母娘問題解消カウンセリング ふわり 札幌~毒親の悩み解消~

毒親に苦しむアダルトチルドレン、インナーチャイルドを癒して生きやすくする札幌のカウンセリングサロン

地下鉄琴似駅2番出口から徒歩5分

TEL.090-6875-5281

離婚

母との関係が劇的に変化

2年ぶりに長崎の実家へ帰省しています。

実家暮らし3日目。

 

去年末に母親に対して全面的に『あなたが正しい』と認めて初めての帰省。

びっくりするほど日常も関係性も良好です。

 

 

もっと早くに、、、

50代ではなく、20代、30代の時に心の深い部分を見直していれば、こんなにも平穏な日々を送れていたのだろうにと思いました。

 

20代、30代は、職場の人間関係、夫婦関係も対立が多かったです。

それは、母との関係性のパターンでした。

 

 

対立のパターンを持っている方がいらっしゃったら、ご自身の親との関係のパターンを観察してみるといいですよ。

 

私の場合、『親のいうことは聞きたくない』というパターンでした。

あーあー。

山あり谷ありの理由は、これだったのかと。

 

もっと早くに根本的に、気持ちをひっくり返せれば良かったなあ。

早ければ早いほど、楽になりますよ。

 

人生を変えたい人にぜひ伝えたい。

母娘の関係改善7ステップ

無料メールセミナー

ピンとこなくても、登録されると発見があると思います。

ぜひご登録を!

https://peraichi.com/landing_pages/view/fuwari-yuru

無料メールセミナー始めました



今週から、無料のメールセミナーを始めました。

今、お得なキャンペーン中なのでよろしければ、登録くださいませ〜❤

 

さて、新しいサロンに引っ越してから、約2週間経ちました。

 

引っ越し荷物を片付けたり、お客様を迎えるための部屋を整えたり。。。

早速、新しいサロンでお客様をお迎えしました。

 

相談者さんのお話を聞いていると、色々なことに気がつきます。
カウンセリングや催眠誘導をしながら、問題解消のアドバイスをさせていただきますが、最初にお話を伺った時に大体の傾向が見えてきます。

 

そういうこれまでの経験も含め、無料メールセミナーの中で、問題解消のヒントを紹介しています。

 

【毒母から解放され私らしい人生を歩めるようになる
母親との関係改善7ステップ無料講座】

【こんな方はぜひ読んでください】
◆母親との関係が上手くいかない
◆人とのコミュニケーションが苦手
◆子どもとの関係がこじれている
◆夫婦関係が上手くいっていない
◆上司との関係に悩んでいる
◆結婚できない

実はあなたが悩む対人関係の全ての原因は
幼いころにつくられた母親との関係にある可能性が高いのです。

母親とは上手くいっている!と思っている方でも
対人関係で悩みがある方全てに読んでいただきたい内容です。

ご登録はこちらから。

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/fuwari-yuru

毒親に育てられたからこうなった

毒親に育てられたから、こうなった。

と、相談者さんから、よく聞きます。

 

 

私もかつて、そう言ってました。

 

 

その頃は、毒親という言葉はなかったので、毒親とは言ってなかったですが、

 

 

「家族のことをコントロールしようとする母親に育てられたから、私も無意識に夫をコントロールしようとして、夫婦仲が悪くなった」

とか、

 

 

「人前でふざけると、母親から怒られたので、大人になっても真面目で冗談や面白いことを言えない」

とか、

 

 

振り返ると「母親のせい」が、山のようにありました。

 

 

はっきり言います。

「母親のせいじゃないよ~」

 

 

かつての私の被害者意識は

もう私の心の中にはありません。

 

 

なぜ、母親のせいにしちゃってたかというと、

 

「そっちの方が自分にとって、メリットがあったから、その行動をすることを自分で選んだ」

 

 

わたしはあのときなぜ夫をコントロールしようとしたのかな?

 

それは自分にとって、都合が良かったから。

自分の生活パターンに夫を支える合わせようとした。

 

そこに母親を持ってくる理由があったのかな?

母親のせいにする方が、自分の不甲斐なさから逃げることができてたみたい。

 

「誰かのせい」にしているとき、自分は悪者でなくてよくなるしね。

 

 

でも、人のせいにばかりしていると、自分では自分の人生を変えられなくなるというデメリットが大きくなってくるよ。

 

 

親のせい、夫のせい、家族のせい、子供のせい、環境のせい、仕事のせい、病気のせい。

 

色々あります。

 

まずは、主導権を自分に戻そう!

誰のせい?

 

誰のせいでもない、よ。

自分の選択です!

