催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

自分で癒す

世の中のニュースから自分の心を知る

今、フラクタル心理学の理論を利用したカウンセリング手法を学んでいます。

 

今までにもいくつものカウンセリング手法を学んできましたが、フラクタル心理学の手法は、他にはないユニークな方法で、しかも変化が早いと私は思っています。

 

先日受講したカウンセラー養成講座の中で、「占い知らずの未来予知ができるLDP講座」の手法について、講座開催ができる内容を学びました。

 

これは、マスターコース中級の中でも学びましたし、単独のLDP講座でも受講したので、今回で3回目の学びでした。

 

LDPとは、ライフ デコーディング プロシージャの略で、人生を解読する手法の略です。

 

私は、長年IT業界にいたので、デコーディング というキーワードは、よく耳にしていました。

 

暗号化されたデータなどを解析して元のデータに復元するとか、元の形に戻すとか、そういう意味で使っていました。

 

言葉の意味から分かるように、世の中に溢れているニュースなのに、なぜか気になるニュースがある時、

その中に私たちの心との共通点が隠れているのだけど、データー変換されてわからないから、

 

それをデーター変換して、心とニュースの出来事の共通点を見つけ出して、現在の心の問題とこれから起こり得ることを予測して、

 

自分の未来を変えよう!

 

というのがLDPです。

 

 

なぜ、ブログで

LDPを紹介しようと思ったかというと、私の心が一週間で変わったということを実感できたからなんです。

 

先週受講した養成講座の中で、私がLDPしたニュースは、高速道路で迷惑運転の被害で事故死した件でした。

 

私が注目したのは被害にあったご夫婦の方ではなくて、一緒の車に乗っていた娘さんの行動。

 

とても怖かったと思うんです。高速道路だし、車の外の人は怒鳴っているし。子供だし!

その時後部座席に座っていた娘さんは、LINEで友達に「ヤバイ」とメッセージを送っていて、そのことが何となく気になっていました。

 

そこから読み取った私の心の状態のキーワードは(娘さんのことではなく、私のことです)、「自分で行動する」「傍観者ではなく自分が主役になる」「都合の悪いことから逃げるな」でした。

 

そのまま、自分の心の中にあるその行動パターンを続けると、大切なものを失う可能性があるかも。

この娘さんのことを例に取れば、自分を養う、もしくは頼りにしている相手を失うことにもつながるかも。

 

それは嫌だー!

 

いろいろ思い当たることがあり、講座が終わった後に、落ち込んじゃいました。

 

ただLDPの理論でいうと、

自分から遠い出来事=ニュース

自分から遠い出来事=まだ自分には起こっていない

自分から遠い出来事=これから起こる可能性がある

自分から遠い出来事=自分で認識できていない位の小さな心の問題

小さな心の問題を拡大鏡で大きくした出来事=気になるニュース

 

ということで、今から自分の心を改善することで、十分未来を変えることができるということです。

 

慌てた私は、自分の心を修正するカードを作って毎日眺めていました。

だって、大切な人を失うなんて、絶対に嫌!

 



 

そして、今朝起こったこと!

なんと!

 

またまた気になるニュースが!

それは、このニュースです(^^)

https://ameblo.jp/konomimashita/entry-12319201270.html

 

女優の間下このみさんも似たような事件にあっていたというブログの内容がニュースになっていました。

 

気になって読んでみたら、なんと、私のキーワードの結果みたい。

間下このみさんは、車を降りて近くの交番へ飛び込み、自ら助けを求めたんです。

 

「逃げるな」「自ら行動する」「傍観者でなく当事者として対応」

 

そうすることで、間下このみさんは、家族を守り、自らもまもったんですね。

 

このニュースを発見したことで、私の心も多分、修正することができたんじゃないかと思ったわけ。

 

なんだか嬉しかったので、ブログで報告してみました。

 

 

12月になったら、LDP講座を開こうかな(^^)

