札幌の催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間関係・うつなど、人生が思うようにならないのは母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

札幌の日々

ダイエット話その2

昨日、ダイエットに成功した話を書いたので、それにまつわる話を紹介。

 

成功の秘訣をガツンと言えばですね。

『甘えんな!コラ!』

な訳です。
いろいろ言い訳が多かったんですわ。わたし。

 

▼食べることの言い訳
今日は仕事頑張ったからご褒美。
疲れてるから栄養補給。
食べないと体力つかない。
忙しいから外食するしかない
ダイエットを意識した料理とかめんどくさい。

 

▼運動しない言い訳
時間がない
お金がない
膝が痛い
去年捻挫したから気をつけないと
喘息持ちだから急な運動は発作のもと

 

▼体の言い訳
40歳以降は痩せづらい
もともと痩せていたから痩せづらい
筋肉がないから燃焼しづらい

 

上記のこと、ほぼ全部、
自分の意識(思い込みと想像)で作って、痩せない自分を現実化していました。

 

ほら、
『思考は現実化する』ってよくいうじゃないですか。
あれの逆バージョンですよ。

 

言い訳も思考です。

 

喘息は病気だから変えようがないと思うかもだけど、

私、喘息の改善のために乳酸菌飲んだり、喘息の専門医にかかって治療を続けて数値も改善してきました。

 

発作の苦しさの感覚が体に残ってる。怖いし不安はある。

 

でも、治ってきている感覚はあるし、4年間発作は一度も起きてないし大丈夫という気持ちはありました。

過去は運動できなかったかもしれないけど、勇気を出してやってみたら今は違ってました。

今は大丈夫だったという経験を積むこと(運動すること)が安心になりました。

 

でも喘息が完治しているわけではないから、一定以上の運動をした時、息苦しくなったりもしました。

そんな時どうしたらいいんだろうと、ネットで調べてみたら自分でコントロールするための情報を手に入れることができました。

不安を解消する情報を得ることも、自信と安心につながります。

オリンピック選手の中にも、喘息の持病を持っている人もいるんですよ!

 

捻挫や膝痛だって、サポーターやテーピングなど、事前に道具を使って予防することだってできます。
道具も上手に使いましょ。

 

実は『心のトラブル』も同じです。

頑張ったね。
大変だったね。
よしよし。
もう大丈夫。
安心だよ。

と、褒めるのは第1段階で、

 

本当の望みを叶えたかったら、自分の都合のいいように作っていた現実を直視し、改善することが第2段階。

 

さっきの私の場合で言えば、
腰回りの二段腹や、現実を美化して食べる口実を作ってること。

そして、出来ない言い訳をしている自分を認めること。

 

認めないと変わらないので。

 

そして、出来る自分を信じる勇気。

『甘えんな!』なんです。

 

次の第3段階は、
あなたに対して厳しく当たる相手こそが、自分にとって最大に愛情を注いでいる人なんだと知ること。

ここ。なかなか出来ません。

あなたに愛情をくれる人の方が味方っぽいでしょ。
ケーキとか買ってくれる人、神さまみたい(^^)

 

でも違うんです。
本当に違うんです。
本当に本当に違うんです。

 

だって、ダイエット中なのにケーキ買ってくれるなんて、悪魔でしょ。

その人。

 

 

あなたに対して厳しい人ほど、自分を輝かせてくれたり、育ててくれる人。

そこを認められると世界が変わります。

ほんっと変わります。

ははは。
ダイエットの話が深くなってしまいました。笑

ダイエットに成功した話

正直無理だと思っていました。

 

ところが昨日目標体重40キロ台を達成できました。

 

元凶は「どうせ将来幸せになれないのだったら、せめて食べることで幸せを満たしたい」という思いでした。

 

はい。40代後半から肉々しく逞しく育ってしまいました。ゲ!