 

 

そう認められるようになってきたら、変化がスピードアップします(^^)

2回離婚した理由



私は、26歳で1回目の離婚を、40歳で2回目の離婚をしました。

 

両方とも私から申し出た離婚です。

1回目は、子どもが出来なかった苦しさを自分で勝手に深めてしまった結果。

でも、この1年、新たなカウンセリング理論を学んだことで、クリアしたと思ってました。

でも、クリアにはまだまだ足りなかったことが、今回受講していたカウンセラー養成講座の中で判明しました(@_@)

 

 

2回目の離婚は、離婚当時の理由としては「私は本当に幸せになりたい!」と思って、自分で決めた離婚でした。

 

再婚してから喘息を発症、

数年経ってから、元夫が在宅勤務になり私との生活時間が逆転、

その後、知らないうちに夫の単身赴任が決まり、別居生活へ突入、

夫の住宅ローンの支払いが滞るように、、、

同居している時から滞りがちでした。

 

一大決心してやり直そうと思い、札幌の家を人に貸して、私も東京へ転勤することを決め、夫と同居する提案するも断られ大ショック。

 

離婚後も、元夫のとばっちりと思うような大きな出来事も起こり、わたしの人生って何なんだ!と思ってきたところがありました。

 

一見すると、1回目の離婚と2回目の離婚原因は違うように見えるのですが、今回、カウンセラー養成講座を受けたことで、原因が同じだったことを思い知ったのです。

 

おまけに、子どもが出来ない理由も同じでした。

 

さらに言うなら、喘息になった理由も同じでした。

 

さらにさらに言うなら、2人目の夫を引き寄せた理由も同じでした。

 

因果応報は、過去から未来へと流れます。

親から子へと流れます。

自分から夫へと流れます。

自分から社会環境や対人関係へと流れます。

 

そんなカラクリの見極め方を学びました。

カラクリが見えるから、解決方法も見えるのです。

 

夫と姑も、子どもが出来ない自分の体も、私を育てた母親も、病気も、私が置かれた環境も

 

周りのせいではなかった。

 

味方になってくれない、わかってもらえないと思っていた夫の表れは、自分自身の心の表れでした。

 

どんどんひどくなっていた喘息症状も同じでした。

 

こうやって、過去を紐解いていくと、自分の心の醜い部分が明らかになっていく(@_@)

 

醜いこと、自分に都合が悪いこと、隠したくなるよね。

だから、問題を解決しづらくなる。

 

だって、認めたくないよね。

自分が正しいと思っているのだから。

そこがね、今現在の自分の脳の動き方になっているのです。

 

本人の自覚はないけど自分を正当化して事実を歪曲して周りを味方につけようとしたり、

事実に背を向けて相手を悪者にして無視したりね。

 

そこ!だよ。

一番見るところは!

 

 

そこを見れば、自分の人生、逆転できるよ。

 

でも、自分ではなかなかわからないし、変え方もわからない。

 

わからないのは当然です。

だからこそ、プロの力を助けを借りてください。

 

私、フラクタル心理学講師になりました。逆転の方法が分かったから、知り得たノウハウをちゃんと人に伝えていきます。

 

これからもよろしくお願いします。

毒母の毒は愛のかたまり



 

この私が、毒親の毒を愛のかたまりと表現する日が来るとは!

 

子どもを産む経験をすることを出来なかった私は、母親の気持ちを理解するなんていう機会は永遠に来ないと諦めていました。

 

ですが、本当は子どもを産まなくても、いつでも母親の愛を知ることはできたはず。

それに背を向けていたのは私です。

 

いや、

正確にいうと、母親から与えられていた、その愛は、もらって当然のものだから認識できていなかっただけみたい。

 

それは人が呼吸をするときの空気のように、あって当たり前で、空気がないところに行くことはほぼないので、気がつかなかったというだけ。

 

それだけ当たり前のように愛があったからこそ、たまに愛をもらえなくなると敏感に反応してしまう。

 

愛を知っているからこそ、なくなるとわかる。

最初から愛を知らなければ、欲しいとも思わないはずでしょ。

 

だから、愛が欲しいと思った時点で、愛を知っているということになる。

 

毒親と言った時点で、愛をたくさんもらってたと言えるなあと思った次第です。

 

 

その愛をもっと欲しくて、独占したくて、でも得られないから母を憎んで、我が身を不幸にしてワザと悲しませて(離婚を二回もして)、仕返しをして。

 

 

今日、色々と自分の人生を振り返りながら、母の深い愛を感じて感じて感じて思った。

 

私、愛されてた。

その毒、全然毒じゃなかった。

 

 

はあ。

「私はなぜ長年母親を恨んでいたのだろう」と、ため息をついてしまう。

 

 

本当に、本当に、

お母さん、ごめんなさいだ。

 

 

離婚したくない!ホントに?

15年位前に八方塞がりのような状況を感じて相談先を求めて、離婚カウンセラーに電話カウンセリングを受けたことがあります。

そして、その後、弁護士にも相談しましたが、そういう案件には対応したことがないと、、、。

あの時はあの時で、八方塞がり感はあったけど、その後にもっと大きくなって別の形の苦境が大きな波のようにドブ〜ンと私の人生をかっさらっていきました。

こんな感じで、最初は小さなタネだったのに、大人になるにつれて、タネが大きな木に育っていって、大きな影響になってきますよ〜

というのを私は実際に体験しています。
夫婦関係がうまくいってなかった時に「今の私」に会っていたらなあ。

そうしたら2回も離婚しなくて済んだのに、

と思ったことがありましたが、

いやいや、、、、

夫婦関係を上手くいかなくして、一人で自由にお金を稼いで自分の好きなことをすることを望んだみたいなんです。

誰が?