興味がある方は、コメント下さいませ(^^)

 

トップページ



 

くそ真面目に人生を変えたい

フラクタル心理学を学んでから、カウンセリングサロンふわり のカウンセリング手法が、ちょっと

いや、

かなり変わりました。

インナーチャイルドの癒しを超え、根本的に人生を変える育て直しに着目するようになったからです。

例えば、雨の日に小さな穴の空いた靴を履いて歩いていたら、その穴から水が入ってきて靴の中が濡れてしまいます。

家に帰ってから靴を乾かせば、またその靴を履くことはできるでしょう。穴が小さければ晴れている間は、気になりません。穴が空いていることもごまかせますしね。

だけど履き続けていると穴は大きくなってきます。無視していると、もっと被害が大きくなるはず。

穴を塞ぐか別の靴を履かない限り、雨が降ったら、また同じことの繰り返しです。

なぜなら原因は解消していないから。

ここでいう『穴』とは、濡れる原因です。

私たちが何度も同じトラブルや似たようなパターンを繰り返している時、『穴』が野放しになっているということ。

インナーチャイルドの癒しが、その場しのぎの癒しになっているケースは要注意です。

その癒しとは、

ただ寄り添うだけ

気持ちをわかってあげる

なだめてあげる

夢を叶えてあげる

などなど。

クライアントさんの状況に合わせて、対応内容は変えていますが、本当に自分の人生を根本的に変えたいと望まれているときは、癒し以上の荒療治が必要になります。

私は真剣に、くそ真面目に、お客様が本来の輝きを放つ人生になるようにお手伝いすることを決意しています。

だから

癒しだけのカウンセリングやセラピー、占いは、できなくなってしまいました。

靴に穴が空いていれば、空いている穴をまず見てもらいます。

修理ができれば修理する方法を伝えるし、新しい靴をお勧めした方がいいこともあります。

 

行き先が明確に定まっていれば、その行き先にあった靴へ履き替えるようにアドバイスすることもあります。

 

人生という名の道をその時々にあった靴をチョイスしながら楽々歩いて行きませんか?

いつでもお待ちしています。

 

坂口良子さんを亡くした杏里さんの悲しみ

星の錬金術と毒母と娘の関係を分析したいと思っていました。

 

そこで、故坂口良子さんと杏里さんの母娘関係を見てみました。

 

そこでわかったこと。

坂口良子さんを亡くした杏里さんの身を壊すほどの悲しみは、他の人にはきっとわからないんだろうな

ということ。

 

同じような芸能界の母娘関係として、松田聖子さんと神田沙也加さんがいます。

 

この2組の表社会の親子関係、それに本人の立場を星の錬金術で見比べて見ると、とても似ているんです。

 

でも、裏の深層心理の部分を比べると、全く違います。

 

ます、坂口杏里さんと神田沙也加さんの、表の星並びを比較してみます。

 

(つづく)

★星の錬金術★ レベル1セミナー札幌で開催中
星の錬金術の基本的な占い手法を2日間で学べるコースです。

詳細はこちらから「星の錬金術 レベル1講座 in 札幌」

 

★星の錬金術 恋人・夫婦特別メール鑑定やっています★
1組5000円。
お問い合わせページに、2人の名前と生年月日を記入して送ってください。
申込みはこちらから「お問い合わせページ」

 

★星の錬金術 総合メール鑑定やっています★
基本的な人生の流れから、待ち受けている運命まで・・・
1鑑定5000円。
お問い合わせページに、名前と生年月日を記入して送ってください。
申込みはこちらから「お問い合わせページ」

 

★星の錬金術 対面鑑定やってます★

5月21日(日) 手稲温泉ほのか 11時~19時
※ピンポイントで占いたいことがある方は、予約ページからの申込みでサロンでの対面鑑定も受け付けています。10分1000円です(ほのかでは15分1000円)。

