札幌の催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間関係・うつなど、人生が思うようにならないのは母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

カウンセリング

2月にビジネスマインド講座を開催します

星の錬金術とフラクタル心理学。
ここ最近、フラクタル心理学の理論を自分の内側へ落とし込むことに、力を入れています。

 

正月にいろいろなビジネス書や健康に関する本を、文章表現技術のスキルアップのための勉強をしていて気づいたことがあります。

 


ビジネス書、健康本も、すべてフラクタル心理学の理論である「相似形」に当てはめられるってことです。

 

久しぶりに中国の陰陽五行説をベースにした「星の錬金術」を使って、鑑定書を作成しているのですが、、、、

これがまた、「相似形」の嵐!!
親=上司=社会

 

面白い!

 

昨日読んだ、経営コンサルタントが執筆したビジネス書では、

「部下はリーダーの真似をする」
「子どもは親の真似をする」
「人のせいにすると成長が止まる」

などなど、フラクタル心理学と共通の話しがいくつも出てきました。

 

そして、
「目標を達成するためには、
『心技体』の 『心』 が一番大切」
≪ 最大の敵は 自分の内なる声! ≫

こういうフレーズは、今までにも何回も目にしてきたことでしが、改めて読んでみると、フラクタル心理学は現実的な理論なんだと、どんどん腑に落ちてきます。

 

というわけで、、、、
フラクタル心理学の
「ビジネスマインド講座」にますます自信が出てきました。
2月に講座を開きますので、興味がある方は受けてみませんか?

ビジネスマインド講座は、
このような方におすすめです。

◎これからビジネスをやろうとする方
◎これから社会復帰しようとする方
◎自分の仕事に自信が持てない方

◆ビジネスマインド講座 開催します!
2月4日(日)10時~13時
場所/ふわりサロン(札幌市西区琴似)
料金/6480円(テキスト込み)
申込み/HP問い合せページから

http://www.yururun.com/

被害者の意識は敵を増やす

親のせい、夫のせい、妻のせい、環境のせい、
会社のせい、上司のせい、人間関係のせい、
社会のせい、身体のせい、病気のせい。

 

いろんな“せい”がある。
何かの“せい”にするのは、楽だし、
責任も取らなくていいし、逃げられる。


 

誰かや何かのせいにできないときは、
自分で向き合うしかないから、
苦しかったり、辛かったり、
悲しかったり、悔しかったりする。
そんなときは、心が
とってもカサカサしてしまう…

 

愚痴ってても何にも変わらないから
いち早く変えたいんだったら、
自分で行動するしかない。

 

そういえば、前の会社に所属していたとき、
とある行政の大きな仕事のコンペに負けて、
悔しい思いをしたことがある。

 

そして、後日呼び出されて、
コンペに負けたことをトップに叱責された。

 

一生懸命頑張って、プランを練って、
資料を作り、プレゼンして、全力を尽くしたけど負けた。
その過程も見てないのに、叱責するなんてひどい!

負けた相手は、
関東の大手広告代理店だった。
所詮、相手にならなかった。

 

と、当時は思っていた。

 

今なぜか急に思い出してしまったのだけれど、
結局、私は負けた事実を認めてなかった。

 

自分の力不足を認めず傲慢な態度をしていたんだと、

今ではわかる。
全然、素直じゃなかった。。。

 

そのときは、悔しさをバネにして、
その後の別の行政のコンペを立て続けに取ることができた。

 

それで、コンペに勝って見返した!

なんて、思ってた。
やっぱり、傲慢だ、、、、

叱責されたからこそ、さらなる力を出せたのかもしれない。

 

その力を出すために、叱責した人が、
悪役を担ってくれた(その人が意識していなくても)のだから、
私は感謝しなくちゃいけなかったのに。

ああ、ごめんなさい。
私、歴代の職場の上司や社長に、
喧嘩ばっかり、ふっかけてきたかも。

燃える闘魂で、戦いばかり挑んできたのよ。苦笑

本当に、ごめんなさい。

 

年上の人や、職場の上司への態度は、
自分の親への思いや行動パターンと
ほぼ同じです。

 

はい。私は長い間、親を敵視してきました。
だからこそ、身に付けた力があるとは思うけど、
その分、かなりの遠回りをしてきたと思います。

 

