札幌の催眠療法カウンセリングサロン~ふわり~毒母デトックス-札幌

毒母・自分で決められない・恐怖症・人間関係・うつなど、人生が思うようにならないのは母親との関係が原因になっていることを知っていますか?

地下鉄琴似駅5番出口から徒歩3分

TEL.090-6875-5281

不安

心療内科のカウンセリングとは違う

「心療内科とは違うカウンセリングを受けたかった」

最近いらっしゃるお客様が口々に仰る

当サロンを選んだ理由です。

 

そうなんですか?

それではどんなカウンセリングをうけていたのですか?

 

とお聞きすると

 

「チェックリストの上から順番に聞かれ、毎回質問内容が同じ」

「教科書通りの質問で冷たい感じ」

「病院に通って病的な状態は脱したけど、心の奥の悲しさを癒すためには医療機関のカウンセリングで物足りない」

「カウンセリング手法に違和感があった」

「カウンセリングを受けたことで逆に疲れた」

 

などとおっしゃいました。

 

では、当サロンを選んだ理由は?と聞くと、

●心療内科とは違う方法で話を聞いてくれそう

●言葉で伝えるのが下手だが、このサロンだったらわかってもらえそうだった

●ネット検索したら、ふわりさんしか出てこなかった

(※そんはずないんですけどねえ。不思議)

●他のカウンセリングサロンは目に入らなかった

●担当カウンセラーが苦労してそうだったから、わかってくれそう

 

皆様、じっくり私のホームページをじっくり読んでいただいて、自分でしっかり選んでご予約いただいたことが伝わってきます。

 

だから、毎回一生懸命かつ客観的に多視点からお客様のカウンセリングにあたらせていただいています。

 

言葉で聞き、雰囲気から察し、今何が視野に入ってくるのか形而上学的に情報を得て、アドバイスもさせていただきます。

場合と状況によって、体にダイレクトに働きかける方法を取ることもあります。

 

催眠療法も使いますがそれだけではなくトータルに対応できるのが、当サロンの強みなのかな。

 

この道30年以上のカウンセラーの先生に師事したこと。

大学の専門機関や臨床の最先端で活躍している方の元で3年間しっかり学んだこと。

アメリカやオーストラリアの心理療法家の先生方に5〜10年学び続けていること

私自身が、離婚、リストラ、病気、経済不安、依存症、母娘関係、女性差別、ビジネスウーマン、起業、転職、恋愛、パートナーシップなど、豊富な人生経験ごとに、自分の知り得た手法を使って乗り越えてきたこと。

 

それらの経験があるからこそ、心療内科とのカウンセリングとは違うのでしょうね。

 

あ、、、、

そういえば、若いカウンセラーには話をしたくない、という方もいらっしゃいました。

 

苦笑。はい。私、今年で50歳になります。

 

お客様のフィードバックが、とても参考になります。

ありがとうございます

 

友達以上、心療内科受診未満の相談はカウンセラーへ

あなたの心の悩み、どうやって解消していますか?

友達に何度も同じ相談をしてもラチがあかないし
解決策も見えない…


悩みが深刻すぎて、周囲の人には相談できない


というループに陥っていませんか?


心療内科に行ったものの、薬を出されるだけで
心のモヤモヤは晴れなかったという経験をしたことは
ありませんか?


弁護士に相談したけれど、特に何も参考になる
アドバイスをもらえなかったということはありませんか?


上記は、カウンセリングに来られるお客様が
「ふわりサロン」をご利用いただく理由に挙げることが
多いことです。



そもそも、私がカウンセラーをしているきっかけが
上記そのものでした。


九州から1人、北海道に嫁に来て、離婚問題で悩んでいる時
親身になって相談に乗ってもらえる友達はいませんでした。

私は職場結婚だったので、元夫の顔を知る人たちには
相談でしづらかったです。

唯一味方だと思っていた信頼できる親戚の人に相談する
ものの
「困ったな」というそぶりを見せられるか
「何も反応がなかったり」で孤立感を高めていって。

実家の親や兄弟に相談すると心配かけるので
相談する気持ちはありませんでした。

そうやって我慢していたせいか、身体に影響がでてきて
喋れなくなり、心療内科へ行ったときは、
予約するのも一苦労。
人気がある心療内科は予約がいっぱいで3カ月先しか空いていません。

しかたなく近場の心療内科へ行ったのですが
身体的な症状を聞かれ、
「じゃあ、お薬を出しておきましょう」だけで
心のケアはありませんでした。

弁護士にも相談しましたし、
札幌市の法律相談係にも相談しましたが
御気の毒ですが・・・・と言葉を濁されました。


あのときに出来た心のしこりは、結局その後に学んだ
心理療法やカウンセリングの技術を使って
自分で自分を癒していくことで解消していきました。



どこにも相談するところがないという方。
話して、解決の糸口になるきっかけをご自身で掴みたい方。

「ふわりサロン」でお話しお伺いします。
気軽にご利用くださいませ。

催眠療法は受けずに、カウンセリングだけのメニューも
あります。

無言や怒りの裏には強いメッセージがある

泣きたいほどわかってほしい
だけどわかってもらえない

伝えても伝わらないのであれば
黙っていた方がいい

でも本当は伝えたいと思っているから

怒りになって現れたり
無視してしまったり
無言になったりして

どうにか伝えたいための
全く伝わらないパフォーマンスをしている。

本当はわかってほしい
本当は聞いてほしい
本当は優しい言葉をかけてほしい

そのために必死でアピールしているんです

助けて!