 

そして、上記のような悲観的な状況は過ぎ去り、精神的にも落ち着いたにも関わらず、逞しさの余韻を残した腰回りはそのままに…

 

年齢も年齢だし、もう40キロ台の体重に戻ることは難しいだろうと思っていましたが、3ヶ月で目標達成しました。

 

多分6年ぶりの40キロ台。

 

間食を断ち、食生活を変え、運動しました。

私が途中で投げ出さないようにサポートしてくれる方まで出てきて、

弱音を吐くとビシッと、ビシビシ、ジワジワと鍛えてくださいました。

お陰で目標達成!
痩せられない言い訳は「逃げ」だったのかも。

ということは、ここ数年逃げていたということ、、、。

ごめんなさい。自分。

カウンセリングでおなかの脂肪を減らす


先週末の話。
ふとしたことから、知人のカウンセリングをすることになりました。

 

(※知人の了解を得て書いています)
今知人は、夢を叶えるために新たな試みをどんどん実行しています。
普段話す言葉も表情も、環境も変化している最中で、
そばで見ている私にとっても、彼女の変化は刺激的!(^^)


 

でも、ひとつだけなかなか先へ進まないことがあるようで…。
それは、おなかの脂肪。

 

上半身と下半身は、すっきりしてきて、腹部の筋肉も鍛えられてきたように感じるのに、その筋肉の上に乗っている脂肪が減らないらしいのです。

 

じゃあ、どんな思考が脂肪を減らす行動を邪魔をしているのか、探っていこうということになって、カウンセリングしたわけです。

 

続く

 

12年目の事実 まさかの交通事故の理由

自転車で通勤途中に交通事故にあってから12年後、ひょんな事から、新たな交通事故の理由を知ることになりました。

12年前の交通事故のお話は、以下をご覧ください。


 

2016年11月から、カウンセリングスキルを磨くために、フラクタル心理学を学び始めました。

 

その学びの中で、12年前の交通事故の新たな事実を発見したんです。

 

表面的な事故の理由としては、車の運転手側の前方不注意、そして私も車は私を優先してくれるという傲慢さがあって、車が入ってくるのが見えていたのに自転車で道路を渡ろうとして、ぶつかってしまいました。

 

それ以外に、私の深層心理の願望として、事故に遭うことで、様々なメリットがありました。

その願望が事故を引き寄せてしまったようなのでした。

それについては、前回のブログで説明した通りです。

 

でも1つだけ、解せないことがありました。

それは、加害者から私が罵られたことです。

 

それも、運転していた男性と、その彼女の2人から。

 

「わざと車に当たって、慰謝料をせしめようとした当たり屋!」

と、責められて。

 

そんな状況にはメリットを全く感じられませんでした。

 

だって、私、被害者ですよ!

当たり屋なんて、馬鹿にしすぎ!



 

私が当たり屋と言われたのは、多分示談金で要求した金額から、そう思ったのだと思います。

 

慰謝料の交渉なんてしたことないし、相手は友達に借りた車で保険の対象外だったこともあり、保険から慰謝料が出るような状況ではありませんでした。

 

私は怪我はしてなかったけれど、自転車は壊れ(ブランド物でした)、出張に行けなくなった損害と会社に行けなかった期間や、精神的苦痛を計算して10万円請求しました。

 

あとからムチウチが出てきたらどうしようと不安な気持ちを持ちながらも、ネットなどで調べて請求した金額でした。

 

それが、当たり屋呼ばわりだったのですから。

もう、話をするたびに辛くて、結局3万円程度慰謝料をもらって終わりにしました。

 

それについて、12年後にフラクタル心理学の学びで、わかったことがあります。

 

それは、お金についての私の価値観です。

 

 

当時の私のお金に対しての価値観は、

 

苦労した時間や頑張った時間の対価としてお金を頂くというものです。

 

いわば、楽してお金はもらってはいけないという価値観が深層心理にあるわけです。

不労所得なんて、考え方はありませんでした。

 

だから、怪我をしていない状態で頂くお金は苦労または苦痛を味わう必要があったようなのです。

 

それが、、、、

罵られるという形で苦痛を味わったのかも、と思い至りました。

 

それも、自分の価値を低く思っていたから金額も低くなったのでしょう。

 

 

そしてもう1つ。

フラクタル心理学の理論の中に、兄弟順によるこだわりの違いというものがあります。

 

第一子が欲しいものは、「地位、名誉、お金」

中間子が欲しいのは、「自由、自立、革新」

末子が欲しいのは、「保護、共感」

 

私は長女だから第一子です。

最初のブログ「まさかの交通事故の理由」で紹介した事故の理由にプラスして、

仕事を休んでも誰にも文句を言われないような絶対的な理由が必要だったんです。それが「地位、名誉」

 

それが、「交通事故に遭ったかわいそうな私」でした。

だから、休む必要がある!とPRし、人から同情され自分の地位を明らかにしなければいけなかったのではと思ったわけです。

 

深層心理の中に、第一子的思想が、その時の状況を引き寄せていた可能性もあるかもね、なんて思い至って、

 

ゾゾゾ

 

としました。

 

 

交通事故という現われ方で、地位、名誉、お金はいりません!!!

