札幌の催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間関係・うつなど、人生が思うようにならないのは母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

アドバイス

心療内科のカウンセリングとは違う

「心療内科とは違うカウンセリングを受けたかった」

最近いらっしゃるお客様が口々に仰る

当サロンを選んだ理由です。

 

そうなんですか?

それではどんなカウンセリングをうけていたのですか?

 

とお聞きすると

 

「チェックリストの上から順番に聞かれ、毎回質問内容が同じ」

「教科書通りの質問で冷たい感じ」

「病院に通って病的な状態は脱したけど、心の奥の悲しさを癒すためには医療機関のカウンセリングで物足りない」

「カウンセリング手法に違和感があった」

「カウンセリングを受けたことで逆に疲れた」

 

などとおっしゃいました。

 

では、当サロンを選んだ理由は?と聞くと、

●心療内科とは違う方法で話を聞いてくれそう

●言葉で伝えるのが下手だが、このサロンだったらわかってもらえそうだった

●ネット検索したら、ふわりさんしか出てこなかった

(※そんはずないんですけどねえ。不思議)

●他のカウンセリングサロンは目に入らなかった

●担当カウンセラーが苦労してそうだったから、わかってくれそう

 

皆様、じっくり私のホームページをじっくり読んでいただいて、自分でしっかり選んでご予約いただいたことが伝わってきます。

 

だから、毎回一生懸命かつ客観的に多視点からお客様のカウンセリングにあたらせていただいています。

 

言葉で聞き、雰囲気から察し、今何が視野に入ってくるのか形而上学的に情報を得て、アドバイスもさせていただきます。

場合と状況によって、体にダイレクトに働きかける方法を取ることもあります。

 

催眠療法も使いますがそれだけではなくトータルに対応できるのが、当サロンの強みなのかな。

 

この道30年以上のカウンセラーの先生に師事したこと。

大学の専門機関や臨床の最先端で活躍している方の元で3年間しっかり学んだこと。

アメリカやオーストラリアの心理療法家の先生方に5〜10年学び続けていること

私自身が、離婚、リストラ、病気、経済不安、依存症、母娘関係、女性差別、ビジネスウーマン、起業、転職、恋愛、パートナーシップなど、豊富な人生経験ごとに、自分の知り得た手法を使って乗り越えてきたこと。

 

それらの経験があるからこそ、心療内科とのカウンセリングとは違うのでしょうね。

 

あ、、、、

そういえば、若いカウンセラーには話をしたくない、という方もいらっしゃいました。

 

苦笑。はい。私、今年で50歳になります。

 

お客様のフィードバックが、とても参考になります。

ありがとうございます

 

花を生けると自分が見える

私のセラピスト仲間の大阪のみっちゃんが札幌にやってきます。

何で来るかというと、北海道でワークショップをするためです。
札幌と旭川でお花のワークショップをやるんです。

▼コレ▼
http://www.yururun.com/news/flower/

彼女のワークショップは、とっても楽しくて、会場に用意されたお花の中から
自分の感覚で自分が好きなものを選んで、自由に生けるだけ。

そこにはルールもデザインの知識も何にもいりません。

ただ自由に生けえればいいんです。

そうすると、あら不思議。

自分の生き方や性格や、長所短所が浮き彫りになっちゃうのよね。

そして、それをみっちゃんが、ちょちょいとアドバイスすると
あら不思議。

なんだか気持ちが楽になってくる。

参加した人のその変化を間近でみることも大きな刺激になってくるの。

その自分を表したお花は、そのまま花器ごと持って帰ることができます。

お花がある生活っていいですよ。
自分の分身のようなお花だからなおさら。

興味があったら、参加してみてね。

詳しくはこちらをどうぞ~
http://www.yururun.com/news/flower/

 

無言や怒りの裏には強いメッセージがある

泣きたいほどわかってほしい
だけどわかってもらえない

伝えても伝わらないのであれば
黙っていた方がいい

でも本当は伝えたいと思っているから

怒りになって現れたり
無視してしまったり
無言になったりして

どうにか伝えたいための
全く伝わらないパフォーマンスをしている。

本当はわかってほしい
本当は聞いてほしい
本当は優しい言葉をかけてほしい

そのために必死でアピールしているんです

助けて!

と言っているんです。

でも

怒っている相手に誰が声をかけますか?

無視されている相手に誰が優しくしますか?

黙っている人にどんな言葉をかければいいのでしょう?

自分がしてほしいことと全く真逆の行動を
取ってしまうのはなぜなんでしょうね。

わかってほしい
聞いてほしい
優しい言葉をかけてほしい

という本音を知られるのが怖いから。
弱い自分を知られるのが嫌だから。
伝えてもわかってもらえない悲しさを
味わいたくないから。

怒りの向こう側
無言の向こう側

そこに強いメッセージがあるのよね。

怒りや無言の方のカウンセリングをするときは
胸が苦しくなるような悲しみが伝わってくるの。

わかってあげること…。
そこに安心が生まれると状況が変わっていきます。

娘の主張は自分のため

こんにちは、毒母デトックスカウンセラーの古賀です。

これまでのブログで「母親に対して自分の気持ち、自分の主張をしっかり言いましょう」と書いてあるのは、母親に伝えるためではありません。

言ってわかるような母親であれば、悩んだり傷ついたりすることはないでしょう?

どんなに伝えても受け取ってもらえなかったり、批判されたり、冷たい態度を取られるから傷ついてしまうのだから。

何度伝えても、あの手この手でやってみても、母の耳はザル。

右のザルから入って、左のザルへ抜けていきます。

心のザルに入っても、ザルだからスルリと外へこぼれていきます。

 

母に受け入れてもらえていないと娘が感じている悲しさや憤り、やるさなさ、寂しさが、ヘドロのように水に溶けることなく体の中に重なっていくのです。

「母親に対して自分の気持ち、自分の主張をしっかり言いましょう」

というのは、自分自身に対してかけている言葉。

娘から母親に対する言葉は、ポロポロこぼれるのに、

母親から娘に対する言葉は、しっかりと心に届いて傷ついている。

傷つく言葉よりも、自分の力になる自分の言葉自分で受け取ってほしいのね。
母親にわかってもらうための主張じゃないの。

赤ちゃんの頃のあなたにとって、母親は絶大な権力者でした。

母親からお乳をもらえない
母親から食べ物をもらえない
母親が下着を変えてくれない
母親が下の世話をしてくれない
母親が体を洗ってくれない

そうなると、子どもは困るわけです。

母という絶大な権力者に世話をしてもらっているという弱み
母親は絶大な権力者だったという強み

 

小さなあなたにとって母に頼ることが唯一の生きる術。

お互いに自立していい年齢になっても、それが残ってるから軋轢になる。

だから、自分に宣言する必要があって・・・ね。
そのための宣言なのです。
だってあなたはもう大人なんだもの。
喋れるんですもの。
歩けるんですもの。
自分で自分のことができるんですもの。

大丈夫、あなたはできる!

 

カウンセリングサロン「ふわり」へのご相談は

www.yururun.comのトップページの右側カレンダーからご予約できます(^^)

クリスタルアライカードで運気を読む

うーーーーん、うーーーーん、うーーーーん。

クリスタルアライカードでセルフリーディングしました。
その結果のうなり声が、上の声(苦笑)

オラクルカードは気軽に使うのですが、私の場合
クリスタルアライカードは商売道具なので (さらに…)