催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

カウンセリング

カウンセリングでおなかの脂肪を減らす


先週末の話。
ふとしたことから、知人のカウンセリングをすることになりました。

 

(※知人の了解を得て書いています)
今知人は、夢を叶えるために新たな試みをどんどん実行しています。
普段話す言葉も表情も、環境も変化している最中で、
そばで見ている私にとっても、彼女の変化は刺激的!(^^)


 

でも、ひとつだけなかなか先へ進まないことがあるようで…。
それは、おなかの脂肪。

 

上半身と下半身は、すっきりしてきて、腹部の筋肉も鍛えられてきたように感じるのに、その筋肉の上に乗っている脂肪が減らないらしいのです。

 

じゃあ、どんな思考が脂肪を減らす行動を邪魔をしているのか、探っていこうということになって、カウンセリングしたわけです。

 

続く

 

世の中のニュースから自分の心を知る

今、フラクタル心理学の理論を利用したカウンセリング手法を学んでいます。

 

今までにもいくつものカウンセリング手法を学んできましたが、フラクタル心理学の手法は、他にはないユニークな方法で、しかも変化が早いと私は思っています。

 

先日受講したカウンセラー養成講座の中で、「占い知らずの未来予知ができるLDP講座」の手法について、講座開催ができる内容を学びました。

 

これは、マスターコース中級の中でも学びましたし、単独のLDP講座でも受講したので、今回で3回目の学びでした。

 

LDPとは、ライフ デコーディング プロシージャの略で、人生を解読する手法の略です。

 

私は、長年IT業界にいたので、デコーディング というキーワードは、よく耳にしていました。

 

暗号化されたデータなどを解析して元のデータに復元するとか、元の形に戻すとか、そういう意味で使っていました。

 

言葉の意味から分かるように、世の中に溢れているニュースなのに、なぜか気になるニュースがある時、

その中に私たちの心との共通点が隠れているのだけど、データー変換されてわからないから、

 

それをデーター変換して、心とニュースの出来事の共通点を見つけ出して、現在の心の問題とこれから起こり得ることを予測して、

 

自分の未来を変えよう!

 

というのがLDPです。

 

 

なぜ、ブログで

LDPを紹介しようと思ったかというと、私の心が一週間で変わったということを実感できたからなんです。

 

先週受講した養成講座の中で、私がLDPしたニュースは、高速道路で迷惑運転の被害で事故死した件でした。

 

私が注目したのは被害にあったご夫婦の方ではなくて、一緒の車に乗っていた娘さんの行動。

 

とても怖かったと思うんです。高速道路だし、車の外の人は怒鳴っているし。子供だし!

その時後部座席に座っていた娘さんは、LINEで友達に「ヤバイ」とメッセージを送っていて、そのことが何となく気になっていました。

 

そこから読み取った私の心の状態のキーワードは(娘さんのことではなく、私のことです)、「自分で行動する」「傍観者ではなく自分が主役になる」「都合の悪いことから逃げるな」でした。

 

そのまま、自分の心の中にあるその行動パターンを続けると、大切なものを失う可能性があるかも。

この娘さんのことを例に取れば、自分を養う、もしくは頼りにしている相手を失うことにもつながるかも。

 

それは嫌だー!

 

いろいろ思い当たることがあり、講座が終わった後に、落ち込んじゃいました。

 

ただLDPの理論でいうと、

自分から遠い出来事=ニュース

自分から遠い出来事=まだ自分には起こっていない

自分から遠い出来事=これから起こる可能性がある

自分から遠い出来事=自分で認識できていない位の小さな心の問題

小さな心の問題を拡大鏡で大きくした出来事=気になるニュース

 

ということで、今から自分の心を改善することで、十分未来を変えることができるということです。

 

慌てた私は、自分の心を修正するカードを作って毎日眺めていました。

だって、大切な人を失うなんて、絶対に嫌!

 



 

そして、今朝起こったこと!

なんと!

 

またまた気になるニュースが!