母親からの呪縛を解いたその後もサポート



先週から3ヶ月間、私のヒプノセラピーの師である西谷真美さんから、ビジネスマインドパワーアップ講座を受けることになりました。

ライター業、カウンセラー業、占い師業の3本の柱ができて順調に売り上げが伸びてきたのですが身体はひとつ。

今後効率的に成長するためには改善が必要と思っていたところに、真美さんから声をかけていただきました。

私が真美さんと知り合った時、真美さんは妊娠中でした。そして出産育児の間の収入を確保するため、ヒプノセラピスト養成講座を初めて開いたというタイミングでした。

出産後はベビーカーマッサージのスキルを身につけ、子育てに関する学びを深め、活動を全国へ広げました。

そして株式会社化し、一戸建ても手に入れ、今は事業をシステム化し、自分の時間を十分に確保しながらさらに事業拡大しようとしています。

そのノウハウを一人一人にあった形でコンサルしてくれるのです。

先週第1回目があり、目から鱗のアドバイスを受けました。
なんと授業料は無料です。

どうやって宣伝するか、どうやってPRするとか以前の売れる戦略をみっちり講習。

今持っている自分の力を有効活用することで、利益に繋げることが十分可能であることを教えてもらいました。

頼もしい(^^)

カウンセリングも、星の錬金術も、ライティングも、私だから出来る、私だから教えられるコースを作りますよ〜。

どれか一つではなく、全てをチャンプルして、自分の力で人生を変えていくコースです。

私が願っているのは、自分で人生を変えられると信じられる人を増やすこと。

少しずつ公開していきます。

母からの呪縛を解いた後に、インナーチャイルドを教育して、自分で人生を切り開くために必要なこと。
癒すだけじゃ足りないの、、、。

私が経験してきたことを、わかりやすく見える化することから着手します。(^^)

へへへへ。
実は、それが宿題なの。

インナーチャイルドの策略からの卒業



 

誘導瞑想の中で、

私は叔母の家のサッシのところから出て、母を追いかけようとして

足をケガして泣き叫んでいました。

 

 

叔母は心配しています。

 

 

 

足が痛くて痛くて、泣いている私。

 

 

 

でもね。

それ、

 

 

 

私の計画通り

 

 

 

子どもはずるいんです。

 

 

 

 

私がケガ(失敗)をして泣き叫べば、心配をかければ

お母さん(チャンス)が戻ってきて(掴める)くれる

 

 

 

 

変でしょ

 

 

ケガをして心配をかけたら、お母さんは戻ってきた

 

 

でも、

 

大人になって失敗して痛い気持ちを感じても、チャンスは戻ってこない

 

 

似ているようで、全然違う

 

 

全然違うのに、深層心理では無意識に

パターンだけ残っていて、成功(お母さん)を引き寄せようとしている

 

 

 

大人の認識で考えれば、お母さんは夕方には

叔母の家に私を迎えに来てくれるから、

それまで安心してお絵かきでもして、自分の絵の才能を伸ばすとかしていれば、目の前のことに集中していれば、

「ああ楽しかった」という気持ちで、満足感にあふれて家に帰れるのに。

 

 

焦ってチャンスを引き寄せようとしなくても、

目の前のことに集中して自分の能力を高める努力をすれば、

スキルが上がって、周りからも認められて

より大きなチャンスを掴めるようになる。

 

 

ケガをしたらお母さんが心配してくれる。

気にかけてくれる。

なんて子どもの頭で考えた間違った思考パターン。

 

 

わざわざ人に心配をかけて、痛い思いをして、自分に注意を引こうとするよりも

その時間を自分が魅力的に、輝く自分になっていく時間としてつかい、人に注目してもらうほうがずっと健全。

 

 

自分を傷つけて痛い思いをして心配させるパターンはもういらない。

ただ目の前のことに集中すること。

 

 

それがチャンスを掴むことになる。

 

