催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間不信・うつなど、対人関係や恋愛関係の悩みやトラブルのほとんどが母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

「かみさまとのやくそく」札幌上映会




2014年9月7日(日)札幌市教育文化会館講堂で「かみさまとのやくそく~胎内記憶を語る子どもたち~」上映会&池川明先生の講演会を行います。







 ★★★★ 大丸プレイガイド(南1西3大丸藤井セントラル1Fでチケット発売中 ★★★★
●上映会&講演会日時/2014年9月7日(日)
  【午後】開場13時、上映13時30分~15時30分、講演会15時40分~17時10分

  【夜】開場17時40分、上映18時00分~20時 (※夜の部は上映会のみ)

       
●場所/札幌市教育文化会館講堂(札幌市中央区北1条西13丁目)

●前売り券(当日)【午後の部】/大人2400円(2600円)、小中学生1200円(1300円)
      【夜の部】/大人1000円(1200円)、小中学生500円(600円)
 
昨年冬に東京で初上映後、大きな感動と癒しを巻き起こし全国各地に自主上映会の輪が広がっています。



観たい方に、絶対に観ていただきたい!!!!



私は6月26日に札幌エルプラザホールで上映会を主催しました。

それをきっかけにたくさん自主上映される方が増えました。まだ見ていないという方、または、観たかったのに観ることができなかったという方、今回は池川明先生もいらっしゃいますので、このチャンスを是非掴んでください!!!!



インナーチャイルドの悲しみ、寂しさは誰の中にもあって、

1つ癒されるとまた次、1つ癒されるとまた次と、次々に出てきます。

それが映画を観ることで、ほんとに、ほんとに癒されていくんです。




あなたの中のインナーチャイルドが1つ癒されると、あなたの周りの人の心の中のインナーチャイルドも癒されます。なぜなら、あなたがの笑顔が周りを癒すから・・・・

私は数々のセラピー、カウンセリング経験からこのことを実感しています。

だから、私はこの映画を人に勧めているんです。


癒される方法を知っているのだから、自分だけでなく周りにも伝えたい!!!



その思いで、札幌での上映会を応援しています。

【予告動画】




「きょうは 泣くことが ゆるされる日」

この映画は、インナーチャイルドの癒しをテーマにしたドキュメンタリー映画です。
◆ネット申し込み◆



ありのままの映像から学ぶ大切なこと

胎内記憶研究の第一人者である産婦人科医師 池川明先生、中部大学の大門正幸教授、幼児教育の専門家 飛谷ユミ子さん、かがみ知加子さん。そしておかあさんのお腹のなかにいる胎児や赤ちゃんの通訳をする「たいわ士」の南山みどりさんら、子どもと向き合うスペシャリストたちのありのままの現場をこの映画のなかで体感することができます。

 【試写会動画レポート】



みんな人の役に立ちたくて生まれてきた…。一番最初に役に立ちたいのは「おかあさん」なんですって。胎内記憶を持つ子どもたちが素直な心と言葉で私たちに思い出させてくれます。
この映画には

音楽もナレーションもありません


胎内記憶の聞き取り調査や子育ての実践、内なる子どもへの自己肯定ワークの過程を、カメラは丁寧に見つめていきます。研究者、教育者、たいわ士が子どもたちと真剣に向き合う姿を先入観なく、ありのままに見ていただきたいのです。そしてひとりひとりがご自身や身近な子どもたちとのつながりを考える時間を共有できたなら…そのような思いで作られた映画です。

胎内記憶やインナーチャイルドのことをご存じの方も、ご存じでない方も、ありのままの映像から、ご自身の大切な何かを感じ取っていただければ幸いです。
  • 胎内記憶ってなあに?





    ◆ネット申し込み◆
    2~3歳の子どもに聞くと、お母さんのおなかの中にいたときのことや出産時のことを語ることがあり、これを胎内記憶と呼びます。胎内記憶を研究している池川明医師によると、精子だった記憶や前世記憶、中間生記憶(受精する前の記憶)を語る場合もあるそうです。



    実は、私にも胎内記憶があります。催眠療法(ヒプノセラピー)を受けているときに思い出しました。母のお腹から出るまでの記憶です。苦しくて苦しくて、体中が捻じれて息ができなくて辛かったです。最後の方では頭が何かに引っ張られて頭蓋骨がミシミシいうほど頭が割れるように痛くて…。この世の中はなんて怖い世界なんだろう、お母さんのお腹の中に戻りたいと思っていました。

    あとから母に聞いたら、破水した後なかなか出てこなくて吸引器で頭を引っ張って無理やり出されたそうです。胎内記憶、大人になって忘れているだけで、みんな覚えているのかもしれませんね。

    ≫≫≫≫ 「胎内退行催眠」ついてはこちらを参照
  • インナーチャイルドってなあに?





    ◆ネット申し込み◆



    現代用語の基礎知識によると、内なる子ども。人の精神における子どものような内面の部分-、といってもよくわからないですよね。



    胎児のときから小学生くらいまでの間に経験した、叶えられなかった悲しい気持ちや辛い気持ち、我慢していたことなど、やるせない感情や勘違いしている感情のことです。たとえば「おかあさんが怒ってばかりいるのは私が悪い子だからだ」とか、「自由な振る舞いをすると人に迷惑をかける」などの思い込みが、インナーチャイルドの思いです。この思い込みは1つだけではなく、通常いくつもあるようです。



    催眠療法(ヒプノ)では、内なる子どもの思いを再体験してもらい、心の中を癒していきます。子ども頃に作り上げた考え方や行動の制限が大人になっても影響を与えていることが多いのです。

    「ふわりサロン」のヒプノセラピーのお客様のうち7割くらいはインナーチャイルドの癒しで、現状のトラブルを改善していただいています。



    「かみさまとのやくそく」の中では、インナーチャイルドのワークのシーンがあります。このシーンを観ていただくことで、あなたの中にある赤ちゃんや子どもの頃の思いに触れ、あなたの心がきっと癒されていくことと思います。インナーチャイルドが癒されると、とても平和で安らかで優しい気持ちになるんですよ。



    インナーチャイルドが理解できなくてもいいんです。映画を観てあなたがホッとできればそれでいいから(^^) 是非ごらんになってくださいませ!

    ≫≫≫≫ 「インナーチャイルド療法」についてはこちらを参照
  • 映画を観た方の感想



    「かみさまとのやくそく」公式サイトに、映画をごらんになった方の感想がぞくぞくと寄せられています。

    どんな映画なのかしら?と興味を持っていただいた方、ぜひ公式ホームページもごらんください。

    そして、札幌の上映会で映画を観たいと思っていただけたら、上映会場まで足をお運びくださいませ。

    公式サイトは、下のバナーをクリックしていただけると表示されます。