それは、このニュースです(^^)

https://ameblo.jp/konomimashita/entry-12319201270.html

 

女優の間下このみさんも似たような事件にあっていたというブログの内容がニュースになっていました。

 

気になって読んでみたら、なんと、私のキーワードの結果みたい。

間下このみさんは、車を降りて近くの交番へ飛び込み、自ら助けを求めたんです。

 

「逃げるな」「自ら行動する」「傍観者でなく当事者として対応」

 

そうすることで、間下このみさんは、家族を守り、自らもまもったんですね。

 

このニュースを発見したことで、私の心も多分、修正することができたんじゃないかと思ったわけ。

 

なんだか嬉しかったので、ブログで報告してみました。

 

 

12月になったら、LDP講座を開こうかな(^^)

興味がある方は、コメント下さいませ(^^)

 

トップページ



 

離婚したくない!ホントに?

15年位前に八方塞がりのような状況を感じて相談先を求めて、離婚カウンセラーに電話カウンセリングを受けたことがあります。

そして、その後、弁護士にも相談しましたが、そういう案件には対応したことがないと、、、。

あの時はあの時で、八方塞がり感はあったけど、その後にもっと大きくなって別の形の苦境が大きな波のようにドブ〜ンと私の人生をかっさらっていきました。

こんな感じで、最初は小さなタネだったのに、大人になるにつれて、タネが大きな木に育っていって、大きな影響になってきますよ〜

というのを私は実際に体験しています。
夫婦関係がうまくいってなかった時に「今の私」に会っていたらなあ。

そうしたら2回も離婚しなくて済んだのに、

と思ったことがありましたが、

いやいや、、、、

夫婦関係を上手くいかなくして、一人で自由にお金を稼いで自分の好きなことをすることを望んだみたいなんです。

誰が?

私の深層心理が(*_*)

なぜそう思ってしまったのかが、ポイントです。

普通のカウンセリングや催眠療法では見ていない部分を見つける手法を使いっているのが、「ふわり」のカウンセリングと催眠療法です。

昔の私に言いたいわ(^^)
ほんとは離婚したかったんでしょ!と。
怒られるかな(^^;;

怒られるよね。笑

トップページ



 

被害者の意識を感じたらラッキー


 

被害者の気持ちを自分の心の中に感じたら、それを大げさなくらい大きくして自分の中で感じてみましょう。

 

被害者の気持ちとは、

傷つけられた、とか

騙された、とか、

いじめられた、とか

 

自分ではない周りの人に、その出来事を起こされたと感じて生まれた感情です。

 

実は、その感情を発見したら、超ラッキーなんです。

 

自分が望んでいない環境を生み出すような出来事の根っこ原因にたどり着く入り口に立っているようなものだからです。

 

 

白雪姫の物語に例えると、

白雪姫に毒リンゴを食べさせて、姫をこの世から葬り去ろうとする女王の存在は、一般的には悪者です。

そして、白雪姫は被害者に見えるでしょう。

しかし、最終的な結果としては、女王を処罰し殺してしまいます(追放したと書かれている話もあります)。

 

 

結果そのものが自分が望んでいることと、考えたらどう思いますか?

 

普段、私たちは、被害者に同情することが多いのでは?

自分で好きに何らかの被害に合うわけないじゃない!

そうですよね。嫌な目にあうわけですから、好き好んでそんなこと!

 

実は、そこ、被害者の思想が自分の人生の足を引っ張っていることが多いみたいですよ。

 

白雪姫の例にしてみると

▼継母から意地悪される

▼狩人に森に置き去りにされる(願望達成)

▼毒リンゴを食べて仮死状態

▼眠っている間に王子様ゲット

▼目覚める

▼王子様との結婚式

▼女王の死

 

結果が自分の望みと考えると、白雪姫の望みは「女王の死」です。

 

そのために、自分が被害者になり、小人の同情を集めて、女王を死に追いやる(ディズニーの話)、

 

自分が被害者になり、女王に焼けた鉄の靴を履かせ死に追いやる(グリム童話の話)。

 

白雪姫は被害者になることで、目的を達成しています。

自分をいじめる女王の存在が邪魔だった。

 

あれ?

 

女王は女王で、白雪姫が邪魔だったわけですよね。

 

自分の思いは相手の思い、

相手の思いは自分の思い なのかもですよ。

 

そう考えると、被害者なんて存在しないと思いませんか?