 

 

はぁ・・・・・

そんな手を使って注意を引こうとするなんて、ずるい。

はた迷惑じゃん、そんなの。。。。

 

 

自分を傷つけて、痛い思いをするメリットなんてどこにもない。

 

 

 

子どもって、自己中心的で、

すぐに結果を得ることができて、自分が良ければいいから、手段は選ばないみたい。

たとえ、それが人に迷惑をかけようとも。。。。

 

 

それは、間違いなんだよ。もうやめようね。

そんなことをしなくても、お母さんは迎えに来てくれるんだよ。

 

 

 

一刻も早く、母親に会える方法を子どもながらに考えた方法だったのかもしれないけど。

そのパターン、大人になった私にとって、トラブルにしかならないの。

 

 

だから、、、、、

もういらない。

 

周りに迷惑をかけてごめんなさい。
自分を傷つけてごめんなさい。


私は、安心して今を楽しみます!!!!

 

 

このパターンを解消したら、

私はどう変わっていくのかな。

 

 

これからが楽しみです。

 

 

と思っていたら、体重が3キロ減りました。
あれ?

 

この1年で一番軽くなりました。
深層心理の修正以外に何もやっていないんだけど・・・

 

あれ?

不思議。

 

カウンセリングサロンふわりの「催眠療法」や「カウンセリング」で、私が体験したような深層心理の問題を解決することができます。
一度、試してみませんか?

チャンスを掴めなかった理由



誘導瞑想に入る前に、3つの準備をしました。

1つ目は、現在の問題点を明確にすること。

2つ目は、問題が起こったときに感じた感情を書き出すこと

3つ目は、初級コースのテキスト従って、自分の被害者意識がどんな意識になっていたかを見つけること。

 

私の場合

1つ目は、失敗してチャンスをつかめないこと

2つ目は、喪失感、がっかり

3つ目は、認めてもらえない

 

でした。

 

 

先生の誘導で

 

テーマを頭に思い浮かべ
喪失感とがっかりした感情を心の中で感じながら
浮かんできたのは・・・・

 

 

3歳ぐらいのときの私。叔母の家です。

 

 

 

共働きだった両親は、私を叔母の家に預けていました。

 

 

 

私は、私を置き去りにした母に、とても怒っていました。

自分の上着を脱いで、玄関に投げ捨てています。

 

 

泣き叫ぶわけではなく、黙って怒っていました。

でも、相当な怒りです。

服を丸めて、投げつけているのですから。

 

 

このシーンは今までにも何回も見てきた光景です。
(親から聞いたことがあります。

 「上着を玄関に丸めて投げ捨てて、何してたんだろうね?

 意味分からない(笑)」と、教えてくれました)

 

 

私は「ああ、またこのシーンか」と思いました。

 

 

が、そこから先が違ったのです。

 

 

私は、玄関ではないところから、外に出て
母親を追いかけようとして転んで、足をケガしていました。

とても痛くて泣き叫んでいました。

 

 

叔母はとても心配しています。

 

 

 

 

そこで、現実に思い当たることが

いーーーーーーーーーーーーーっぱい、あったことにも

気が付きました。

 

 

 

 

私、去年の10月に階段から落ちて左足首を捻挫して
2ヶ月ほど松葉杖生活を過ごしました。

 

 

それだけではありません。

 

 

 

今年の3月に入ってから、左足の指の付け根あたりが急に痛み始めて、痛くて痛くて、うまく歩けなくなりました。

整骨院へ行ったら、捻挫の後遺症で指の付け根の筋肉が固まって伸びなくなり、そこを無理して歩こうとするので筋が損傷しているようだと言われました。

 整骨院で固まった筋を柔らかくほぐしてもらい、指の付け根の痛みが和らいできたなと思っていたら、今度は右足の小指が痛くて、うまく歩けなくなりました。
原因はまったく分かりませんでした。