 

 

私の深層心理を教育し直さなければなりません。

 

 

実は、それ以降も私は実は交通事故関連で、お金を得ています。

 

 

その1

駐車場に停めていた車に、居眠り運転の車が飛び込んでバンパーが折れた。実は数日前に車に擦り傷ができて、がっかりしてました。

それも合わせて全部相手の保険で修理してもらい、示談金5万円もらいました。

 

その2

立体駐車場で後ろから追突されました。

翌日から雲仙に旅行に行く予定だったので、すぐに保険会社経由でレンタカーを手配してもらいました。届いたのはなんと新車。

実は、乗っていた車が古くて峠を越えられなさそうだったので、新車が届いて超ラッキー!

 

その3

省略。笑 。車が故障したおかげでかなり得しました。

 

 

最初の交通事故で懲りて、「事故でもラッキーを引き寄せる」と決めたからか、一見アンラッキーな出来事でもラッキーだけが起こるようになりました(^^)

 

もっといいのは、そもそも事故にあわないことですよね。

まだまだ深層心理の教育が必要かも。

 

 

でも今は、車がないのでちゃんと教育できてるかもです。笑。

それに車を持たないことで、かなり利益が増えてるから、ちゃんと現実化してるかもね。笑

 

 

もし、事故が多い方はもしかしたら、それがあることでなんらかのメリットを得ているかもしれません。

 

そんなことあるわけない、と思うと思います。

でも、その代償を払うことで得られていることがあるとしたら、と考えてみると見つかるかもですよ。

 

でも、代償を得てのメリットって嬉しくないですよね。

その心の勘違い、思い込みをカウンセリングで修正してみませんか?

 

カウンセリングサロンふわりでは、深層心理にどんな勘違いが眠っているのかチェックして、心の修正法をアドバイスしています。

 

そんなの思い当たらない、という方は、生年月日から心の癖を読み解く星の錬金術の占いを参考にして、心の修正方法をアドバイスします。

 

自分で自覚して修正していくので、気がついたら元に戻っていたというリスクが少ないのが特徴です。

 

他人任せにするより、自分で対処できる方がずっと自分の人生を変えることができます。それが自立です!

 

カウンセリングサロン ふわりにご相談くださいませ(^^)

 

※実体験豊富なカウンセラーが、マンツーマンで対応します。笑

 

ご予約はホームページから。

http://www.yururun.com

 

 

 

まさかの交通事故の理由2

今から10年前位の話です。

札幌で通勤途中に交通事故に遭いました。

乗っていた自転車は壊れ、私は救急車で病院へ運ばれました。
最悪なことに事故の相手は、
1週間ほど札幌に滞在していたフリーターに近い道外の人。

 

<まさかの交通事故の理由1 からの連載です>

 

交通事故に遭ったのは何か霊的な理由があるのかな?
なんて思いながら、ちょうどハワイ・マウイ島から来日していた
ベテランのサイキックリーダーのロイ・ゴヤさんに聞いてみたんです。
(メインの相談事があって、そのついでに聞きました)

 

そうしたら、
「その事故はリリ(私のニックネーム)が望んだからだよ」
と言うんだもん。

 

信じられないけど、ロイさんが言うことだし、
ちょうどその年に「思ったことが現実になる」という
合宿形式の自己啓発の勉強をした後で、
いろいろなことを、どんどん現実化していた時期だったため
胸に手を当てて思い返してみました。

 

交通事故の理由は、まさかの理由でした。

 

まずそのときに最初に感じていた現実

◆自転車が壊れた
◆身体のあちこちに青あざ
◆会社をケガで1週間休んだ
◆東京出張を予定していたのに行けなくて仕事に穴をあけた
◆生まれて初めての自主上映会に向けて準備中だったので時間が奪われた
◆示談金交渉で加害者から当たり屋呼ばわりされて、罵られた

 