と言っているんです。

でも

怒っている相手に誰が声をかけますか?

無視されている相手に誰が優しくしますか?

黙っている人にどんな言葉をかければいいのでしょう?

自分がしてほしいことと全く真逆の行動を
取ってしまうのはなぜなんでしょうね。

わかってほしい
聞いてほしい
優しい言葉をかけてほしい

という本音を知られるのが怖いから。
弱い自分を知られるのが嫌だから。
伝えてもわかってもらえない悲しさを
味わいたくないから。

怒りの向こう側
無言の向こう側

そこに強いメッセージがあるのよね。

怒りや無言の方のカウンセリングをするときは
胸が苦しくなるような悲しみが伝わってくるの。

わかってあげること…。
そこに安心が生まれると状況が変わっていきます。

娘の主張は自分のため

こんにちは、毒母デトックスカウンセラーの古賀です。

これまでのブログで「母親に対して自分の気持ち、自分の主張をしっかり言いましょう」と書いてあるのは、母親に伝えるためではありません。

言ってわかるような母親であれば、悩んだり傷ついたりすることはないでしょう?

どんなに伝えても受け取ってもらえなかったり、批判されたり、冷たい態度を取られるから傷ついてしまうのだから。

何度伝えても、あの手この手でやってみても、母の耳はザル。

右のザルから入って、左のザルへ抜けていきます。

心のザルに入っても、ザルだからスルリと外へこぼれていきます。

 

母に受け入れてもらえていないと娘が感じている悲しさや憤り、やるさなさ、寂しさが、ヘドロのように水に溶けることなく体の中に重なっていくのです。

「母親に対して自分の気持ち、自分の主張をしっかり言いましょう」

というのは、自分自身に対してかけている言葉。

娘から母親に対する言葉は、ポロポロこぼれるのに、

母親から娘に対する言葉は、しっかりと心に届いて傷ついている。

傷つく言葉よりも、自分の力になる自分の言葉自分で受け取ってほしいのね。
母親にわかってもらうための主張じゃないの。

赤ちゃんの頃のあなたにとって、母親は絶大な権力者でした。

母親からお乳をもらえない
母親から食べ物をもらえない
母親が下着を変えてくれない
母親が下の世話をしてくれない
母親が体を洗ってくれない

そうなると、子どもは困るわけです。

母という絶大な権力者に世話をしてもらっているという弱み
母親は絶大な権力者だったという強み

 

小さなあなたにとって母に頼ることが唯一の生きる術。

お互いに自立していい年齢になっても、それが残ってるから軋轢になる。

だから、自分に宣言する必要があって・・・ね。
そのための宣言なのです。
だってあなたはもう大人なんだもの。
喋れるんですもの。
歩けるんですもの。
自分で自分のことができるんですもの。

大丈夫、あなたはできる!

 

カウンセリングサロン「ふわり」へのご相談は

www.yururun.comのトップページの右側カレンダーからご予約できます(^^)

母の言葉に呪われる日々

        心穏やかに母と向き合えなくて、苦しい…     

       その苦しさ、楽にします。右下矢印www.yururun.com

———————————————————





財布落とすよ!(母)

えっ!財布が出てるの?(私)
 
と、バッグを見るとバッグのジッパーが開いていました。


でも財布はバッグの奥底にあるから落ちようがないんだけど。
あるときは・・・

(車通勤の私に)

雨が降っているから、事故を起こさないように!(母)

朝っぱらから縁起悪いなあ(私)
あるときは・・・


(冬の寒い日に)
ズボン履かないと風邪引くよ!(母)
今日はズボン履きたくないのよ~

それに車移動だから寒くないし(私)

母の発言の多くは、ネガティブ発言。

そのまんま聴いていると、気持ちが滅入ってしまう。



私が「母を嫌いと思う」の理由のひとつでした。
あるとき母に向かって叫んでしまいました。




「私に呪いの言葉をかけないでぇ!