親が嫌いと公言している方へ

それは、自分の人生の可能性を狭めているのと同じです。

その考え変えた方がずっと幸せになれますよ。

どうやって変えたらいいかわからなければ、
カウンセリングサロンふわり にご相談ください。

トップページ

周りの困ったちゃんを変える魔法



昨日は「人を変える魔法」のショート講座(2時間)を開催しました。

 

個人カウンセリングとはまた違って、

心の仕組みの基礎知識と、目の前の困った人がなぜ現れるのか、

そして、その解決方法と事例紹介も含めて、お伝えしました。
「え。。。

そんな心仕組みになっているんなんて。

オソロシイ」

 

と、つぶやく受講生さん。

 
はい。この魔法を使って、あなたの周りの困ったちゃんを変えてくださーい。

 
魔法を使う前に、ちょっとアイタタタなこともあるけど、それがポイントです!
キレイゴトや逃げの気持ちがあると、魔法の効きが悪くなるの〜。
(スピリチュアル系ではなくて、心理学のコツの部分をお伝えしています)

 

九州大学医学部の名誉教授井口潔先生に、子供の脳の発達について講義を受けた時に、私が衝撃を受けたのは

「子どもはケモノ!」という言葉でした。
人という種類の動物として生まれたケモノを、人間として育てるのが教育で、その教育は10歳までが重要と教えてもらいました。

 

ケモノを躾けることで人となる!

 

脳の基礎は5〜6歳までの間に形成されるという説もあります。

 

ということで、それに関係するワークを中心にした、ショート講座の内容になっています。
魔法=普段に使える知恵 をお伝えします。
1月の開催は、6日(土曜日)10時〜12時までです。
テキスト付きで6480円です(^^)
場所は琴似のふわりサロン。
定員4人。
お申し込みは、ホームページの問い合わせページから。

講師/フラクタル心理学講師 古賀里香

〜〜〜〜〜

  1. こんな方に魔法をかけましょう!
~友達に対して~
・いつも約束を破るので困っている
・お金を貸したのに返してもらってない
・陰で私の悪口を言ってる
~上司、部下に対して~
・何かと仕事を押し付けてくる
・都合の悪いことは人のせいにする
・責任感がない

~妻、夫、父、母に対して~
・やるべきことをきちんとやらない
・思いやりが足りない
・生活態度がだらしない
・家族に迷惑をかける

~子どもに対して~

よその子に乱暴をはたらく
・兄弟同士、仲が悪い
・親を馬鹿にして、尊敬しない

半世紀続くどうでもいい癖

癖って何で癖になるのでしょうね?

私ね、爪を隠す癖があるんです。
とても不自然に手首をねじって小指の爪が見えないようにする癖。

 



 

今、意識して同じようにしようと思ったら、何故かできない。笑

 

机の上に手を出しているときだけの癖で、気がつくと小指の爪を隠してるの。

 

はっきり覚えてます。この癖は小学生の時にできた癖。

 

理由は…

 

 

 

 

母のマニキュアを小指に塗って登校して、先生や親に見つからないように小指を曲げて、手首をねじって。苦笑

 

どれくらいそれをやっていたのかは覚えてないけど、洒落っ気が出てきた頃だから、小学校の高学年の時かなあ?

 

それも長くても1週間ぐらいだと思うのよ。

それが半世紀近く続いているなんてね。苦笑

 

未だに小指の爪を隠してる。

 

笑っちゃう。

今マニキュアつけてたって、誰にも怒られないのに。

 

子供の頃についた癖って、行動だけじゃなく、考え方、思考も強い影響を与えてるって知ってますか?

 

 

子どもの時と大人になってからでは、全く事情が違うし、環境も違うのに、勝手に自動運転になっている体と心。

 

それを今、大人になっても気がつかずに、無意識にやっているとしたら?

