母娘問題解消カウンセリング ふわり 札幌~毒親の悩み解消~

毒親に苦しむアダルトチルドレン、インナーチャイルドを癒して生きやすくする札幌のカウンセリングサロン

地下鉄琴似駅2番出口から徒歩5分

TEL.090-6875-5281

ダイエット

ダイエット話その2

昨日、ダイエットに成功した話を書いたので、それにまつわる話を紹介。

 

成功の秘訣をガツンと言えばですね。

『甘えんな!コラ!』

な訳です。
いろいろ言い訳が多かったんですわ。わたし。

 

▼食べることの言い訳
今日は仕事頑張ったからご褒美。
疲れてるから栄養補給。
食べないと体力つかない。
忙しいから外食するしかない
ダイエットを意識した料理とかめんどくさい。

 

▼運動しない言い訳
時間がない
お金がない
膝が痛い
去年捻挫したから気をつけないと
喘息持ちだから急な運動は発作のもと

 

▼体の言い訳
40歳以降は痩せづらい
もともと痩せていたから痩せづらい
筋肉がないから燃焼しづらい

 

上記のこと、ほぼ全部、
自分の意識(思い込みと想像)で作って、痩せない自分を現実化していました。

 

ほら、
『思考は現実化する』ってよくいうじゃないですか。
あれの逆バージョンですよ。

 

言い訳も思考です。

 

喘息は病気だから変えようがないと思うかもだけど、

私、喘息の改善のために乳酸菌飲んだり、喘息の専門医にかかって治療を続けて数値も改善してきました。

 

発作の苦しさの感覚が体に残ってる。怖いし不安はある。

 

でも、治ってきている感覚はあるし、4年間発作は一度も起きてないし大丈夫という気持ちはありました。

過去は運動できなかったかもしれないけど、勇気を出してやってみたら今は違ってました。

今は大丈夫だったという経験を積むこと(運動すること)が安心になりました。

 

でも喘息が完治しているわけではないから、一定以上の運動をした時、息苦しくなったりもしました。

そんな時どうしたらいいんだろうと、ネットで調べてみたら自分でコントロールするための情報を手に入れることができました。

不安を解消する情報を得ることも、自信と安心につながります。

オリンピック選手の中にも、喘息の持病を持っている人もいるんですよ!

 

捻挫や膝痛だって、サポーターやテーピングなど、事前に道具を使って予防することだってできます。
道具も上手に使いましょ。

 

実は『心のトラブル』も同じです。

頑張ったね。
大変だったね。
よしよし。
もう大丈夫。
安心だよ。

と、褒めるのは第1段階で、

 

本当の望みを叶えたかったら、自分の都合のいいように作っていた現実を直視し、改善することが第2段階。

 

さっきの私の場合で言えば、
腰回りの二段腹や、現実を美化して食べる口実を作ってること。

そして、出来ない言い訳をしている自分を認めること。

 

認めないと変わらないので。

 

そして、出来る自分を信じる勇気。

『甘えんな!』なんです。

 

次の第3段階は、
あなたに対して厳しく当たる相手こそが、自分にとって最大に愛情を注いでいる人なんだと知ること。

ここ。なかなか出来ません。

あなたに愛情をくれる人の方が味方っぽいでしょ。
ケーキとか買ってくれる人、神さまみたい(^^)

 

でも違うんです。
本当に違うんです。
本当に本当に違うんです。

 

だって、ダイエット中なのにケーキ買ってくれるなんて、悪魔でしょ。

その人。

 

 

あなたに対して厳しい人ほど、自分を輝かせてくれたり、育ててくれる人。

そこを認められると世界が変わります。

ほんっと変わります。

ははは。
ダイエットの話が深くなってしまいました。笑

ダイエットに成功した話

正直無理だと思っていました。

 

ところが昨日目標体重40キロ台を達成できました。

 

元凶は「どうせ将来幸せになれないのだったら、せめて食べることで幸せを満たしたい」という思いでした。

 

はい。40代後半から肉々しく逞しく育ってしまいました。ゲ!

 

そして、上記のような悲観的な状況は過ぎ去り、精神的にも落ち着いたにも関わらず、逞しさの余韻を残した腰回りはそのままに…

 

年齢も年齢だし、もう40キロ台の体重に戻ることは難しいだろうと思っていましたが、3ヶ月で目標達成しました。

 

多分6年ぶりの40キロ台。

 

間食を断ち、食生活を変え、運動しました。

私が途中で投げ出さないようにサポートしてくれる方まで出てきて、

弱音を吐くとビシッと、ビシビシ、ジワジワと鍛えてくださいました。

お陰で目標達成!
痩せられない言い訳は「逃げ」だったのかも。

ということは、ここ数年逃げていたということ、、、。

ごめんなさい。自分。

カウンセリングでおなかの脂肪を減らす


先週末の話。
ふとしたことから、知人のカウンセリングをすることになりました。

 

(※知人の了解を得て書いています)
今知人は、夢を叶えるために新たな試みをどんどん実行しています。
普段話す言葉も表情も、環境も変化している最中で、
そばで見ている私にとっても、彼女の変化は刺激的!(^^)


 

でも、ひとつだけなかなか先へ進まないことがあるようで…。
それは、おなかの脂肪。

 

上半身と下半身は、すっきりしてきて、腹部の筋肉も鍛えられてきたように感じるのに、その筋肉の上に乗っている脂肪が減らないらしいのです。

 

じゃあ、どんな思考が脂肪を減らす行動を邪魔をしているのか、探っていこうということになって、カウンセリングしたわけです。

 

続く