どこかにぶつけた記憶もないし、、、、

 

 

そして、右小指の痛みもやっと消えて、普通に歩けるようになったのが、

私が大失敗をした金曜日でした。

 

 

 

足のケガ。

 

 

 

現実でも、体が問題を解決するヒントを出してくれていたのかもしれませんね。

 

 

でもね、

「足のケガ」と「チャンスを掴み損ねる」の関係は、
単純に体が不自由になることでチャンスがつかめないという意味ではありません。

 

 

深層心理は、もっとずるい方法でチャンスを掴もうとしていました。

 

 

その方法とは・・・・・・

 

 

(つづく)

大失敗してチャンスを逃す



去年あたりから、私はとても困っていました。

仕事が順調に進み始めている矢先や

チャンスを掴んでこれから仕事を広げられる!

 

そんな状態になると、考えられないようなミスを犯して

チャンスを失っていました。

 

去年からそんな感じで、4回もチャンスを逃しています。

そして、そのたびに自信喪失していました。

 

全体的に見ると、仕事の規模も内容も利益を上げています。

 

でも、その逃したチャンスをつかんでいたとしたら
もっと早くに、そして楽に

利益が上がって、自信になったはずです。

 

 

先週の金曜日。

私はまたしても大きなミスを犯しました。

 

 

なんで!!!!!!

あり得ない!!!!!!

馬鹿すぎる!!!!!
間抜けすぎる!!!!!

自分で自分を追い詰めて何やってるのさ!!!!!

そんな危機管理できない人に、仕事なんて頼みたくない!!!!!!

 

 

情けなくて、消えてしまいたい(大泣)

 

 

翌日の土日は、
フラクタル心理学のマスターコース初級講座の受講日。

 

 

こんな失敗、もうしたくない。

 

 

そう思ったときに、去年、何回も同じパターンで失敗していたことに気がつきました。

 

 

今回の初級講座の中で、このパターンを解消しよう!

と決めました。

 

 

 

今回は、フラクタル心理学のマスターコース初級講座の中で

先生に誘導瞑想をしていただき、さらにそこで出てきた内容の精査もしてもらえる大きなチャンス!!!!

 

 

そして、今回、希望通りに

チャンスを掴み損なう原因が判明しました。

 

 

でもね。

私の深層心理にあったその原因は、

ずる賢くて、狡猾で、被害者意識の塊で、

周りに迷惑をかけながら、自分の欲求を叶えようとする

傲慢さの塊の思い込みだったの。

 

そこにいたのは、嫌な自分。

 

 

誘導瞑想で見た私は・・・・・

 

 

(つづく)

大人の女性になって愛されるために



 

「幸せになるためには離婚しなければいけない」

私の深層心理はそう思っていました。

だから、2回も離婚したんだ!!!!!(驚)

 

相当びっくりしました。

私が参加したのは
「本物の大人の女性になって最幸に愛される人生を♪」
という心理ワークショップです。
離婚のワークショップではありません。苦笑

 

冒頭の30分で、私の深層心理が判明して
衝撃でした。

 

えええええええっ!

 

深層心理を読み取るのは、こんなにも簡単なんだ…
だからこそ、昨年からこの方法を学んでいるのですが。

 

振り返ってみるとそうなんです。
2回目の離婚をしようと決めたとき、

「私は将来幸せになりたい!だから離婚する」と
思いました。

 

 

まさか「離婚すると幸せになる」という思いが
子ども時代から着々と深層心理に積み上げられていたとは…


 

元夫たちは2人とも再婚したのに、なぜ私は再婚できないんだろうと思っていました。
母は細々と父の面倒を見ていて家政婦のようでした。
それに短気だったので、暴力も振るっていました。
私が子どもの頃だけではなく、今でもそうです。

 

私、結婚したいんです(表面意識では)。
けれど、両親の夫婦のあり方を見ながら、結婚したら不幸になると深層心理で思っていたみたい。
そりゃ結婚できないわけです。
母が幸せになる方法は、離婚することだと思っていたんだから。。。

 

 

簡単なアンケートでわかっちゃうんですよ。
なかなか結婚できない方、もしかしたら深層心理がじゃましているかもしれません。

 

 

ふわりのカウンセリングで試してみませんか?