 

小指の爪を隠すようなことなら、現実社会では、そんなに影響はないと思うけど、

 

影響が出ているようなことだったら、ちょっと怖い。

 

例えば、気がつくと、小指で鼻くそ掘ってるとか。笑

 

それ、ステキな大人の女性としては絶対に治したほうがいい。笑

 

あ、私にはそんな癖はないですが、考え方の癖はあるなあ。

 

子どもの頃に決めた考え方の癖。

 

フラクタル心理学を学び始めてから、いくつもの癖に気がついて、ガッカリしたり、恥ずかしかったり。

 

でも、気がついたら意識して治せばいい。

気がつかなかったら、探せばいい。その方法を一年かけてじっくり学びました。

 

自分を変えたい、性格を変えたい、現状を変えたいなどなどあったら、お気軽にご相談くださいね。

 

気がついていない癖も、気がつかない癖も、見つけて修正するまでサポートします(^^)

 

2回離婚した理由



私は、26歳で1回目の離婚を、40歳で2回目の離婚をしました。

 

両方とも私から申し出た離婚です。

1回目は、子どもが出来なかった苦しさを自分で勝手に深めてしまった結果。

でも、この1年、新たなカウンセリング理論を学んだことで、クリアしたと思ってました。

でも、クリアにはまだまだ足りなかったことが、今回受講していたカウンセラー養成講座の中で判明しました(@_@)

 

 

2回目の離婚は、離婚当時の理由としては「私は本当に幸せになりたい!」と思って、自分で決めた離婚でした。

 

再婚してから喘息を発症、

数年経ってから、元夫が在宅勤務になり私との生活時間が逆転、

その後、知らないうちに夫の単身赴任が決まり、別居生活へ突入、

夫の住宅ローンの支払いが滞るように、、、

同居している時から滞りがちでした。

 

一大決心してやり直そうと思い、札幌の家を人に貸して、私も東京へ転勤することを決め、夫と同居する提案するも断られ大ショック。

 

離婚後も、元夫のとばっちりと思うような大きな出来事も起こり、わたしの人生って何なんだ!と思ってきたところがありました。

 

一見すると、1回目の離婚と2回目の離婚原因は違うように見えるのですが、今回、カウンセラー養成講座を受けたことで、原因が同じだったことを思い知ったのです。

 

おまけに、子どもが出来ない理由も同じでした。

 

さらに言うなら、喘息になった理由も同じでした。

 

さらにさらに言うなら、2人目の夫を引き寄せた理由も同じでした。

 

因果応報は、過去から未来へと流れます。

親から子へと流れます。

自分から夫へと流れます。

自分から社会環境や対人関係へと流れます。

 

そんなカラクリの見極め方を学びました。

カラクリが見えるから、解決方法も見えるのです。

 

夫と姑も、子どもが出来ない自分の体も、私を育てた母親も、病気も、私が置かれた環境も

 

周りのせいではなかった。

 

味方になってくれない、わかってもらえないと思っていた夫の表れは、自分自身の心の表れでした。

 

どんどんひどくなっていた喘息症状も同じでした。

 

こうやって、過去を紐解いていくと、自分の心の醜い部分が明らかになっていく(@_@)

 

醜いこと、自分に都合が悪いこと、隠したくなるよね。

だから、問題を解決しづらくなる。

 

だって、認めたくないよね。

自分が正しいと思っているのだから。

そこがね、今現在の自分の脳の動き方になっているのです。

 

本人の自覚はないけど自分を正当化して事実を歪曲して周りを味方につけようとしたり、

事実に背を向けて相手を悪者にして無視したりね。

 

そこ!だよ。

一番見るところは!

 

 

そこを見れば、自分の人生、逆転できるよ。

 

でも、自分ではなかなかわからないし、変え方もわからない。

 

わからないのは当然です。

だからこそ、プロの力を助けを借りてください。

 

私、フラクタル心理学講師になりました。逆転の方法が分かったから、知り得たノウハウをちゃんと人に伝えていきます。

 

これからもよろしくお願いします。

ダイエット話その2

昨日、ダイエットに成功した話を書いたので、それにまつわる話を紹介。

 

成功の秘訣をガツンと言えばですね。

『甘えんな!コラ!』

な訳です。
いろいろ言い訳が多かったんですわ。わたし。

 

▼食べることの言い訳
今日は仕事頑張ったからご褒美。
疲れてるから栄養補給。
食べないと体力つかない。
忙しいから外食するしかない
ダイエットを意識した料理とかめんどくさい。

 

▼運動しない言い訳
時間がない
お金がない
膝が痛い
去年捻挫したから気をつけないと
喘息持ちだから急な運動は発作のもと

 

▼体の言い訳
40歳以降は痩せづらい
もともと痩せていたから痩せづらい
筋肉がないから燃焼しづらい

 