だって、毎朝、ありとあらゆる方法で呪いをかけてくるんだもん。



私の体が禍(わざわい)の黒い煙に覆われているような気持ちになる・・・


毎朝、毒りんごを渡されているような気持ちになる・・・





なぜ、母は呪いをかけるのか


それはね。






母の常識の中では、世の中は危険がいっぱいだから。


さらに、自分(母自身)のことも信じていないから。




外出するときは、何かアクシデントが必ず起こり、遠出するときは必ず珍道中になると思い込んでいます。
(私にはできない・・・・そう思っているようです)


 
だから、何が起こっても対応できるように、外出するときは1週間くらい前から準備を欠かしません。



遠出するときは、心配で心配で寝つけなく、眼の下にくまを作り
外出当日は2時間前から出発する気満々の状態。
持っていく荷物も前日の昼ごろから玄関に置いてスタンバイオッケーです。




だから外出するときに私に対する心配を「止めて」と言っても無理みたい。



母にとって世の中は危険でいっぱい。


私としては、諦めるしかないです。






ただ言われた側(娘)が、呪いの言葉を嫌がっているということだけはしっかり伝えていったほうがいいの。
伝えない、知らせないということは、「受け入れられていると理解」するから。
これは、カウンセリングの傾聴技術と同じ。

「何も言わなければ、相手側は自分の都合がいいように勝手に解釈する」



「あなた(母)の世界と私の世界は違う」



ってことだけはちゃんと主張することが大事 なのよ。






だから私は言うのです。



「お願いだから、呪いの言葉は止めて!」


と。
相手にわかってもらう必要はないのです。
自分に宣言することが大事なんです。
分かってもらうためではないということを、しっかり認識してください。
主張するのは、自分に言葉をかけるためです!
とはいえ・・・

こうも毎日毎日、よく呪いの言葉を考え付くなあと笑えます。





今は同居してないけど、母から来るメールには、高い割合でこう書かれています。



「病気してない?」





もおっ、離れていても呪いの言葉を飛ばすぅ・・・・・



「私は元気だよ


———————————————————


        「かみさまとのやくそく」6月26日札幌上映会   

     ネットでチケット申し込みできます。右下矢印www.yururun.com




ブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!
ブログを書く励みになるので、
バナーをぽちっと1回クリックお願いします。

爪を噛むクセをやめたい

私は小学校高学年くらいまで爪を噛むクセがありました。

子どもの頃の知り合いで、
指しゃぶりが酷くて、右手の人差し指と中指が
いつもふやけて、指の関節の部分があかぎれのように
なっている男の子がいました。

私の爪を噛むクセも、その男の子の爪を噛むクセも
なくなりましたが、

カウンセリングをしていると、大人になってからも
爪を噛むクセが止められないというご相談もあります。

こういうちょっとしたクセは (さらに…)

クリスタルアライカードで運気を読む

うーーーーん、うーーーーん、うーーーーん。

クリスタルアライカードでセルフリーディングしました。
その結果のうなり声が、上の声(苦笑)

オラクルカードは気軽に使うのですが、私の場合
クリスタルアライカードは商売道具なので (さらに…)

普通という幻想

心理カウンセリングを学ぶ前まで私が、
深く考えることもなく使っていた言葉に
「普通」という言葉があります。

「あの人は普通じゃない」
「普通はそんなこと考えない」
「普通になりたい」

その人もしくは大多数の人にとって 常識外の言動をする人に対して
「普通ではない」という表現を とってしまいがちです。

自分だけの普通
夫婦間の普通
家族にとっての普通
親戚にとっての普通

学校の普通
友達間の普通
関係者間の普通
世代間の普通

住んでいる町内・市内・県内・国内の普通
職場の普通
業界の普通

テレビを見ている人たちの間の普通
ネット利用する人たちの間の普通

時代に流れる普通

姿・形としての普通
形がないものの普通

他にもたくさん「普通」があって、
いろんな「普通」が入り組んで
それぞれ違う「普通」が我が物顔で威張っています。

「普通」であることに安心し
「普通」でないことに恐怖・コンプレックスを感じ
「普通」でないことを攻撃する

人に対しても、自分に対しても・・・

私が苦しめられたのは 結婚したら子どもができるという普通。
今でもたまに苦しむことがあります。
もう子どもを産める体ではないのにね。

人それぞれ「普通」に苦しんだことが あるんじゃないかな。

でも、大丈夫(^^) 人の数だけ「普通」がある。
正々堂々と胸を張っていいんだよ。

胸を張れないときに強がる必要もない。
堂々と弱みを見せればいい。
泣いてもいいんだよ。

そして、 カウンセラーに胸の内を出してほしい。
カウンセラーじゃなくてもいいんです。
弱みを見せてもいい相手が周囲にいなかったら頼ってね。

誰かに話すことで気持ちがすごく楽になるから。
遠慮することはないのだから。

「普通」につぶされる前に・・・
話に来てくださいませ。

カウンセリングサロン「ふわり」も 門を開けておきますから。

 

更年期障害と心理療法

ハートクリスタル

ホットフラッシュ、生理不順、イライラ、不眠、不安症、体調不良。
3年位前から悩まされてきた症状。

私の見た目が若いせいか(苦笑)
「困ってる」と相談しても「嘘でしょ」とか「まだ早い」とか言われて・・・
母に相談したら「私は一切症状がなかった」とか言うし・・・

でも、冬でも仕事中でも、取材中でも関係なくダラダラ流れてくる汗。
いつ来るんだか、来ないんだかわからない生理。
疲れているのに眠れない夜。いろいろな不安がでてきてうつっぽい。 (さらに…)