 

ここで、被害者の意識を大きくしてみるのは、その感情を人にぶつけるのではなく、我慢してないようにするのではなく、自分の中にその意識があることを、まずははっきり感じて欲しいから。

 

今起こっている出来事のほとんどの原因は、どんなことでもスタートは自分にあります。

 

目の前にいる人物や環境、出来事がその感情のスイッチを押してくれただけで、原因は目の前にはいないのです。

 

被害者心の大小に関わらず、それと似たような過去があったり、

自分が加害者側にいたり、

自分が傍観者になっていたりする、

可能性があります。

 

 

今までにも似たようなシチュエーションで、何度も繰り返しているなら、自分の中に、自分を負の状況へとナビゲートして目的を得ようとする自動操縦モードが心の中で発動して、知らず知らずのうちに動いているということ。

 

つまり、自分が好きではないパターンで目的を達成するように、自分の心から操られている人形状態。

心の意図に合わせて、私たちは自動的に思考し、行動しています。

 

 

そのままにしていると、似たような出来事がもっと大きくなって、未来に望まない出来事が繰り返される可能性もあります。

 

 

そんなの嫌だと思いませんか?

 

 

自分にとって良い出来事ならいいのですが、被害者と感じている出来事が発生した上での成功なら、その成功パターンじゃない方法を選ぶことができますよ。

 

選びたいならば、ここで原因となった感情を探してみるのが得策です。

 

 

 

というわけで、まずは被害者の感情を大きく感じて欲しいのです。

 

 

被害者意識の感情を楯にして、その内側に隠れている本当の自分の感情や望みを探していきます。

 

 

そして、その感情が元にして、自分をどのように間違った自動操縦をしているかを探し出すのです。

 

 

この方法、なかなか1人ではできません。

被害者意識とその時に感じている感情を見つけたら、カウンセラーの助けを借りてくださいね。

 

 

カウンセリングサロンふわりでは、負の連鎖を止めるお手伝いをしています。

 

ここから先は、お任せください(^^)

 

カウンセリングサロンふわりhttp://www.yururun.com

透視能力ってすごい

透視能力ってすごい!

手稲ほのかで出張鑑定をするときは、ビューティー&ヒーリング協会の所属占い師として、2人の占い師が派遣されることが多いです。

 

タロットや透視能力がある方など、様々な方法で占いサービスを提供しています。

 

透視能力って、凄く人気があって、私のお隣にいる占い師さんは行列待ち。

『透視ですか?』と聞かれて

『私は星の錬金術なんです(^^)』

と答えると

『じゃ、いいです』

と返され

軽くショックを受けてる私。苦笑
透視ってすごいな。

みたいなコンプレックスが私の中から顔を出す。苦笑

『私にはできない』という思考パターン絶賛発動中です!
この思いのタネがあると、そういう状況を創り上げて、現実に遭遇するシーンが多くなってきちゃうんですよー。泣

 

だから、自分で自分のことを、どう感じているかを知ることが、自分を変えるポイントになります。

 

いわば、コンプレックスを知った時が変わるチャーンス!

 

まずは敵を知ること!
自分を変えたいなら、これが鉄則。

 

なのに、
『わからない』
『私には無理』
『難しい』
『どうせ私にはできない』
『あいつが悪い、私は被害者だ』

 

と言って、問題を自分では見ようとしない。
被害者意識がある時、自分も同じことをどこかでやってます。問題は自分にあるんです。

 

おーい、逃げてるよー!

 

 

そんな頃に、
古い知り合いの霊能力者さんのブログを発見。
とても美しく聡明なママさん霊能力者で、相談者が来る前日から、イメージがどんどん入ってくる霊媒体質。
『彼女、前よりもさらにパイプが太くなったんだ!
凄いなあ〜』

と思う私。

ほのかの透視能力者に感じてたのと同じ気持ちですね。苦笑

 

でも、ブログを読んでいるうちに気づきました。
相談者の男性経営者が商売がうまくいかなくて経営相談に来ている事例がありました。
結論としては『お客様にいい顔』をしている自分と
『お客様をバカにしてペロッとしたを出してる自分』がいて、

後者の自分が知らず知らずのうちに、商売の邪魔になっていたという結末。
その時に、私はハッと気がつきました。

 

『あっ!
私、その心の読み取りできてる!』

 

星の錬金術でも、外には見せない裏側の自分を発見できるし、

フラクタル心理学でも自分の望みを叶えるために、現実を歪曲して、自分の都合のいいように現実を作り上げたりしていないかなどを探り当てる方法があります。
私は2つの方法を使って分析できます。

さらにいうなら、なぜそうなってしまうのかの心の動きの根本的な問題点まで遡って、修正していただく心の処方箋もお渡しできます。

 

そして、探り当てるための時間は10分あれば十分です。

 

深く知る時間は必要だけど、霊能力や透視能力者が、最初に言い当てるのは、ほんの短い時間で簡単な言葉しか使ってないですよね。

 

霊能力も透視能力も1つの技術にしか過ぎません。
私は私が身につけた方法で、サービスを提供すればいい。

 

結果は同じ!