上記のこと、ほぼ全部、
自分の意識(思い込みと想像)で作って、痩せない自分を現実化していました。

 

ほら、
『思考は現実化する』ってよくいうじゃないですか。
あれの逆バージョンですよ。

 

言い訳も思考です。

 

喘息は病気だから変えようがないと思うかもだけど、

私、喘息の改善のために乳酸菌飲んだり、喘息の専門医にかかって治療を続けて数値も改善してきました。

 

発作の苦しさの感覚が体に残ってる。怖いし不安はある。

 

でも、治ってきている感覚はあるし、4年間発作は一度も起きてないし大丈夫という気持ちはありました。

過去は運動できなかったかもしれないけど、勇気を出してやってみたら今は違ってました。

今は大丈夫だったという経験を積むこと(運動すること)が安心になりました。

 

でも喘息が完治しているわけではないから、一定以上の運動をした時、息苦しくなったりもしました。

そんな時どうしたらいいんだろうと、ネットで調べてみたら自分でコントロールするための情報を手に入れることができました。

不安を解消する情報を得ることも、自信と安心につながります。

オリンピック選手の中にも、喘息の持病を持っている人もいるんですよ!

 

捻挫や膝痛だって、サポーターやテーピングなど、事前に道具を使って予防することだってできます。
道具も上手に使いましょ。

 

実は『心のトラブル』も同じです。

頑張ったね。
大変だったね。
よしよし。
もう大丈夫。
安心だよ。

と、褒めるのは第1段階で、

 

本当の望みを叶えたかったら、自分の都合のいいように作っていた現実を直視し、改善することが第2段階。

 

さっきの私の場合で言えば、
腰回りの二段腹や、現実を美化して食べる口実を作ってること。

そして、出来ない言い訳をしている自分を認めること。

 

認めないと変わらないので。

 

そして、出来る自分を信じる勇気。

『甘えんな!』なんです。

 

次の第3段階は、
あなたに対して厳しく当たる相手こそが、自分にとって最大に愛情を注いでいる人なんだと知ること。

ここ。なかなか出来ません。

あなたに愛情をくれる人の方が味方っぽいでしょ。
ケーキとか買ってくれる人、神さまみたい(^^)

 

でも違うんです。
本当に違うんです。
本当に本当に違うんです。

 

だって、ダイエット中なのにケーキ買ってくれるなんて、悪魔でしょ。

その人。

 

 

あなたに対して厳しい人ほど、自分を輝かせてくれたり、育ててくれる人。

そこを認められると世界が変わります。

ほんっと変わります。

ははは。
ダイエットの話が深くなってしまいました。笑

カウンセリングでおなかの脂肪を減らす


先週末の話。
ふとしたことから、知人のカウンセリングをすることになりました。

 

(※知人の了解を得て書いています)
今知人は、夢を叶えるために新たな試みをどんどん実行しています。
普段話す言葉も表情も、環境も変化している最中で、
そばで見ている私にとっても、彼女の変化は刺激的!(^^)


 

でも、ひとつだけなかなか先へ進まないことがあるようで…。
それは、おなかの脂肪。

 

上半身と下半身は、すっきりしてきて、腹部の筋肉も鍛えられてきたように感じるのに、その筋肉の上に乗っている脂肪が減らないらしいのです。

 

じゃあ、どんな思考が脂肪を減らす行動を邪魔をしているのか、探っていこうということになって、カウンセリングしたわけです。

 

続く

 

世の中のニュースから自分の心を知る

今、フラクタル心理学の理論を利用したカウンセリング手法を学んでいます。

 

今までにもいくつものカウンセリング手法を学んできましたが、フラクタル心理学の手法は、他にはないユニークな方法で、しかも変化が早いと私は思っています。

 

先日受講したカウンセラー養成講座の中で、「占い知らずの未来予知ができるLDP講座」の手法について、講座開催ができる内容を学びました。

 

これは、マスターコース中級の中でも学びましたし、単独のLDP講座でも受講したので、今回で3回目の学びでした。

 

LDPとは、ライフ デコーディング プロシージャの略で、人生を解読する手法の略です。

 

私は、長年IT業界にいたので、デコーディング というキーワードは、よく耳にしていました。

 

暗号化されたデータなどを解析して元のデータに復元するとか、元の形に戻すとか、そういう意味で使っていました。

 

言葉の意味から分かるように、世の中に溢れているニュースなのに、なぜか気になるニュースがある時、

その中に私たちの心との共通点が隠れているのだけど、データー変換されてわからないから、

 

それをデーター変換して、心とニュースの出来事の共通点を見つけ出して、現在の心の問題とこれから起こり得ることを予測して、

 

自分の未来を変えよう!