 

 

私の場合は、愛される女性になるために、まず、上記の思い込みを修正していくことから始めなきゃいけないみたい。
だって、私の母、離婚していないです。

 

私から見て、家政婦のように父の面倒を見ている母ですが、
それを喜びにして、自分の存在価値がそこにあるように
振る舞っているところがあります。愛しているからなのかな。


父は母に暴力を振るいましたが、その理由を私は知りません。
でも、そういえば父からなぜ母に暴力を振るったかの理由を
聞いたことを思い出しました。
その理由は納得がいくことでした。あの母ならあり得る・・・

 

普段の会話でも、父の感情を逆なでするような話し方をしています。
同居しているとき、私から母へ言っていました。
「そりゃ、そんな言い方すればお父さんも怒るよ」

 

そっか、、、、、
暴力を振るう父側にもちゃんと理由があったんだ。

さらにいうなら、私が思い込んでいた両親の姿はそのまま、
私の夫婦の過ごし方にも当てはまります。
私も父のように、元夫に対して暴力的な振る舞いをしていたことがあるかもしれない。。。

なぜなら周囲の人は全て私の鏡だから。

 

暴力とはDVとかではなく、暴言を吐いたり、わがままな態度をすることも同じです。
母に対しても、私はわがまま放題していたかも。
いや、、、、していました。

 

自分にとって都合の悪いことは思い出したくないですが、やっていたと思います。

私にとって両親の夫婦の姿を大人の視点から見つめ直す必要があることを痛感しました。

両親の仲がいいところを思い出してみよう!
それが、幸せへの近道です。

 

 

 

そして、
愛される女性になるために必要なのは
「色気」「愛される雰囲気」

 

その色気を出すための、コツを教えてもらいました。

 

そのコツとは・・・・
「色気」とは意識して出すのではなく、醸し出すんです。
だからこそ、自分の心の中で、女性性をどう思っているかがポイントです。

 

「男になりたい!女は損だ」と思っていたら、男っぽさが出て、周囲のサポートを得られないかも、

女性として損をするような出来事が起こることもあるかも、
子どもっぽい振る舞いをしていたら子どもっぽさが出て、大人の色気は出てこないでしょう。

自分のことは自分でやる。そして女を磨く

 

ちなみに、私は3人兄弟の長女で、下に弟が2人います。
ワークショップの先生曰く、
「ナイトが2人いるから、愛されますよ~。大丈夫」とお墨付き。

 

私から「色気」を感じたら、深層心理の思い込みが変わった証拠です。笑

 

 

 

 

12年目の事実 まさかの交通事故の理由

自転車で通勤途中に交通事故にあってから12年後、ひょんな事から、新たな交通事故の理由を知ることになりました。

12年前の交通事故のお話は、以下をご覧ください。


 

2016年11月から、カウンセリングスキルを磨くために、フラクタル心理学を学び始めました。

 

その学びの中で、12年前の交通事故の新たな事実を発見したんです。

 

表面的な事故の理由としては、車の運転手側の前方不注意、そして私も車は私を優先してくれるという傲慢さがあって、車が入ってくるのが見えていたのに自転車で道路を渡ろうとして、ぶつかってしまいました。

 

それ以外に、私の深層心理の願望として、事故に遭うことで、様々なメリットがありました。

その願望が事故を引き寄せてしまったようなのでした。

それについては、前回のブログで説明した通りです。

 

でも1つだけ、解せないことがありました。

それは、加害者から私が罵られたことです。

 

それも、運転していた男性と、その彼女の2人から。

 

「わざと車に当たって、慰謝料をせしめようとした当たり屋!」

と、責められて。

 

そんな状況にはメリットを全く感じられませんでした。

 

だって、私、被害者ですよ!