なーんだ、私できてるじゃん!
『わたしにはできない』という思考のタネ。
これを『私できてた』に変えよう!
そのスキルが本当に欲しければ、勉強しよう!

でもね、そのスキルだって、自分が本当に欲しいかどうか怪しいですよ。

簡単に手に入らなければ、いーらないっていう程度なら、それは違うでしょ。

欲しい、欲しいも別の罠。
それは、また別の機会に話します(^^)

くそ真面目に人生を変えたい

フラクタル心理学を学んでから、カウンセリングサロンふわり のカウンセリング手法が、ちょっと

いや、

かなり変わりました。

インナーチャイルドの癒しを超え、根本的に人生を変える育て直しに着目するようになったからです。

例えば、雨の日に小さな穴の空いた靴を履いて歩いていたら、その穴から水が入ってきて靴の中が濡れてしまいます。

家に帰ってから靴を乾かせば、またその靴を履くことはできるでしょう。穴が小さければ晴れている間は、気になりません。穴が空いていることもごまかせますしね。

だけど履き続けていると穴は大きくなってきます。無視していると、もっと被害が大きくなるはず。

穴を塞ぐか別の靴を履かない限り、雨が降ったら、また同じことの繰り返しです。

なぜなら原因は解消していないから。

ここでいう『穴』とは、濡れる原因です。

私たちが何度も同じトラブルや似たようなパターンを繰り返している時、『穴』が野放しになっているということ。

インナーチャイルドの癒しが、その場しのぎの癒しになっているケースは要注意です。

その癒しとは、

ただ寄り添うだけ

気持ちをわかってあげる

なだめてあげる

夢を叶えてあげる

などなど。

クライアントさんの状況に合わせて、対応内容は変えていますが、本当に自分の人生を根本的に変えたいと望まれているときは、癒し以上の荒療治が必要になります。

私は真剣に、くそ真面目に、お客様が本来の輝きを放つ人生になるようにお手伝いすることを決意しています。

だから

癒しだけのカウンセリングやセラピー、占いは、できなくなってしまいました。

靴に穴が空いていれば、空いている穴をまず見てもらいます。

修理ができれば修理する方法を伝えるし、新しい靴をお勧めした方がいいこともあります。

 

行き先が明確に定まっていれば、その行き先にあった靴へ履き替えるようにアドバイスすることもあります。

 

人生という名の道をその時々にあった靴をチョイスしながら楽々歩いて行きませんか?

いつでもお待ちしています。

 

インナーチャイルドと犠牲者の思想

あなたの兄弟順位は何番目ですか?

私は三人兄弟の1番目。第一子です。

なぜ、いきなり兄弟順位のことを聞いたのかの種明かしは、最後に書きますね。

さて、インナーチャイルドと犠牲者の思想って、すごく似てるんです。

犠牲を感じてる時って、

◯◯してもらえない、とか

私はこんなに◯◯してるのに、とか

なぜわたしだけこんな目に!、とか

してもらえない不満がたまっているとき。

自分は我慢して誰かを優先させて、自分は後回しというのも、諦めが積もり積もって、

「犠牲になった」という思想になりがち。

この思想の動き。

あなたの兄弟順位の影響も受けているって知っていましたか?