 

というのがLDPです。

 

 

なぜ、ブログで

LDPを紹介しようと思ったかというと、私の心が一週間で変わったということを実感できたからなんです。

 

先週受講した養成講座の中で、私がLDPしたニュースは、高速道路で迷惑運転の被害で事故死した件でした。

 

私が注目したのは被害にあったご夫婦の方ではなくて、一緒の車に乗っていた娘さんの行動。

 

とても怖かったと思うんです。高速道路だし、車の外の人は怒鳴っているし。子供だし!

その時後部座席に座っていた娘さんは、LINEで友達に「ヤバイ」とメッセージを送っていて、そのことが何となく気になっていました。

 

そこから読み取った私の心の状態のキーワードは(娘さんのことではなく、私のことです)、「自分で行動する」「傍観者ではなく自分が主役になる」「都合の悪いことから逃げるな」でした。

 

そのまま、自分の心の中にあるその行動パターンを続けると、大切なものを失う可能性があるかも。

この娘さんのことを例に取れば、自分を養う、もしくは頼りにしている相手を失うことにもつながるかも。

 

それは嫌だー!

 

いろいろ思い当たることがあり、講座が終わった後に、落ち込んじゃいました。

 

ただLDPの理論でいうと、

自分から遠い出来事=ニュース

自分から遠い出来事=まだ自分には起こっていない

自分から遠い出来事=これから起こる可能性がある

自分から遠い出来事=自分で認識できていない位の小さな心の問題

小さな心の問題を拡大鏡で大きくした出来事=気になるニュース

 

ということで、今から自分の心を改善することで、十分未来を変えることができるということです。

 

慌てた私は、自分の心を修正するカードを作って毎日眺めていました。

だって、大切な人を失うなんて、絶対に嫌!

 



 

そして、今朝起こったこと!

なんと!

 

またまた気になるニュースが!

それは、このニュースです(^^)

https://ameblo.jp/konomimashita/entry-12319201270.html

 

女優の間下このみさんも似たような事件にあっていたというブログの内容がニュースになっていました。

 

気になって読んでみたら、なんと、私のキーワードの結果みたい。

間下このみさんは、車を降りて近くの交番へ飛び込み、自ら助けを求めたんです。

 

「逃げるな」「自ら行動する」「傍観者でなく当事者として対応」

 

そうすることで、間下このみさんは、家族を守り、自らもまもったんですね。

 

このニュースを発見したことで、私の心も多分、修正することができたんじゃないかと思ったわけ。

 

なんだか嬉しかったので、ブログで報告してみました。

 

 

12月になったら、LDP講座を開こうかな(^^)

興味がある方は、コメント下さいませ(^^)

 

トップページ



 

離婚したくない!ホントに?

15年位前に八方塞がりのような状況を感じて相談先を求めて、離婚カウンセラーに電話カウンセリングを受けたことがあります。

そして、その後、弁護士にも相談しましたが、そういう案件には対応したことがないと、、、。

あの時はあの時で、八方塞がり感はあったけど、その後にもっと大きくなって別の形の苦境が大きな波のようにドブ〜ンと私の人生をかっさらっていきました。

こんな感じで、最初は小さなタネだったのに、大人になるにつれて、タネが大きな木に育っていって、大きな影響になってきますよ〜

というのを私は実際に体験しています。
夫婦関係がうまくいってなかった時に「今の私」に会っていたらなあ。

そうしたら2回も離婚しなくて済んだのに、

と思ったことがありましたが、

いやいや、、、、

夫婦関係を上手くいかなくして、一人で自由にお金を稼いで自分の好きなことをすることを望んだみたいなんです。

誰が?