私の深層心理が(*_*)

なぜそう思ってしまったのかが、ポイントです。

普通のカウンセリングや催眠療法では見ていない部分を見つける手法を使いっているのが、「ふわり」のカウンセリングと催眠療法です。

昔の私に言いたいわ(^^)
ほんとは離婚したかったんでしょ!と。
怒られるかな(^^;;

怒られるよね。笑

トップページ



 

大人の女性になって愛されるために



 

「幸せになるためには離婚しなければいけない」

私の深層心理はそう思っていました。

だから、2回も離婚したんだ!!!!!(驚)

 

相当びっくりしました。

私が参加したのは
「本物の大人の女性になって最幸に愛される人生を♪」
という心理ワークショップです。
離婚のワークショップではありません。苦笑

 

冒頭の30分で、私の深層心理が判明して
衝撃でした。

 

えええええええっ!

 

深層心理を読み取るのは、こんなにも簡単なんだ…
だからこそ、昨年からこの方法を学んでいるのですが。

 

振り返ってみるとそうなんです。
2回目の離婚をしようと決めたとき、

「私は将来幸せになりたい!だから離婚する」と
思いました。

 

 

まさか「離婚すると幸せになる」という思いが
子ども時代から着々と深層心理に積み上げられていたとは…


 

元夫たちは2人とも再婚したのに、なぜ私は再婚できないんだろうと思っていました。
母は細々と父の面倒を見ていて家政婦のようでした。
それに短気だったので、暴力も振るっていました。
私が子どもの頃だけではなく、今でもそうです。

 

私、結婚したいんです(表面意識では)。
けれど、両親の夫婦のあり方を見ながら、結婚したら不幸になると深層心理で思っていたみたい。
そりゃ結婚できないわけです。
母が幸せになる方法は、離婚することだと思っていたんだから。。。

 

 

簡単なアンケートでわかっちゃうんですよ。
なかなか結婚できない方、もしかしたら深層心理がじゃましているかもしれません。

 

 

ふわりのカウンセリングで試してみませんか?

 

 

私の場合は、愛される女性になるために、まず、上記の思い込みを修正していくことから始めなきゃいけないみたい。
だって、私の母、離婚していないです。

 

私から見て、家政婦のように父の面倒を見ている母ですが、
それを喜びにして、自分の存在価値がそこにあるように
振る舞っているところがあります。愛しているからなのかな。


父は母に暴力を振るいましたが、その理由を私は知りません。
でも、そういえば父からなぜ母に暴力を振るったかの理由を
聞いたことを思い出しました。
その理由は納得がいくことでした。あの母ならあり得る・・・

 

普段の会話でも、父の感情を逆なでするような話し方をしています。
同居しているとき、私から母へ言っていました。
「そりゃ、そんな言い方すればお父さんも怒るよ」

 

そっか、、、、、
暴力を振るう父側にもちゃんと理由があったんだ。

さらにいうなら、私が思い込んでいた両親の姿はそのまま、
私の夫婦の過ごし方にも当てはまります。
私も父のように、元夫に対して暴力的な振る舞いをしていたことがあるかもしれない。。。

なぜなら周囲の人は全て私の鏡だから。

 

暴力とはDVとかではなく、暴言を吐いたり、わがままな態度をすることも同じです。
母に対しても、私はわがまま放題していたかも。
いや、、、、していました。

 

自分にとって都合の悪いことは思い出したくないですが、やっていたと思います。

私にとって両親の夫婦の姿を大人の視点から見つめ直す必要があることを痛感しました。

両親の仲がいいところを思い出してみよう!
それが、幸せへの近道です。

 

 

 

そして、
愛される女性になるために必要なのは
「色気」「愛される雰囲気」

 

その色気を出すための、コツを教えてもらいました。

 

そのコツとは・・・・
「色気」とは意識して出すのではなく、醸し出すんです。
だからこそ、自分の心の中で、女性性をどう思っているかがポイントです。

 

「男になりたい!女は損だ」と思っていたら、男っぽさが出て、周囲のサポートを得られないかも、

女性として損をするような出来事が起こることもあるかも、
子どもっぽい振る舞いをしていたら子どもっぽさが出て、大人の色気は出てこないでしょう。

自分のことは自分でやる。そして女を磨く

 

ちなみに、私は3人兄弟の長女で、下に弟が2人います。
ワークショップの先生曰く、
「ナイトが2人いるから、愛されますよ~。大丈夫」とお墨付き。

 

私から「色気」を感じたら、深層心理の思い込みが変わった証拠です。笑

 

 

 

 

全部真実

全部真実

100人が見ているものが同じでも、同じには見えない。

100通りの見え方がある。
100通りの真実がある。

でも、1通りの真実の認識の枠を広げると、2通りの枠が見えてくることがある。

もっと広げると4通りにもなる。

4通りになっていたとしても、恐怖が真実を見えなくする。

そして惑わす。

その後、1通りを信じ続けるか、6通りに意識を拡大するか、自分で選ぶ