兄弟って、

一人っ子、二人兄弟、三人兄弟、それ以上などの組み合わせがありますよね。

私は第一子で、3つ離れた弟と4つ離れた弟がいます。

男女の関係なく(現代では)、夫婦にとって、そして親族にとって(初孫だったら特に)待望の第一子です。

第一子は次の兄弟が生まれるでの間、王様、女王様として君臨しちゃうのです。

自分が思うようにならない時には泣くだけで召使いたち(母親や大人)が飛んできて世話を焼いてくれます。

蝶よ花よと面倒を見てくれるわけです。そして、その子供の頃の体験は王様、女王様の体験として、第一子の脳にしっかり刻まれます。

第二子(中間子)、第三子(末っ子)も出産からしばらくの間、王様、女王様になれますが、第一子に比べると、そこまで特別ではありません。

親も祖父母も2人目となると、いろいろ気持ちの余裕がありますし、慣れてきますから。

二人目ともなれば、泣いても直ぐに飛んでこないケースも増えてくるでしょう。

私の場合、3年間女王様として君臨した後、その地位を弟たちによって剥奪されました。

私の弟たちは年子だから余計私は母親を独占することは無理になっちゃったんです。そして、三番目の弟は生まれつき心臓が悪く、母親はずっと弟につきっきりで、家にはほとんどいませんでした。

私は完全に召使いを失ってしまったと思ったようです。

その犠牲者意識は相当なものでした。

フラクタル心理学を学んでから、その恨みの量がかなりあったのだと思い知りました。

この犠牲者の思想は、かなり根深いんです。さらに言うなら、ほとんどの第一子はこれを持っているはずです。

そして、それが大人になってから、いろいろな思い違いを生み出すのです。

『毒母』もその1つ。

実は、毒を持っているのは母ではなく自分なんです。

自分の都合のいい記憶(勘違い)による恨みという『毒』をね。

カウンセリングサロンふわり では、その自分の『毒』を解毒するお手伝いをしています。

自分の人生から『毒』をなくしたい方、お気軽に相談くださいませ。

都合がいい「愛」の解釈


 

マスターコースの入門では、

フラクタル心理学の理論で、インナーチャイルドの定義を学びました。


たぶん、スピリチュアル的および一般的な心理学で定義されているインナーチャイルドの定義と、フラクタル心理学での定義はちょっと趣が違うと思います。

趣が違うというのは、インナーチャイルドに対して、フラクタル心理学では、とても現実的な解釈をしていると私が感じているからです。

 

なぜかというと、私、スピリチュアル的な考えには、タイミングが悪かったとか、運命だったとか、自分ではどうにもできないというものがあるように感じるけど、

 

フラクタル心理学では、今起こっていることの中心にいるのは
「自分」だけであり、そこには他の誰もいないから。

 

自分で出来事を起こし、創り出した現実は、自分で変えていくことができるんです。


 

わたし的には、そこがとてもしっくりくるのね。

 

「愛」についての解釈も、
「無償の愛」「真実の愛」「本当の愛」など
いろんな表現をするけれど、

 

「愛」という言葉やカタチで、
自分にとって都合がいい「愛」の解釈を
していることだってありそう。


 

「愛って何?」

 

という問いを何度も自分に聞いてみると、
なんともかなり都合がいい「愛」の定義を作って
美化していたことに気が付き、

 

シマッタ!

シマッタ!

シマッタ!

 

と思うことの連続。

 

 

自分の過去を振り返ると
いい加減で、傲慢で、なんとも隠れたくなるような
自分勝手な「愛の解釈」の連続なんだもの。

 

 

ここ、かなり大事です。

 

 

何かを与えること、もらうことを「愛」と勘違いしていなかった?

優しく包み込むことだけを「愛」と思っていなかった?

すべてに寛容であることが「愛」だと感じていなかった?

優しい女神のような笑顔が「愛」のような気になっていなかった?

 

 

愛してくれるんだったら○○してくれて
当たり前でしょ!!!

 

 

いや、いや、いや、いや、

 

 

それ、

自分に都合がいい「愛」になってるよ。

 

 

与えない「愛」だってあるんです。

厳しく怒ることが「愛」がゆえのことだってあるし、

般若のような怖さが「最上の愛」だってことも。

 

 

ほら、

一般的な言葉だってあるじゃない。

 

 

「心を鬼にして」ってやつ。

 

 

前者の「愛」だけが「愛」だと思っていたら、
いろんなことを誤解している可能性があると思わない?