私の深層心理が(*_*)

なぜそう思ってしまったのかが、ポイントです。

普通のカウンセリングや催眠療法では見ていない部分を見つける手法を使いっているのが、「ふわり」のカウンセリングと催眠療法です。

昔の私に言いたいわ(^^)
ほんとは離婚したかったんでしょ!と。
怒られるかな(^^;;

怒られるよね。笑

トップページ



 

被害者の意識を感じたらラッキー


 

被害者の気持ちを自分の心の中に感じたら、それを大げさなくらい大きくして自分の中で感じてみましょう。

 

被害者の気持ちとは、

傷つけられた、とか

騙された、とか、

いじめられた、とか

 

自分ではない周りの人に、その出来事を起こされたと感じて生まれた感情です。

 

実は、その感情を発見したら、超ラッキーなんです。

 

自分が望んでいない環境を生み出すような出来事の根っこ原因にたどり着く入り口に立っているようなものだからです。

 

 

白雪姫の物語に例えると、

白雪姫に毒リンゴを食べさせて、姫をこの世から葬り去ろうとする女王の存在は、一般的には悪者です。

そして、白雪姫は被害者に見えるでしょう。

しかし、最終的な結果としては、女王を処罰し殺してしまいます(追放したと書かれている話もあります)。

 

 

結果そのものが自分が望んでいることと、考えたらどう思いますか?

 

普段、私たちは、被害者に同情することが多いのでは?

自分で好きに何らかの被害に合うわけないじゃない!

そうですよね。嫌な目にあうわけですから、好き好んでそんなこと!

 

実は、そこ、被害者の思想が自分の人生の足を引っ張っていることが多いみたいですよ。

 

白雪姫の例にしてみると

▼継母から意地悪される

▼狩人に森に置き去りにされる(願望達成)

▼毒リンゴを食べて仮死状態

▼眠っている間に王子様ゲット

▼目覚める

▼王子様との結婚式

▼女王の死

 

結果が自分の望みと考えると、白雪姫の望みは「女王の死」です。

 

そのために、自分が被害者になり、小人の同情を集めて、女王を死に追いやる(ディズニーの話)、

 

自分が被害者になり、女王に焼けた鉄の靴を履かせ死に追いやる(グリム童話の話)。

 

白雪姫は被害者になることで、目的を達成しています。

自分をいじめる女王の存在が邪魔だった。

 

あれ?

 

女王は女王で、白雪姫が邪魔だったわけですよね。

 

自分の思いは相手の思い、

相手の思いは自分の思い なのかもですよ。

 

そう考えると、被害者なんて存在しないと思いませんか?

 

ここで、被害者の意識を大きくしてみるのは、その感情を人にぶつけるのではなく、我慢してないようにするのではなく、自分の中にその意識があることを、まずははっきり感じて欲しいから。

 

今起こっている出来事のほとんどの原因は、どんなことでもスタートは自分にあります。

 

目の前にいる人物や環境、出来事がその感情のスイッチを押してくれただけで、原因は目の前にはいないのです。

 

被害者心の大小に関わらず、それと似たような過去があったり、

自分が加害者側にいたり、

自分が傍観者になっていたりする、

可能性があります。

 

 

今までにも似たようなシチュエーションで、何度も繰り返しているなら、自分の中に、自分を負の状況へとナビゲートして目的を得ようとする自動操縦モードが心の中で発動して、知らず知らずのうちに動いているということ。

 

つまり、自分が好きではないパターンで目的を達成するように、自分の心から操られている人形状態。

心の意図に合わせて、私たちは自動的に思考し、行動しています。

 

 

そのままにしていると、似たような出来事がもっと大きくなって、未来に望まない出来事が繰り返される可能性もあります。

 

 

そんなの嫌だと思いませんか?

 

 

自分にとって良い出来事ならいいのですが、被害者と感じている出来事が発生した上での成功なら、その成功パターンじゃない方法を選ぶことができますよ。

 

選びたいならば、ここで原因となった感情を探してみるのが得策です。

 

 

 

というわけで、まずは被害者の感情を大きく感じて欲しいのです。

 

 

被害者意識の感情を楯にして、その内側に隠れている本当の自分の感情や望みを探していきます。

 

 

そして、その感情が元にして、自分をどのように間違った自動操縦をしているかを探し出すのです。

 

 

この方法、なかなか1人ではできません。

被害者意識とその時に感じている感情を見つけたら、カウンセラーの助けを借りてくださいね。

 

 

カウンセリングサロンふわりでは、負の連鎖を止めるお手伝いをしています。

 

ここから先は、お任せください(^^)

 

カウンセリングサロンふわりhttp://www.yururun.com