事故に遭う直前に夜中につぶやいていたこと

◎あ~あ~、週に1回の東京日帰り出張の時間もったいないなあ
できれば自主上映会の準備の時間に使いたい

◎映画の上映会で出費がかさむなあ・・・・
どこかからお金が入ってこないかなあ

◎日中は仕事、夜は映画のチラシづくりや印刷や
協力者集めや、準備作業で眠い。ゆっくり寝たいなあ

◎仕事忙しいし、映画もあるし、とにかくがんばらないと
私一人でやっているのだから、倒れてはいられない

 

はい★★

 

全部叶いました。

事故にあったおかげで。



 

◎あ~あ~、週に1回の東京日帰り出張の時間もったいないなあ
できれば自主上映会の準備の時間に使いたい

ーーー>会社から強制的に休むように言われ、
出張にも行かなくてすんで、時間ができました
それも堂々と休めました

 

◎映画の上映会で出費がかさむなあ・・・・
どこかからお金が入ってこないかなあ

ーーー>数万円ですが、示談金をもらいました

 

◎日中は仕事、夜は映画のチラシづくりや印刷や
協力者集めや、準備作業で眠い。ゆっくり寝たいなあ

ーーー>むち打ちになる可能性もあったので、
2日ほど横になってゆっくりしていました

 

◎仕事忙しいし、映画もあるし、とにかくがんばらないと
私一人でやっているのだから、倒れてはいられない

ーーー>脳みそは否定形は理解できないので、
言ったとおりに、自転車から倒れて気を失いました。

 

ここまでが10年前に自分で気がついたこと。
きっと事故は起こるべくして起こったんだなと
納得はできないものの、

 

私にとってのメリットが多いことに気がつき
重大なケガを負わなかったこともあり、
ひとまずは納得したのでした。

 

そして10年後、フラクタル心理学を学んでから、
このときの事故の理由と、
事故の相手の加害者が、なぜ私を当たり屋呼ばわりしたのかまで
ずる賢い深層心理のからくりが明かになったのです。

 

アイタタタタタタタ・・・・・・

 

続く

 

 

…………………………….

たった2日間で占い師になれる養成講座始めました。

★星の錬金術レベル1講座

3月コース・4月コース受講生募集中

まさかの交通事故の理由

今から10年前位の話です。

札幌で通勤途中に交通事故に遭いました。

乗っていた自転車は壊れ、私は救急車で病院へ運ばれました。最悪なことに事故の相手は道外の人。

乗っていた車も自分の車ではなく、友人の車でした。

幸い目立った怪我はなく、検査結果もおかしなところはなかったのですが、数日後にムチウチの症状が出る可能性もあるので、示談交渉をすべく相手の連絡先を聞き、その日は帰宅。

当時勤めていた会社から総務課の人が病院に来て、1週間は休むようにと会社命令が出ました。

翌日から東京出張の予定があったけど、それもキャンセルになり、とても凹みました。その後の示談交渉もこじれて、最悪な気分に、、、、泣

 

なぜ私がこんな目に合わなきゃいけなかったの?

 

しばらくしてからのことです。

 

この出来事がなぜ起こったのか、サイキックリーディングを出来る方に聞いてみました。

 

そうしたら、

「あなたが望んだから事故にあった」と言われたのです。

 

は?なんで?

そんなわけないでしょ!

バッカじゃないの!

 

なぜ私がその事故にあったのか説明も聞いて、納得はできないもののそんなこともあるのかと話を受け止めました。

 

あれから10年以上経った2017年2月。あの時にサイキックリーディングで言われたことを心理学の視点から説明できる理論に出会ってしまいました。

 

アイタタタタ!!

 

やっぱり私が起こしていた事故だったと10年経って心から受け入れざるを得なかったのです。

 

その理論とは、、、、、

続く。

 

…………………………….

たった2日間で占い師になれる養成講座始めました。

★星の錬金術レベル1講座

3月コース・4月コース受講生募集中

 

 

 

 

 

 