当たり屋なんて、馬鹿にしすぎ!



 

私が当たり屋と言われたのは、多分示談金で要求した金額から、そう思ったのだと思います。

 

慰謝料の交渉なんてしたことないし、相手は友達に借りた車で保険の対象外だったこともあり、保険から慰謝料が出るような状況ではありませんでした。

 

私は怪我はしてなかったけれど、自転車は壊れ(ブランド物でした)、出張に行けなくなった損害と会社に行けなかった期間や、精神的苦痛を計算して10万円請求しました。

 

あとからムチウチが出てきたらどうしようと不安な気持ちを持ちながらも、ネットなどで調べて請求した金額でした。

 

それが、当たり屋呼ばわりだったのですから。

もう、話をするたびに辛くて、結局3万円程度慰謝料をもらって終わりにしました。

 

それについて、12年後にフラクタル心理学の学びで、わかったことがあります。

 

それは、お金についての私の価値観です。

 

 

当時の私のお金に対しての価値観は、

 

苦労した時間や頑張った時間の対価としてお金を頂くというものです。

 

いわば、楽してお金はもらってはいけないという価値観が深層心理にあるわけです。

不労所得なんて、考え方はありませんでした。

 

だから、怪我をしていない状態で頂くお金は苦労または苦痛を味わう必要があったようなのです。

 

それが、、、、

罵られるという形で苦痛を味わったのかも、と思い至りました。

 

それも、自分の価値を低く思っていたから金額も低くなったのでしょう。

 

 

そしてもう1つ。

フラクタル心理学の理論の中に、兄弟順によるこだわりの違いというものがあります。

 

第一子が欲しいものは、「地位、名誉、お金」

中間子が欲しいのは、「自由、自立、革新」

末子が欲しいのは、「保護、共感」

 

私は長女だから第一子です。

最初のブログ「まさかの交通事故の理由」で紹介した事故の理由にプラスして、

仕事を休んでも誰にも文句を言われないような絶対的な理由が必要だったんです。それが「地位、名誉」

 

それが、「交通事故に遭ったかわいそうな私」でした。

だから、休む必要がある!とPRし、人から同情され自分の地位を明らかにしなければいけなかったのではと思ったわけです。

 

深層心理の中に、第一子的思想が、その時の状況を引き寄せていた可能性もあるかもね、なんて思い至って、

 

ゾゾゾ

 

としました。

 

 

交通事故という現われ方で、地位、名誉、お金はいりません!!!

 

 

私の深層心理を教育し直さなければなりません。

 

 

実は、それ以降も私は実は交通事故関連で、お金を得ています。

 

 

その1

駐車場に停めていた車に、居眠り運転の車が飛び込んでバンパーが折れた。実は数日前に車に擦り傷ができて、がっかりしてました。

それも合わせて全部相手の保険で修理してもらい、示談金5万円もらいました。

 

その2

立体駐車場で後ろから追突されました。

翌日から雲仙に旅行に行く予定だったので、すぐに保険会社経由でレンタカーを手配してもらいました。届いたのはなんと新車。

実は、乗っていた車が古くて峠を越えられなさそうだったので、新車が届いて超ラッキー!

 

その3

省略。笑 。車が故障したおかげでかなり得しました。

 

 

最初の交通事故で懲りて、「事故でもラッキーを引き寄せる」と決めたからか、一見アンラッキーな出来事でもラッキーだけが起こるようになりました(^^)

 

もっといいのは、そもそも事故にあわないことですよね。

まだまだ深層心理の教育が必要かも。

 

 

でも今は、車がないのでちゃんと教育できてるかもです。笑。

それに車を持たないことで、かなり利益が増えてるから、ちゃんと現実化してるかもね。笑

 

 

もし、事故が多い方はもしかしたら、それがあることでなんらかのメリットを得ているかもしれません。

 

そんなことあるわけない、と思うと思います。

でも、その代償を払うことで得られていることがあるとしたら、と考えてみると見つかるかもですよ。

 

でも、代償を得てのメリットって嬉しくないですよね。

その心の勘違い、思い込みをカウンセリングで修正してみませんか?