 

 

フラクタル心理学のマスターコース入門だけ受講しても、
甘えん坊で、
傲慢で、
したたかで、
自分の都合がいいように「愛」を操る

裏表がある狡猾なインナーチャイルドに気づくんです。

 

 

それに気が付くと、

 

アイタ、タ、タ、タ、タ、タ

 

って、心が恥ずかしさと罪悪感で
ズキズキ痛くなっちゃうけど、

 

気づけば改善することができるの。

 

大人への階段を上り始めると、
いろいろなことが変わり始めるので
心が修正され始めていることを実感できると思います。

 

 

たとえば「母を訪ねて三千里」のマルコ少年。
愛しい愛しいお母さんを探して旅に出るけど、
情報を頼りにお母さんがいる町に到着すると、

すでの母はどこかへ移動していて、
マルコ少年は寂しさと悔しさで涙…

テレビでアニメ番組をみていた私は涙してました。
「あぁ、マルコったら、かわいそう」

 

ち、ちがーーーう。
母に会えなくて可哀そうな子どもの自分を演出して
(無意識に)
大人の同情を買いながら、何カ国も一人で
いろんな体験をしながら旅をしたかったという
深層心理が母を転々と移動させてしまったとしたら、
本当の極悪人はマルコでは、、、、

 

自分を中心において、メリットを得ているとしたらという
観点で物事を捉えるようにすると
見ている景色が同じでも、その解釈が変わります。

 

マルコは、本当にお母さんに会いたかったのかな?
「それ、本心?」って聞きたいくらい。
アニメだから聞けないけど(笑)


 

さて、私がフラクタル心理学を学び始めてから
「カウンセリングサロン ふわり」をご利用いただいたお客様から
その後の変化を聞くと、

大変な状況にありながらも
現実を直視し対応できるようになった

との結果報告を聞いています。

 

それも、、、、
1
1時間のカウンセリングだけで。

 

お母さんに会いたいのに、なかなか
会えないという現実を作ったマルコになるか、


会いたいと思ったときに 、すぐに会える
マルコ(現実をサッサと変える)になるかは、


 

あなた次第ですよ~

 

どんな感じのカウンセリングなのかな?と
興味があれば、「カウンセリングサロンふわり」の
セッションの中でも体験していただけます。

行動する意欲のきっかけ

ハートクリスタル

カウンセリングスペースとセラピールーム、
寝室、その他、引き出しの中まで断捨離をしたせいなのか、

ブログを書く意欲が湧いてきました。

 

ここのところ、職業・商業ライターがメインで
カウンセリングや星の錬金術関連のブログやSNSの記事を
執筆するエネルギーがカツカツでした。

 

掃除したら書けるようになるとは。

 

ちなみに、今回やったのは断捨離だけではなく、
必要なものをちゃんと日の目にあてて使うということもしました。

 

家具の隙間に収納していたテーブルを出して、
断捨離した場所へ置いてみたり、

出しっぱなしにしていたマッサージベッドを
使わないときには片付け、
お客様の予約が入ったときにすぐに組み立てやすい場所に置いてみたり、

 

そして古い書類は処分しました。

 

仕事とプライベートが、混在していた私の生活スペースが、
仕事の場所、プライベートの場所とにきちんと分かれました。

 

サロンが使いやすくなったのはもちろんですが、
それよりも何よりも私の気分が一新されてねえ。

とても清々しいのです(^^)

 

断捨離をやることになった一番のきっかけは、
フラクタル心理学のマスターコース中級の修了です。

 

マスターコースの入門から中級まで

私がどんなことを学んできたのかを紹介しますね。

 

つづく

サロンを大幅リニューアルしました



サロンのカウンセリングルームと、
催眠療法&サウンドヒーリング ルームを大幅に模様替えしました。

風通しもエネルギーの流れも格段に良くなりました。

リニューアル後、北海道内からいらしたお客様も気持ちよくセッションを受けていただいたよう(^^)

問題点と原因、解消方法までスッキリ整理できて、満足いただくことができたみたい。

良かったあ。

 

★白い椅子がお客様の指定席です。
白い椅子の正面には、ガラスのホワイトボードがあり、
心の仕組みや動きを図解して説明していきます。

 

使用施術/
催眠療法(ヒプノセラピー)、
心理カウンセリング(フラクタル心理学)、
星の錬金術

1.『カウンセリング』で現状把握
2.『催眠療法』で深層心理を自覚
3.2を踏まえ『カウンセリング』で現状を変化させるアドバイス
4.時間があればおまけ『星の錬金術』
今の状況が宿命なら、改善する方法を統計学から推測

http://www.yururun.com