目に見えるものだけを見てませんか?その2

image

Hさんに札幌でパワーストーンを売っているお店を教えてもらいました。

当時札幌の裏参道にあった「シャンバラ」というお店。

そこで買ったのが、ギョロリと目玉が2つ付いてて、半分透明のローズ色になっているロードクロサイト。

かなり高価でものすごく迷ったけど一目惚れで、もう出会えないと思って購入。

今うちのサロンで、クリスタルヒプノセラピーをする時にお客様が選ぶ確率が一番高い石です。私の仕事をいつもサポートしてくれる美人さんです。

インナーチャイルドを癒してくれるパワーストーンで、キーワードは自愛。

その時はまだこの仕事をするなんて、想像もしてなかった昔々のこと。そういう知識も持ち合わせていなかったのにね。

札幌のお店の石では物足りなくなって、ネットで探してたどり着いたのが、代官山にあったKC JONESでした。

その頃勤めていた会社の東京営業所が渋谷にあり、代官山の外れにあるKCまで歩いて20分くらいで着いちゃう。

出張があると必ずKCへ行ってました。KCの石はどれも元気で、お店に行くと猛烈にPRしてきました。

だから私が欲しい石ではなくて、いっぱい話しかけてくる石を連れて帰ることがほとんどでしたねえ。

そこでマネージャーのMさんに教えてもらったのが「クリスタル・ジャーニー」という本。

著者は世界で初めてパワーストーンをヒーリングに使った心理療法家ジェーン・アン・ダウ女史。1994年初版本です。

何度も何度も読みました。私のクリスタルのバイブルです。

まさかそれから数年後にご本人に会うことになるとは思いもせずに。

つづく

 

目に見えるものだけ見てませんか?その1

image

 

スピリチュアルな世界なんて、胡散臭くて大嫌い。

でしたねえ。わたし。

目に見えることだけを信じてた時代のはなし。

私はどっちかというと理系。

子どもの頃から機械いじりが大好き。テレビを分解してブラウン管の磁石を取り出したり、時計を分解して元に戻したり。

工業高校に進学して、一部上場企業に就職して受信画像機器の検査をしたり、研究所とかで使われる機器のプログラム開発とかして。

私に不思議な世界があることを最初に教えてくれたのは、そのあとに勤めていたITベンチャーの同僚だったHさん。

Hさんがパワーストーンを私の手のひらから少し離れた位置から動かすと、お箸で手のひらをなぞられているような圧力を感じてびっくり、びっくり。

宝石じゃなくてパワーストーンという安くてキレイな石があることを知り、一気にはまった。

 

Hさんは不思議な人だった。

UFOを呼ぶことができたり、北海道の外庭でベンジャミンを越冬させたりできた。

Hさんの不思議話はいっぱいある。現実離れした話ばかり、たーくさん。Hさんのことは好きだけど、懐疑的に思ったりもしてて。

だけど自分で実際に体感できることもあって全面否定はできなくて。笑

見えない世界があるということを、テレビや本以外で身近に感じたのはそれが初めて。

かなり衝撃的。

テレビでUFO特番とかあってた頃でメディアからも声がかかるような人だったけど、霊障とかの影響もあって表にはでない人でした。

 

自分ではっきり自覚するようになったのは、当時代官山にあったKC JONESというパワーストーン専門店との出会いでした。

つづく

 

写真は、Hさんとの出会いで初めて買ったパワーストーン

 

 

未来的中率90%の日記

image最近書いてなかったな。
人生脚本。

資料の整理をしていたら、2年前に書いた人生脚本が出てきた。
2014年に書いた2015年を振り返って書いた未来の日記。

なんと!
ひとつを除いて全部叶っていました。

事細かな仕事のこと、具体的な月収額のこと、資格を取得したこと、研修を受けに行ったこと、プライベートな環境のこと、長崎の実家に帰省した回数、心の中のこと。

本当に、本当に、過去の自分が未来へタイムトラベルして実際に見てきたようにドンピシャな内容。

予知能力者じゃないだろうかというくらい。笑。

1つだけ実現していなかったのは、長崎の両親を札幌に招待することだけでした。

人生脚本は、ただ未来日記を書けばいいというわけではなく、実現させるコツがあるんです。

コツを知れば、あら不思議!
実現するんです、、、、ということはこれまでに何回も経験済み。
それでもやっぱり驚いちゃう(^^)

最近書いてなかった人生脚本、今晩書こうかな。

全部真実

全部真実

100人が見ているものが同じでも、同じには見えない。

100通りの見え方がある。
100通りの真実がある。

でも、1通りの真実の認識の枠を広げると、2通りの枠が見えてくることがある。

もっと広げると4通りにもなる。

4通りになっていたとしても、恐怖が真実を見えなくする。

そして惑わす。

その後、1通りを信じ続けるか、6通りに意識を拡大するか、自分で選ぶ