

 

 

そこで、現実に思い当たることが

いーーーーーーーーーーーーーっぱい、あったことにも

気が付きました。

 

 

 

 

私、去年の10月に階段から落ちて左足首を捻挫して
2ヶ月ほど松葉杖生活を過ごしました。

 

 

それだけではありません。

 

 

 

今年の3月に入ってから、左足の指の付け根あたりが急に痛み始めて、痛くて痛くて、うまく歩けなくなりました。

整骨院へ行ったら、捻挫の後遺症で指の付け根の筋肉が固まって伸びなくなり、そこを無理して歩こうとするので筋が損傷しているようだと言われました。

 整骨院で固まった筋を柔らかくほぐしてもらい、指の付け根の痛みが和らいできたなと思っていたら、今度は右足の小指が痛くて、うまく歩けなくなりました。
原因はまったく分かりませんでした。


どこかにぶつけた記憶もないし、、、、

 

 

そして、右小指の痛みもやっと消えて、普通に歩けるようになったのが、

私が大失敗をした金曜日でした。

 

 

 

足のケガ。

 

 

 

現実でも、体が問題を解決するヒントを出してくれていたのかもしれませんね。

 

 

でもね、

「足のケガ」と「チャンスを掴み損ねる」の関係は、
単純に体が不自由になることでチャンスがつかめないという意味ではありません。

 

 

深層心理は、もっとずるい方法でチャンスを掴もうとしていました。

 

 

その方法とは・・・・・・

 

 

(つづく)

12年目の事実 まさかの交通事故の理由

自転車で通勤途中に交通事故にあってから12年後、ひょんな事から、新たな交通事故の理由を知ることになりました。

12年前の交通事故のお話は、以下をご覧ください。


 

2016年11月から、カウンセリングスキルを磨くために、フラクタル心理学を学び始めました。

 

その学びの中で、12年前の交通事故の新たな事実を発見したんです。

 

表面的な事故の理由としては、車の運転手側の前方不注意、そして私も車は私を優先してくれるという傲慢さがあって、車が入ってくるのが見えていたのに自転車で道路を渡ろうとして、ぶつかってしまいました。

 

それ以外に、私の深層心理の願望として、事故に遭うことで、様々なメリットがありました。

その願望が事故を引き寄せてしまったようなのでした。

それについては、前回のブログで説明した通りです。

 

でも1つだけ、解せないことがありました。

それは、加害者から私が罵られたことです。

 

それも、運転していた男性と、その彼女の2人から。

 

「わざと車に当たって、慰謝料をせしめようとした当たり屋!」

と、責められて。

 

そんな状況にはメリットを全く感じられませんでした。

 

だって、私、被害者ですよ!

当たり屋なんて、馬鹿にしすぎ!



 

私が当たり屋と言われたのは、多分示談金で要求した金額から、そう思ったのだと思います。

 

慰謝料の交渉なんてしたことないし、相手は友達に借りた車で保険の対象外だったこともあり、保険から慰謝料が出るような状況ではありませんでした。

 

私は怪我はしてなかったけれど、自転車は壊れ(ブランド物でした)、出張に行けなくなった損害と会社に行けなかった期間や、精神的苦痛を計算して10万円請求しました。

 

あとからムチウチが出てきたらどうしようと不安な気持ちを持ちながらも、ネットなどで調べて請求した金額でした。

 

それが、当たり屋呼ばわりだったのですから。

もう、話をするたびに辛くて、結局3万円程度慰謝料をもらって終わりにしました。

 

それについて、12年後にフラクタル心理学の学びで、わかったことがあります。

 

それは、お金についての私の価値観です。

 

 

当時の私のお金に対しての価値観は、

 

苦労した時間や頑張った時間の対価としてお金を頂くというものです。

 

いわば、楽してお金はもらってはいけないという価値観が深層心理にあるわけです。

不労所得なんて、考え方はありませんでした。

 

だから、怪我をしていない状態で頂くお金は苦労または苦痛を味わう必要があったようなのです。

 

それが、、、、

罵られるという形で苦痛を味わったのかも、と思い至りました。

 

それも、自分の価値を低く思っていたから金額も低くなったのでしょう。

 

 

そしてもう1つ。

フラクタル心理学の理論の中に、兄弟順によるこだわりの違いというものがあります。

 

第一子が欲しいものは、「地位、名誉、お金」

中間子が欲しいのは、「自由、自立、革新」

末子が欲しいのは、「保護、共感」

 

私は長女だから第一子です。

最初のブログ「まさかの交通事故の理由」で紹介した事故の理由にプラスして、

仕事を休んでも誰にも文句を言われないような絶対的な理由が必要だったんです。それが「地位、名誉」

 

それが、「交通事故に遭ったかわいそうな私」でした。

だから、休む必要がある!とPRし、人から同情され自分の地位を明らかにしなければいけなかったのではと思ったわけです。

 

深層心理の中に、第一子的思想が、その時の状況を引き寄せていた可能性もあるかもね、なんて思い至って、

 

ゾゾゾ

 

としました。

 

 

交通事故という現われ方で、地位、名誉、お金はいりません!!!

 

 

私の深層心理を教育し直さなければなりません。

 

 

実は、それ以降も私は実は交通事故関連で、お金を得ています。

 

 

その1

駐車場に停めていた車に、居眠り運転の車が飛び込んでバンパーが折れた。実は数日前に車に擦り傷ができて、がっかりしてました。

それも合わせて全部相手の保険で修理してもらい、示談金5万円もらいました。

 

その2

立体駐車場で後ろから追突されました。

翌日から雲仙に旅行に行く予定だったので、すぐに保険会社経由でレンタカーを手配してもらいました。届いたのはなんと新車。

実は、乗っていた車が古くて峠を越えられなさそうだったので、新車が届いて超ラッキー!

 

その3

省略。笑 。車が故障したおかげでかなり得しました。

 

 

最初の交通事故で懲りて、「事故でもラッキーを引き寄せる」と決めたからか、一見アンラッキーな出来事でもラッキーだけが起こるようになりました(^^)

 

もっといいのは、そもそも事故にあわないことですよね。

まだまだ深層心理の教育が必要かも。

 

 

でも今は、車がないのでちゃんと教育できてるかもです。笑。

それに車を持たないことで、かなり利益が増えてるから、ちゃんと現実化してるかもね。笑

 

 

もし、事故が多い方はもしかしたら、それがあることでなんらかのメリットを得ているかもしれません。

 

そんなことあるわけない、と思うと思います。

でも、その代償を払うことで得られていることがあるとしたら、と考えてみると見つかるかもですよ。

 

でも、代償を得てのメリットって嬉しくないですよね。

その心の勘違い、思い込みをカウンセリングで修正してみませんか?

 

カウンセリングサロンふわりでは、深層心理にどんな勘違いが眠っているのかチェックして、心の修正法をアドバイスしています。

 

そんなの思い当たらない、という方は、生年月日から心の癖を読み解く星の錬金術の占いを参考にして、心の修正方法をアドバイスします。

 

自分で自覚して修正していくので、気がついたら元に戻っていたというリスクが少ないのが特徴です。

 

他人任せにするより、自分で対処できる方がずっと自分の人生を変えることができます。それが自立です!

 

カウンセリングサロン ふわりにご相談くださいませ(^^)

 

※実体験豊富なカウンセラーが、マンツーマンで対応します。笑

 

ご予約はホームページから。

http://www.yururun.com