 

カウンセリングサロンふわりでは、深層心理にどんな勘違いが眠っているのかチェックして、心の修正法をアドバイスしています。

 

そんなの思い当たらない、という方は、生年月日から心の癖を読み解く星の錬金術の占いを参考にして、心の修正方法をアドバイスします。

 

自分で自覚して修正していくので、気がついたら元に戻っていたというリスクが少ないのが特徴です。

 

他人任せにするより、自分で対処できる方がずっと自分の人生を変えることができます。それが自立です!

 

カウンセリングサロン ふわりにご相談くださいませ(^^)

 

※実体験豊富なカウンセラーが、マンツーマンで対応します。笑

 

ご予約はホームページから。

http://www.yururun.com

 

 

 

母を許すことは自分を変えることと同じこと

昨年の年末に、信頼しているカウンセラーに私自身がカウンセリングを受けました。

母親については、過去みたいに特に思い悩んでいることは全くなかったのですが、他のカウンセラーにカウンセリングを受けるのも勉強だと思ったのです。

 

ですが、そんな傲慢な思いは、木っ端微塵に粉砕されました。

グシャグシャです。笑

 

私、母を心底許してたわけじゃなかったみたいなんです。

 

もう、が、がーん

 



 

なぜ、それがわかったかというと、目の前に母がいることを想像して、両手をついて土下座して、頭を床につけて母に謝りましょう、とカウンセラーにさんから言われた時に、それをできなかったから!!!

 

「今まで散々馬鹿にして、ワガママ放題で迷惑かけてごめんなさい」

と言えなかったんです!!!

 

 

涙をボロボロ流しても、歯を食いしばって、その言葉を言うことを拒んでました。わたし。

 

頭も床に付けられず、

出てくる言葉は

「謝りたくないです。言えません」という言葉。(>_<)

 

毒母デトックスカウンセラーと肩書きつけておきながら、ちゃんちゃらおかしいですよね。

 

 

もう、それでわかるわけですよ。

母を許してたわけじゃないことが。

 

 

このことについては、その後にどんどん学びを深めていって、今ではすぐに土下座して母に謝ることができるようになりました。

 

 

 

想像の中でもいいから、母に土下座して謝ることを続けているうちに、私に輝かんばかりの未来が訪れるんだったら、母に謝るのも全然オッケーになりました。

 

 

これって母に謝るのと同時に自分が幸せになることを許していることにも繋がるんです。

 

 

なぜなら、母が私の幸せを思っていてくれるなら、私が幸せにならないことが、何よりの母への仕返しになるから。

 

私は全力で不幸になることを選び、母に仕返しをしているとしたら、一体誰にメリットがあるの?

 

八方良しではなく、八方悪し、です(>_<)

 

仕返しに成功したとしても、私は不幸になるだけ。

 

私の言うことを聞いてくれないんだったら、迷惑かけちゃえっていう、すごく傲慢な行動パターンなわけですよ。

 

お子ちゃまの思考です。

 

母親に謝ることは、自分の深層心理の中にいるお子ちゃまの迷惑な考え方をも変えることになります。

 

いわば究極のインナーチャイルドヒーリング。

やってみた人は、その絶大な癒しを体感できます。

頭を下げて謝るときの言葉にも、ある一定の法則があります。

ただ謝るだけではないのよ。

あなたもこの方法、試してみませんか?

毒母との関係を変えて、人生を変えたい方。

カウンセリングサロンふわり でお待ちしています(^^)